シチリア島でのバカンスでござンス その②タオルミーナ


いきなり陽気なラテン系のノリに軽くビビリながら始まったシチリア島のバカンス。

今日は、

タオルミーナ

に行きます。ここはシチリア島ナンバーワンの高級リゾート地。
そう!こここそがあの私を爆睡にいざなった映画

グラン・ブルー

の舞台となったところです。
f0036481_2104851.jpg


私達の泊まっている町レトヤンニからは車で15分ほど。さすがにここまで来ると一大リゾート地ということもあって人が多い~~~。

タオルミーナの観光の楽しみは

まず午前中はビーチに出かけることにしました。

たくさんのビーチがある中でやっぱり一番タオルミーナらしいといわれている

イゾラ・ベッラビーチ

へ。

透明感100パーセントの海、きれいな色の魚もたくさんおよいでいる、光をいっぱいに吸い込んだイオニア海が広がります。

f0036481_212470.jpg


↑これがイゾラベッラ。(美しい島)陸とつながっていて、歩いて島まで渡れます。島は少し前までは個人所有だったらしく、今も島の中には入れませんが、ここの島の浜で日光浴を楽しめます。

イゾラベッラに渡ろうと思って歩いている途中。

グロッタ・アズ~~ロォ~~~(青のどうくつ。いきますけどぉ~~~~)

とあんまりやる気のなさそうな声が・・・(この青い海とぎらぎらの太陽に照らされてどうもあまり仕事をする気がないらしい・・・)

そう、ここシチリア島にも青の洞窟があるのですね。

カプリ島の青の洞窟は有名だけど、ここシチリア島や、イタリアの南部の海沿いの街には実は結構たくさん青の洞窟があるのです。

聞いてみると、このイゾラベッラ湾を一周して、青の洞窟に入って、途中で船から降りて泳がしてくれるらしい。そんでもって一人15ユーロ。小学生はタダ!!

らしい。

即交渉成立。

まずは青の洞窟から・・・
f0036481_2133514.jpg


↑こんな感じで洞窟に入っていきます。

洞窟のなかに入ると・・・

f0036481_2142735.jpg


こんな神秘的な海の色。カメラでお伝えできないのが残念ですが・・・青というだけではとても言い足りない、エメラルドブルー、紺色、藍色、・・・深い深い静かな静かなブルーです。
外から入ってくる光があまりにも透明な海に反射して・・・・
と科学的な説明でこの色が表現されたりしているのですが、やはり

神がつくりたまいし色

だって思ってしまった。ここにもし足をつけてしまったらそのまま引きずり込まれてこっちの世界に戻って来れなくなる・・・そんな恐怖を思わせるような色。

美しい....というよりこわい・・・そんな風に思ってしまいました。


その後も、イゾラベッラ湾めぐりは続きます。
f0036481_19515576.jpg


↑こちらは映画グランブルーの舞台にもなったグランデ・アルベルゴ・カポタオルミーナ・ホテル。断崖絶壁にレストラン、カフェがあります。

そしてむこうに見えるは、シチリアの火山エトナ山です。

f0036481_19582053.jpg


クルージングの最後に沖合いで船をとめて

ここから飛び込んでおよいでもいいよぉ~~~

って。たぶん水深10メートルはあるかというほどの深さ。そして海の色はやっぱり

果てしないブルー

子供達はこわいしやめとく・・・

と逃げ腰だったけど、旦那と私。勇気を持って飛び込みました!!

体が青に染まってしまうんじゃないか??って思うほどのブルーの海でした。でも、やっぱり下から何かに引っ張られそうでちょっと怖かったなぁ~~~

その後は浜に戻って子供達はシュノーケル。私達はぼぉ~~っと本を読みながら浜辺で昼寝。
浅い眠りから覚めると目の前は青い海・
f0036481_2151969.jpg


うぅ・・天国~~

さてさておなかがすいたところで海の家でゴハン。

海水浴で海の家と言えば、焼きそばフランクフルトいか焼きがほしぃ~~~のが日本人ではありますが、ここはシチリア。そんな海の家三種の神器はありませ~~ん。

シチリアの海の家の三種の神器は

アランチーノクロスティーニグラニータ

アランチーノって言うのはまぁいわばライスコロッケですね。トマト味とサフラン味があります。でもまたこれが日本のコンビニのおにぎりくらいの大きさ。なかにモッツアレラチーズなんかも入っていてがじっとかじるとトロ~~ンとチーズが出てきます。1個食べただけでかなりのボリューム。
f0036481_2025386.jpg


クロスティーニはここで頼むと、ガーリックとオリーブオイルをつけて焼いたパンの上に、トマトが山盛りのてんこ盛りに載ったものが出てきます。

f0036481_20253548.jpg

シンプルにおいしいのです。


そしてグラニータ。まぁ飲むかき氷ですね。いろんなお味があって、ピーチ味、エスプレッソ味が私的にはgood!!このグラニータ、シチリアで頼むと、その上に思いっきり生クリームをのせてくれ、で、不思議なことにブリオッシュパンが出てくるのですよ。
かきごおりとパン。なんだか????な組み合わせではありますが、両方を一度にお口に入れるとシューアイスを食べているような感覚です。

f0036481_20264169.jpg


f0036481_20271695.jpg


・・とまぁこんなものをおなかいっぱい食べても、お昼ゴハンは一人5ユーロもあれば充分!!!

やすい!!

さてさて、夕方からはタオルミーナの町へ。町は山の上にあるので海の方からはゴンドラで上がります。

まず町の入り口メッシーナ門
f0036481_2111565.jpg


ここからつづくコルソ ウンベルト通りがいわばタオルミーナ銀座!!カフェやお土産やさん、リストランテがたくさん並んでいます。ここをまっすぐ行くと、イオニア海を見渡せる見晴らし台、4月9日広場にたどり着きます。

f0036481_21135414.jpg


お土産やさんを冷やかしたり、リストランテの店頭に置かれた見ながら町をぶらぶら歩いていると、民家の間にこんなものが現れたりします。

f0036481_211632.jpg


ギリシャ時代の劇場跡

普通の人々の暮らしの中に何千年前かの遺跡が同居しています。

おとなりさんは古代遺跡!!なんてね。

こんなのもタオルミーナの町の散策の楽しみです。

さてさてディナー、本日はメッシーナ門のすぐ横のリストランテにて。近海モノにこだわった魚介、そしてパスタ料理がおいしい。というこのお店、英語も通じて、久々にゼスチャーゲームからも開放です。(ちなみに日本語メニューもありましたっ!!)では、いただいたお料理で~~す。

まず前菜は、たい、カジキマグロ、マグロ、スズキのカルパッチョ。カジキマグロは軽くスモークしてあります。どのお魚も新鮮そのもの。口の上でとろけます。
f0036481_2224040.jpg


それとマグロのハンバーグ
マグロをミンチにして、香草、松の実などを混ぜ込んだハンバーグ。これ家でもつくってみよぅ!!

f0036481_2261715.jpg


メインにはカジキマグロのインヴォルティーニインヴォルティーニというのはパン粉、松の実、チーズ、干しぶどう、香草などをお魚屋肉の切り身で巻き込んでオリーブオイルで焼いたもの。この辺りではよく食べられているようです。
f0036481_22105897.jpg


パスタはスパゲッティ・アッラ・ノルマ
なすとバジル入りのトマトソースのマカロニにリコッタチーズの焼いたものをトッピングしたもの。シチリア島出身のオペラ作曲家、ペッリーニの代表作ノルマへのオマージュとして作られたパスタ。シンプルなのだけど、トマトとなすが格別においしいこのシチリアのいわば
おちゃづけ的パスタだそうな・・。シチリア人はこれを食べるとホッとするのだとか・・・
f0036481_22144132.jpg


最後にドルチェ(デザート)
f0036481_22153542.jpg


カッサータ
リコッタチーズにシロップづけの乾果を入れてケーキにしたもの。
これ 激甘、爆甘
おいしいかまずいかという問題の前に、とにかく甘い!!!頭痛くなるほど甘いお菓子です。

観光地で日本語メニューありって言うところは大概
ブッブゥ~~~とブザーを鳴らしたくなるようなまずいお店
だったりするのだけど、ここは例外でした。お値段もリーズナブル。オススメです。

            RISTORANTE Licchio's(リストランテ リッキョス)
             via Costantino Patricio 10 Taormina
                    tel 0942 625327

さてさて明日は一度地元、レトヤンニでの海水浴と、またまたおいしいもの探しにいこう~~
[PR]
by parisatsuko | 2008-08-24 01:01 | 旅行記


パリ生活10年にピリオド。京都で絵の教室と、お料理の活動をやっています。


by parisatsuko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
京都のこと
お料理
地図のないパリ散歩
私の作品 など
美味しいパリ
フランスで見つけたもの
暮らし
旅行記
お料理教室
日記・・・のようなもの
バトン
京都
ギャラリー Mon prefere
未分類

以前の記事

2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 05月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月

お気に入りブログ

フランス存在日記
パリときどきバブー  f...
*petit a pet...
パリでリラックス
My funny Val...
JOURNAL Le C...
ドイツでTea Time
だらっとブログ
まめころりやおき
Hillside Kit...
代官山だより♪
La Vita Tosc...
Sapin mon to...
mimi,jean,pe...
En fin de jour
色彩の力 杉並幸せ探しの...
エキサイトブログヘルプ
pour toujours
沖縄のお菓子教室、和食教...
パリ日記♪  着物でパリ
Chéris-1et3-話
エリオットゆかりの美味し...
着物でパリ
Ça m'est res...
ようこそ!
Kanaboの気まぐれM...
paris-atsuko...
パリでドルチェ・ビータ
京都でフランスおばんざい

ライフログ


DREAM PRICE 1000 南佳孝 モンロー・ウォーク


Modern Belly Dance from Egypt


ベスト・アンコール


KIHACHI四季のレシピ集 (4) 冬

検索

タグ

(49)
(30)
(15)
(14)
(12)
(9)
(8)
(5)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理・レシピ
レストラン・飲食店

画像一覧