ありがとうございました。

2009年12月18日。

パリ生活の一つの区切りです。

2度目のパリ生活をはじめて半年目に、ここパリでもアトリエを主宰。それから4年間、続けてきたアトリエも私の帰国準備の為、本日で終了いたしました。

最後の講習が終わった後の自宅リビング。いつもよりなんだか広く見える部屋のなかで、この4年間の間に、アトリエに通っていただいた方、総勢76名のお顔やお話したことなどなどを思い出しながら、4年間を振り返りました。


いまさらながらそんなにもたくさんの方に通っていただいたこと、本当にありがたく感謝いたします。

今日のブログ記事はアトリエの最後の月に仕上がった生徒さんたちの作品を紹介いたします。


アトリエ参加の皆さんの卒業製作です。

マカロン
f0036481_8113354.jpg

生成りのキャンバスの上にマカロン。アクリルで色付けをした後、オイル絵の具で光と影と陰をいれていく、ルーブルアトリエ、トロンプルイユの技法です。

グレイジング技法
グレイジング技法というのは何度も何度も色を薄く重ねていくことで、やさしい、水彩画のような風合いを出す方法。木、キャンバス、など色んなサポート材に可能です。アクリル絵の具を薄く水で薄めて作成しています。アクリル絵の具も使い方によってこんなに軽い風合いで描くことが出来るのです。

f0036481_8125445.jpg

↑アンティーク加工を施した木の上に、描いた後で更にサンドペーパーで擦ると絵が木の中に沈みこんでいきます。

f0036481_817197.jpg


f0036481_8175893.jpg

↑これらも同様、木の上に描き、サンドペーパーで擦っています。そして更にその後、アンティークパテを刷り込んで古い感じに仕上ています。この後、少しはげたレリーフのついた額に入る予定。楽しみだね。

f0036481_819564.jpg

↑生成りのキャンパス地に描きました。グレイジング技法に加え、最後に"ドライブラシ”というかすれたような筆捌きを足します。キャンバスの目にのり切らない絵の具分が古い感じを醸し出します。

f0036481_5494553.jpg

↑時計になります。数字版も全て手描き。コレもアンティークパテを塗りこみ、パリの蚤の市で売っている風に仕上ました。乾いたらちゃんと時計針もつけますよ~~。上にあるトレイや生成りキャンバスの絵と、デザインは同じですが、描くサポート材、そして描く人によっても作品の雰囲気が変わります。

f0036481_5511380.jpg

↑コレは少し風合いの違うグレイジング技法。彩色後にグレイジングの為のメディアムを使い、白の絵の具に透明感を加えて、加筆して行きます。

f0036481_8314643.jpg

↑古い椅子を塗りなおして作成。下地は2種類の違う絵の具を塗って、上の層を引っかいて、古い感じに・・・
南仏の家具調です。縁には金色のパテを塗りこみ、わざとはげたような金にしています。

f0036481_8334453.jpg

↑ローラ・アシュレイの壁紙カタログからデザインをとり、それをグレイジング法で描いてみたもの。コレも上のいすと同じ下地の作り方をしています。

ポショワール(ステンシル)

f0036481_8274957.jpg


f0036481_828292.jpg


フランスので日曜大工お店に行けば、ステンシルのシートがいっぱい売っています。みんな家の壁なんかにステンシルするの大好きだったりしますからね。そんなステンシルシートを買ってくれば、こういう作品2時間で完成です。ただ一色だけでステンシルすると面白くないので、下地はスポンジで色を乗せて"石風”に。そしてステンシルもグラデーションをほどこします。

オランダヒンダールーペン柄

f0036481_8354952.jpg


f0036481_8361563.jpg


↑和にもあいそうなオランダ、ヒンダールーペン柄はウチのアトリエでも人気のモチーフでした。


カゼイン絵の具(フレッシュチーズ絵の具)によるイタリアンな作品
f0036481_838218.jpg


f0036481_8384989.jpg


↑この絵の具を使うと初期イタリアルネッサンスを彷彿させる作品に仕上がります。

この作品は箱の上部はトスカーナの昔の風景。その周りに大理石、側面には階段状の柄・・・触れたら階段みたいにがたがたしてそうな錯覚を覚えますが、平らなんですよ~~~これがいわゆる"トロンプルイユ”というものなのです。

f0036481_8413213.jpg


f0036481_841578.jpg

↑この作品は"裏”がすごいのです~~~。これもトロンプルイユ。

f0036481_844822.jpg

↑ウチのアトリエでのロングラン作品。足のなが~い椅子です。

f0036481_845214.jpg

↑マーブル(大理石)を絵の具で描いた後、模様を浮き立たせるように描く、コレもトロンプルイユです。

f0036481_5534449.jpg

↑トスカーナ風の写真たて、隅っこに"金箔”を貼る実習もして頂きました。

ドイツ風の小さな作品
ドイツの画法は筆のストロークのみで作品を仕上ている特長があります。あっという間に仕上がりますが、
根気のいる筆練習が必要。

f0036481_556394.jpg


f0036481_5563181.jpg


f0036481_5565747.jpg


f0036481_5572799.jpg


f0036481_5575596.jpg

↑濃い地色に透明感のある色の絵の具でお花を描くと、闇の中からお花が浮かび上がってくるような風合いになります。

f0036481_559560.jpg

↑これも濃い地色に白一色で描くことで、レース模様の風合いが引き立ちます。

そしてこんな大作も・・
f0036481_60723.jpg


f0036481_604135.jpg


フラ・アンジェリコの受胎告知何年か前に私が描いた同じ絵がウチの玄関を入ったところに飾ってあるのですが、それをご覧になって、

"どうしてもやりたいんです~~~”

とアトリエに参加された Mさん。
絵をかくのは初心者ですが・・・
なんて仰っていましたが、顔の描き方、服のドレープの描き方、基本を押さえればこんな風な作品も作れるのですよ。古い絵の模写ということで、ヒビワレまで忠実に再現。

描き方の理屈は勿論無視できないことですけれど、

"描きたい”

という気持ちが何よりのマテリエル。描きたいと思った時にもう"絵心"というものはあるのですね。そんなことも改めて確認させていただきました。

アトリエも最後に近づいてきた12月のある講習の日。完成した絵を前に一人の生徒さんがポツリとおっしゃいました。

講習に参加して、この絵をかいている時が、この何年かのうちで一番幸せな時間だったかもしれない・・・

と。

日本に帰ってのアトリエ再開に少し不安を感じていた私でしたが、そんな時間を過ごしていただくのに少しでもお手伝いできたことは私にとっても大きな勇気になりました。

日本に戻って、たとえ生徒さんが一人であっても、こんな風に思ってもらえるアトリエをまた作って行きたいと思います。

講習にご参加いただいた皆様。もう一度・・

本当にありがとうございました。この場所でお会いできたことに感謝しつつ、パリのアトリエを閉じます。。。。。

そして、

アトリエの準備で家事にしわ寄せが来た時も文句も言わず、”よくやってるよ”と励まし続けてくれた、だんな、子供達にも感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうね。


f0036481_774043.jpg

  パリ、リボリ通りの夜明け   2009年12月 by ATSUKO

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

↑今日は二つのランキングに参加させていただいてます。宜しくねおねがいしま~~す。
[PR]
by parisatsuko | 2009-12-19 08:08 | 暮らし


パリ生活10年にピリオド。京都で絵の教室と、お料理の活動をやっています。


by parisatsuko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
京都のこと
お料理
地図のないパリ散歩
私の作品 など
美味しいパリ
フランスで見つけたもの
暮らし
旅行記
お料理教室
日記・・・のようなもの
バトン
京都
ギャラリー Mon prefere
未分類

以前の記事

2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 05月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月

お気に入りブログ

フランス存在日記
パリときどきバブー  f...
*petit a pet...
パリでリラックス
My funny Val...
JOURNAL Le C...
ドイツでTea Time
だらっとブログ
まめころりやおき
Hillside Kit...
代官山だより♪
La Vita Tosc...
Sapin mon to...
mimi,jean,pe...
En fin de jour
色彩の力 杉並幸せ探しの...
エキサイトブログヘルプ
pour toujours
沖縄のお菓子教室、和食教...
パリ日記♪  着物でパリ
Chéris-1et3-話
エリオットゆかりの美味し...
着物でパリ
Ça m'est res...
ようこそ!
Kanaboの気まぐれM...
paris-atsuko...
パリでドルチェ・ビータ
京都でフランスおばんざい

ライフログ


DREAM PRICE 1000 南佳孝 モンロー・ウォーク


Modern Belly Dance from Egypt


ベスト・アンコール


KIHACHI四季のレシピ集 (4) 冬

検索

タグ

(49)
(30)
(15)
(14)
(12)
(9)
(8)
(5)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理・レシピ
レストラン・飲食店

画像一覧