カテゴリ:お料理教室( 50 )

2016年5月.6月は野菜パーティです。

本日、2016年5.6月のクールの初日でした。

今回は

野菜がもっと好きになるベジパーティへ

と題しました。

初夏にぴったりのさわやかな野菜メニューの数々。

そんな使い方があったか!!

と新しいお野菜の使い方をご提案するレシピとなっております。

テーブルもそんなお献立にあわせた透け感のあるミントグリーンで。

お野菜の配置も高さに変化を持たせて立体感のある楽しいテーブルにしました。

ビュッフェパーティのようなテーブルからご自分のお皿に盛り付けていただくワクワク感も楽しんでいただけたらと思います。



f0036481_22472625.jpg

ジャガイモがパスタになり、ズッキーニがカルボナーラパスタになり・・・・
スープはリンゴとセロリのスープです。

f0036481_22491248.jpg

ほうれん草はテリーヌスフレに。パプリカはツナと合わせてシャキシャキのサラダに。


スープの中身は りんごとセロリ 冷たく冷やして。

f0036481_22521517.jpg
メインはささみのレモン餡

そして、デザートはこれ。


f0036481_22524773.jpg



見た目地味ですね・・・(笑)シナモンと黒糖のわらびもち。焼き白味噌のソースをかければ京都名物あぶり餅の味になりました。ふしぎ・・・・


今回の日程です。
5月10日、12日、13日、16日、19日、20日、24日、25日、30日、31日

6月1日、3日、6日、7日、9日、10日、13日、15日、17日、20日、21日、23日24日、29日、30日

となります。

今のところ6月9日に1席キャンセルが出ておりますのでお席が空いております。
ご希望の方はご連絡くださいませ。

現在、ご新規様の募集はいったん休止いたしておりますが、キャンセルのある日程にはご希望でエントリーしていただけますので、ご連絡くださいませ。

今期もまたたくさんのご参加ありがとうございます。

[PR]
by parisatsuko | 2016-05-10 22:58 | お料理教室

2016年1.2月のお料理教室は蒸し料理でした。

久しぶりのお料理教室のアップです。

2か月ごとに変わるテーマ。2016年1月、2月は

蒸し料理でシンプルな冬のごはん  ~少しアジアンテイストでね。~~

でした。

スープからサラダ、魚料理、肉料理、ごはん物、デザートまで

すべて

”蒸す”

という作業を取り込んだお料理です。

”蒸す”というお料理法は、炒める、ゆでるに比べて何となく手間がかかる!!というイメージがありますが、
うまくいつも使っているお道具を利用すると出し入れも面倒ではなく、一つのお鍋ですべての作業が順ぐりに進行していくというとてもシンプルなお料理なのですね。

そのうえ、冬においしい根菜類はゆでるよりも、お野菜の味がぎゅっと凝縮するように思います。

テーブルもモダンアジアンを意識して。指し色に紫を入れてみました。
f0036481_23171270.jpg

おひとりづつ、点心の蒸し器をセットして・・・
f0036481_23163647.jpg

紫の指し色でぐっとアジアンぽくなります。

まずはスープ。
白菜と白ネギとシイタケのポタージュ

まるで、お鍋の材料ですが、しょうがをたっぷり効かせて、優しい味のポタージュに仕上がります。
ただ、切り方、火の通し方でずいぶんお味の変わるお料理でもあります。

今回はフランス料理の

エテュベ

という方法でお野菜の味をギュ~~~~~ッっと凝縮しました。これも一つの蒸すというお料理法です。
f0036481_23194734.jpg

ブイヨンを使わず、昆布だしで、そして白みそと淡口しょうゆ、少量の牛乳でお野菜の味をさらに引き立てます。

京都らしくぶぶあられ揚げゆばをそえて・・・・

f0036481_23375019.jpg
スープの器は パリの工房 アスティエ・ド・ヴィラットのもの。

サラダは 蒸野菜のサラダ、2種類の白いドレッシングで・・・

京都の冬のお野菜は味が本当に濃い。教室のお野菜は京都の上賀茂、大原の農家さんが丹精込めて作られたお野菜を振り売りの角谷香織さんが毎朝届けてくださいます。

朝に抜きたてのお野菜。生で食べても甘くて、濃い。そして蒸すと尚、鼻に野菜の香りが抜ける!!

f0036481_23184910.jpg
盛り付けもお見本を見ていただき皆さんにしていただきました。

え?むつかしいな!!

なんて言っておられた皆さんも、色とりどりのお野菜を目にして、子供みたいなキラキラの目で・・・これもお料理の楽しさですね。
f0036481_23222602.jpg

まずはお豆腐のドレッシングを陶板に、描くように乗せる。筆のエッジを利かせて勢いよく。
f0036481_23215838.jpg

どんなふうに乗せてもかわいく仕上がるの。
f0036481_23221158.jpg

最後にゴマをパラパラ。そしても一つの酒粕のドレッシングは小さな器に・・・

完成!!

f0036481_23490860.jpg
続いて魚料理は

清蒸鮮魚(シンジョンシェンユイ)

もともとは中華の魚の蒸し物ですが、最後にかけるごま油をさっぱりとした焙煎なしの玉絞ごまあぶらにしてさっぱりと、お魚のおいしさを引き立たせる方法にしました。

蒸し器に入るお皿に、薄切りにした鯛に蒸してトロンとなったねぎとしょうがを巻き込んだもの、湯葉、わかめ、しめじを乗せ、お酒と淡口しょうゆを振りかけて10分ほど蒸しただけのシンプルなお料理。
f0036481_23224589.jpg
シンプルであるがゆえに、お魚の下処理はとても大切。15分ほど酒塩というものに漬け込むと実にふっくらとお魚が蒸しあがります。

熱々のところにセリと、熱々に熱したごま油をかけたら、熱々を皆さんに。


f0036481_23233898.jpg
お肉料理は韓国の蒸し餃子 マンドゥ

皮ももちろん手作りで。家庭でやる場合は形もきれいにそろうように、伸ばしてからセルクルで抜くのが正解。
そしてくるりと包んでお雛様みたいな形にして蒸しあげます。


おいしいおいしい手作りコチュジャンとたれを添えて。
f0036481_23190526.jpg
f0036481_23192238.jpg


せいろのままテーブルに運んで湯気もご馳走!!皆さんの前で私がとりわけさせていただきました。

ごはん物は雑穀キンパ

巻きずしはきれいに巻くにはいくつかポイントがあります。ごはんをあらかじめ計って海苔の上にのせてちょうどいい大きさになるように形にしておくこと。そして具を置く場所も大切。乗せる順番もね。

f0036481_23205832.jpg
最初のひと巻き目はきっちりと絞めて・・・
f0036481_23211862.jpg

後は軽くクルクルと軽く。

最後に、ごま油を塗ってゴマでお化粧ね。
f0036481_23213319.jpg
切り分けて完成。

デザートはかぼちゃの浮島風。
日本のおいしい栗かぼちゃで作る簡単で優しいお菓子です。

f0036481_23250385.jpg
黒蜜をたっぷりかけて。苦めの玉露とともに最後の締めはやはり甘いものがうれしい。



f0036481_23251352.jpg
冬に絶対にやりたかったテーマ、蒸し料理。素材の味をしっかり感じていただけるように食材にこだわり、調理法にこだわりました。
お料理には手を抜いても大丈夫なところと、絶対に外せない手間というものがあります。そこを抑えるとお料理は格段においしくなります。

お料理教室は単にレシピをお伝えするのではなく、あくまで応用のきくように、そんな基本のところをお伝えできれば良いなと思っています。

そんな思いが伝わりましたでしょうか?

1.2月も全30回。200名近いかたにご参加いただきました。何分一人でやっている小さなお教室のため、今回もご希望をいただいておきながらご参加していただけなかった方がたくさんいらっしゃり、本当に申し訳なく思っております。この場を借りましてお詫び申し上げます。ごめんなさい。


次回、3.4月のお教室はフランス、ブリターニュ地方のお料理です。

フランス時代に主人が単身赴任していたこの地は、パリに次いで私のなじみの深い地方でもあり、その思い出の味を春の風にのってテーブルに運びたいと思っております。

メニューは
白いんげんのスープ
カマンベールとりんごのサラダ
豚フィレ肉のブリターニュ風ソース
ブランダードのグラタン
ファーブルトン

を予定しております。

開講日程は
3月 9日、10日、11日、15日、17日、18日、23日、
4月 1日、6日、7日、8日、12日、14日、15日、18日、19日、20日、21日、22日、26日、27日、28日
となります。

現在こちらも全日程満席となっておりまして、新規の方の募集はいったんお休みさせていただいておりますが、キャンセル待ちにてエントリーはお受けしております。もしご興味を持っていただきましたら、コメント欄からメッセージをいただきますようにどうぞよろしくお願いいたします。

次回もテンションマックスで頑張ります!!

f0036481_00281787.jpg






[PR]
by parisatsuko | 2016-03-05 00:29 | お料理教室

2015年 11月、12月は王道和食です。

2015年ももうあと残すところ2か月・・・・

なんて、年末を思うにはまだ少し気が早い気がしますが、今年最後のお料理教室のクールもあと残すところ11月、12月の最後のクールのみとなりました。

レギュラー生徒さんのご予約のみで今回は満員御礼をいただき、キャンセル待ちも20名程度のお名前をいただいておりまして、ご迷惑をおかけしている方には心よりお詫び申し上げます。

ごめんなさい。

年末は昨年に引き続いて、年末に皆が集うときのお料理プラスランクアップおせち

ということで年末年始に少し頑張ってつくってみようかな??という和食のお献立です。

長年勉強してまいりました茶懐石料理をもとに基本に忠実につくる王道の和食をやりたいと思っております。

生活スタイルや、時間の使い方も昔とは違いますし、時短料理、手間なし料理ももちろん必要ではありますが....

ですが、それオンリーではなく、折に触れて先人の残した私たち日本人に一番しっくりなじむお料理をその季節に合わせた、また食材に合わせた方法できちんとお料理することはとても大切だと思いますし、毎日はむりでも、負担にならない程度に頭の隅に入れて、知恵を働かせてお料理を作ることは次の世代へも伝えていかなければいけないことだと思っております。

京都の食材もたくさん使い、きちんと和食を見直してお料理をつくります。

私の和食はあえてだしを利かせすぎない、あくまで素材重視のお味付け。これは小さいころにお料理を教えてくれたおばあちゃんと、18年間従事してきた茶懐石のN先生の教えでもあります。
1口目から

おいし~~~~~~っ!!

というお料理は最後までいただき切ると、気持ちが疲れてくる。でも最後までいただいた後に

あ~~。おいしかった。

としみじみ言えるお料理が私の理想とする和食です。

・・・・なんて語ってしまいましたが、、今回はそんなお料理にしてみました。

最初は点心から。(写真はすべて試作段階です。本番の器、セッティング季節を取り入れたものにないますのでお楽しみにしていてくださいね。)

厚焼き玉子
昔、お寿司屋さんに行くと出てきた、白身魚のすり身が入った厚焼き玉子です。
この頃は卵だけの厚焼き玉子が主流ですけれど。
白身魚のすり身で自家製の簡単かまぼこもできますよ。
f0036481_2203461.jpg



近江こんにゃくとしし唐の土佐煮
お隣滋賀県の真っ赤なこんにゃく。近江こんにゃくの触感はほかのこんにゃくにはないもの。京都では普通のスーパーにいつも売られています。
f0036481_2211419.jpg


大根とカニのお膾
お膾は冬の時期は醸造酢だけでやると角を感じすぎます。なので果実の酢が必須。
f0036481_2213591.jpg


白身魚の味噌粕づけ
京都のおいしい西京味噌で作った味噌床につけた魚の味噌漬けはおせち料理の中の定番でもあります。
f0036481_222473.jpg

椀物は
蓮根のくずだまり
蓮根はあくまで丁寧に細かくおろして、ヤマトイモと合わせ。しょうがと道明寺のあんでほくほくいただきます。冬の幸せ。
f0036481_2222939.jpg

鍋ものは
鶏肉の柳川風。
柳川というとゴボウを使いますが、これごぼう??という食感で召し上がっていただきます。お楽しみになさってください。
f0036481_2224830.jpg


最後の締めのおつゆはもちろん京都の白みそ汁。これもちゃんとした作り方があります。
その日の味ご飯をお付けします。
f0036481_22202179.jpg

お菓子はあずきパウンドケーキ
むしろお抹茶をいただきたくなる和菓子なので、お抹茶とお召し上がりください。

f0036481_2232882.jpg


日程です。
11月 5日、9日、12日、16日、17日、18日、19日、25日、26日、30日、
12月1日、2日、3日、4日、8日、9日、10日、11日、16日、18日、21日、22日
 

今回はすでに全席満席になっておりますが、キャンセル待ちにてエントリーをしていただけます。
日程に関係なく、キャンセル待ちでとご希望いただければ、キャンセルが出る都度ご連絡を差し上げます。
(お申し込みは現在基本女性に限らせていただいております。)

エントリー、各種お問い合わせは

コメント欄よりご連絡いただけますようにお願いいたします。

2015年最終クールの和食講習。すべての講習をテンションマックスで臨みます。よろしくお願いいたします。

f0036481_222854.jpg


f0036481_2231532.jpg















もう一つのお料理だけのブログ京都でフランスおばんざい(←クリックで飛びます。)もどうぞご覧下さいね。(めちゃめちゃゆっくりの更新ですけど・・・・)

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村
↑ランキングにも参加中です。クリックしていただくとランキングが上がる仕組み。ポチッ!として頂くと嬉しいです。



今日もご訪問ありがとうございます。
[PR]
by parisatsuko | 2015-10-14 22:31 | お料理教室

2015年9月、10月はトスカーナオルチャの谷へ

またまたほったらかしにしていたブログ・・・

毎回同じ書き出しで始まってしまうブログ記事ですが・・・・生きてます。(笑)

お料理教室、9月10月はイタリアンです。

イタリアトスカーナのお料理を中心にご紹介していきます。

本日初日でした。何度やっても初日というのは緊張して、前日はドキドキして眠れないのですが・・・

初日の本日。皆様に

センセ!!今日も楽しくておいしかったわ!!

と言っていただき、笑顔をお見送りして、生徒さんの顔やお話したことを思い出しながらお皿を洗っている時間がとても好きです。

今日のタイトルは

オルチャの谷のマンマのプランゾ

トスカーナの南にオルチャ渓谷というところがありまして、パリにいたころ何度か絵の題材に使うためにスケッチにも出かけた大好きなイタリアの風景に出会えるところであります。

そんなスケッチ旅行の際にお世話になったアグリツーリズモ(民宿)で頂いたお料理を思い出しながら作ったレシピです。

テーブルはすっかり秋の気分でね。

テーブルに鉢植えのセッティングは本当はNGですが、カジュアルなセッティングということでまあいいかな。
かわいい色のフユサンゴがものすごく気に入ってこの色をどうしても使いたかったので。

f0036481_2130138.jpg


ウエルカムプレートは秋になるとよく登場する。2001年に描いたこのお皿で。

f0036481_21304254.jpg


壁の絵はフロマージュブランで描いたオルチャの谷の絵にかけかえました。
f0036481_21312430.jpg


まずアンティパストに

バーニャカウダ

f0036481_21322480.jpg


これはトスカーナのお料理ではないのですが、秋にどうしてもやりたかったので・・・

パンはイタリアンをやるときにいつも焼く

丸いフォカッチャのようなパン
f0036481_2145495.jpg

もちもちでいい食感のこのパンは皆さんが待ってくださっているので必ず焼きます。

プリモ1皿目は

リポリータ
f0036481_21333482.jpg

トスカーナのおかゆです。
固くなったパンを使ったお料理というのはトスカーナにはたくさんあるのです。
野菜のうまみとハーブと白いんげんペーストをことこと煮込むとブイヨンなしで優しく深い味に仕上がります。

プリモ2皿目は
マルファッティ
f0036481_2138948.jpg


リコッタチーズで作ったニョッキ。あっというまにできてとてもおいしい。
・・・これも本当はトスカーナのお料理ではないのですけれどね。

ソースは小蕪とゴルゴンソゾーラのソース。

メインが
ハミム ド トスカーナ
f0036481_2140479.jpg


サルチッシャというソーセージを手づくりしました。ソーセージ作りはなぜ温度管理が必要なのか、また材料を入れる順番がなぜこうなのか。先日ソーセージ作りの勉強会に行ってきまして、そこで学んだことを取り入れながら作ると、やはりちゃんとおいしいソーセージができたもので・・それを今回はお伝えしています。

そんなふうにして作ったサルチッシャをトマトと白いんげんで軽く煮込んでいます。

デザートはシチリアの
カッサータ
f0036481_21436100.jpg


アイスケーキですね。

今日のお茶は

タンポポコーヒー。そしてお供にカントゥーチを焼きました。
f0036481_21461728.jpg


9月.11月今回もたくさんの方をお迎えしてトスカーナの旅に出かけたいと思います。

日程です。

9月
3日、4日、7日、9日、14日、16日、18日、24日、28日、29日、30日

10月
1日、7日、8日、9日、14日、15日、16日、19日、22日、23日、26日、27日、29日、30日。

ただ今全席満席をいただいておりますが、キャンセル待ちにてご登録していただけます。

ご希望の方はカギコメ。またはメールの方にお問い合わせくださいませ。





ータもう一つのお料理だけのブログ京都でフランスおばんざい(←クリックで飛びます。)もどうぞご覧下さいね。(めちゃめちゃゆっくりの更新ですけど・・・・)

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村
↑ランキングにも参加中です。クリックしていただくとランキングが上がる仕組み。ポチッ!として頂くと嬉しいです。



今日もご訪問ありがとうございます。
[PR]
by parisatsuko | 2015-09-03 21:52 | お料理教室

カメラマンさん 来宅

新しいお教室のクールが始まりました。

初日。お料理教室の”空気”を写真に収めにカメラマンさんが来てくださいました。

お教室に来て下さるカメラマンさんは、女性の清美さんと男性のMASAKIさん。

背の高いMASAKIさんのとってくださる写真は、また独特の目線で、見ていてとても楽しい。

そんなMASAKIさんがとってくださったお写真とお教室の空気を・・・・

リンクさせて頂きました。

MASAKIさんのきれいな写真のブログ  おもろカッコイイ in 京都はこちらをクリックで飛びます。



こちらの講習は5月、6月と続きます。

講習の日程です。

5月 
7日、8日、11日、13日、15日、18日、19日、21日、25日、26日、27日

6月
1日、2日、3日、5日、9日、10日.11日、16日、17日、19日、22日、23日、26日、29日、30日

です。ただ今全席満席になっておりますが、キャンセル待ちにてエントリ-をしていただけます。
ご興味のある方はどうぞご連絡くださいませ。




もう一つのお料理だけのブログ京都でフランスおばんざい(←クリックで飛びます。)もどうぞご覧下さいね。(めちゃめちゃゆっくりの更新ですけど・・・・)

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村
↑ランキングにも参加中です。クリックしていただくとランキングが上がる仕組み。ポチッ!として頂くと嬉しいです。



今日もご訪問ありがとうございます。
[PR]
by parisatsuko | 2015-05-09 22:07 | お料理教室

最近のお料理教室  少しづつ更新していきますね。

facebookを始めてから、ブログは本当にほったらかしになってしまいまして・・・・
それでも毎日訪ねてきてくださる方がいてくださることに感謝するとともに、本当にごめんなさい。

のろのろの更新になりますが、たまには更新を続けたいと思いますので、たまに。。。たまにのぞきに来てくださいね。

お料理教室のの方も現在、登録の生徒さんが428名様になりました。一人で小さく細々とやっておりますゆえ、毎回すぐにお席が埋まってしまい、なかなか新たにお申し込みをしていただけない状態になっておりますが、キャンセル待ちという形でよろしければエントリーを受け付けさせて頂きますので、またコメント欄などからもメッセージをくださいね。

さて、そのお料理教室。

この春3月、4月のクールは今までとは少し趣向をかえまして、

おかずの素で素早く段取りゴハン

と題して講習をさせて頂きました。

私自身 週平均4日のお料理教室をこなしていますが、でも家族のご飯はきちんと・・・・そんな思いを生徒さんとお話ししていて、

じゃ、毎日のご飯はどんなん??

と聞かれたことから、普段使っているおかずの素を僭越ながら皆さんにご紹介してみようかな??

というのが今回の講習のきっかけとなりました。

毎日食べることの積み重ね。それが体を作るものと考えるとどうしてもそうそう手を抜いたり、インスタントなもので済ませることができない。だけれども、お料理以外にもやらないといけないこと、やりたいことはたくさんある・・・・

そんな私が常にストックしているおかずの素を11種類ご紹介して、

おかずの素11種類、↓もうよれよれ。講習全28回一緒に頑張ったいわば戦友。。

f0036481_2328510.jpg


それをもとに6日間分の献立。全22レシピを!!
f0036481_23311986.jpg


このレシピ大変でしたでしょ?と生徒さん達からもねぎらいのお言葉をいただきましたが、実は私自身が
試作代わりにこれをしばらく活用し、毎日の晩御飯作りがとても簡単にでもきちんとしたものを作ることができたんです。

そして、
おかずの素も、毎日のごはんづくりも、段取りが大切。

さて!ご飯作りましょう、ととりあえず始めるのではなく。何を作るのかを頭に置いて、まずは調味料をひとところにそろえる。そして冷蔵庫から出すものはすべて出して、洗うものはまとめて、切るものはまとめて・・・・
とそんな私が毎日実践している段取りの仕方も参考としてお話をさせて頂きました。

段取りは一見大変そうですが、最初に考えておくことによって作業中に生じるストレスからかなり解放されるのです。

おかずの素を単に使ってお料理をするだけでなく、

段取り

の仕方もお伝えできたと思っています。


今回はまた贅沢なことにいつもイベントでケータリングさせて頂いている京都千本三条のギャラリー

紅椿それいゆさんの企画にて、

革新的な有田焼1616 arita japan
さんの食器とのコラボでもありました。

セッティングのコンセプトは ”森の中のピクニック”
f0036481_23422746.jpg

(お料理の写真は専属カメラマンの中西清美さんよりお借り致しました)


f0036481_23445760.jpg


f0036481_004118.jpg


前菜をたくさん作ってワンプレートにもりつけましょ。

スティック野菜のガドガドディップ
f0036481_054743.jpg


春雨のタイ風サラダ
f0036481_063030.jpg


スナップエンドウとレンコンのペペロンサラダ
f0036481_07630.jpg


マグロの利休焼き ネギ油のコンディマン
f0036481_09432.jpg


手羽先の甘辛煮焼き
f0036481_0101176.jpg


あとは豆腐のザーサイ温玉乗せをワンプレートに載せて
f0036481_0105915.jpg


メインはお皿からイメージして。

サーモンのわさびクリームソース 春の農園風
f0036481_0132855.jpg


ご飯はお揚げときのこ、牛肉のひつまぶし風 お味噌汁は大根とおあげさんの袱紗ごまみそ汁
f0036481_0142583.jpg


デザートは
コーヒーと黒蜜風味のおぜんざい かぼちゃだんご 
f0036481_0154786.jpg


おかずの素を使い段取りを踏んで作ると所要時間は1時間半程度で完成しましたよ。
普段のおかずですが、こうして素敵なお皿に盛り付ければおもてなしにも使えそうでしょ。

おかずの素を使って1日目から6日目までのお献立をぜひ作っていただきたく、

こんなものも付録でつけました。

f0036481_0185798.jpg

買い物メモ・・・

これ、なかなかいいでしょ。(笑)

これを、本当にゲーム感覚でもいいし1週間やっていただくと 

献立力

がつきます。だから7日目は是非にご自分で余っているおかずの素を使ってお献立を作ってくださいと、お伝えしました。

お料理教室が単にレシピを伝えるだけになってはつまらない。発展させたり、おうちに持ち帰ってご自分のフィルターを通してご自分のものにしていただいたり・・・・

教室の時間だけで終わるのではなくぜひそのあとにつながっていくものであってほしい・・・ごめんなさい。なんだかエラそうに言ってしまっていますが、この講習を機会にまた改めてそんな私の教室のコンセプトをしっかり心に刻もうと思ったのでした。

今回もお越しいただいた168名の皆様。本当にありがとうございました。キャンセル待ちにてお待ちいただきながらエントリーしていただけなかった42名様。こちらの講習に関してはリピート講習も企画する可能性がございます。ご興味おありの方はまたご連絡くださいませ。(鍵コメにてご連絡先をいただければご連絡させていただきます。)
[PR]
by parisatsuko | 2015-05-05 00:33 | お料理教室

教室のブログです。見てね。


専属で写真を撮っていただいている女性カメラマンの清美さん。

私の思いやこだわり、いろいろなお話をしながらその思いまでレンズに収めて頂いています。

教室の空気を伝えるブログを開設してくださいました。

かわいくて胸がキュンとなる清美さんの文章も素敵。

ブラウスを裏返しに着て気づかないでいる写真もあったりして・・・・(汗)

でもそんなのも含めて私らしさを切り取っていただいています。

どうぞリンクで飛んでご覧くださいね。写真のご感想等いただければ嬉しいです。

珠玉の時空..paris-kyoto

もう一つのお料理だけのブログ京都でフランスおばんざい(←クリックで飛びます。)もどうぞご覧下さいね。(めちゃめちゃゆっくりの更新ですけど・・・・)

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村
↑ランキングにも参加中です。クリックしていただくとランキングが上がる仕組み。ポチッ!として頂くと嬉しいです。



今日もご訪問ありがとうございます。
[PR]
by parisatsuko | 2014-09-23 23:21 | お料理教室

2014年9月10月はパリのお惣菜屋さん

京都も大文字の送り火が終わると途端に秋の気配が深くなります。

8月はお休みの日も多く、ゆったりと教室のお料理の試作などもでき、秋の講習の内容も決まりました。

レギュラーで来ていただいている生徒さん達にはすでに日程、内容のご案内はさせて頂いていますが、

こんなものを作りますよ~~~。

9月、10月は

Les plats traiteur de Paris・・・・パリのお惣菜たち

と題して開催いたします。

パリ・・・というかフランスにはたくさんのお惣菜屋さんがあって、それぞれそのお店の特徴やスペシャリテがあったりするのですが、そんな中でも私がパリにいるころにとても好きだったいくつかのお惣菜を、行きつけのお店のおじさん、おばさんの顔を思い出しながら作りました。

ふと住んでいたパリを思い出してしまう味・・・・・作っている最中も生活していたころのいろんなことを思い出しながら作ったメニューです。

サラダだけ買うつもりがついついおじさんの”今日もまたまた別嬪さんだね”というお世辞に乗せられて、パテまで買ってしまうRaspail(ラスパイユ)のマルシェのお惣菜屋さん。

おいしいバゲットを持ち込んで、サラダやら海老のカクテルやらを頼んではお昼ご飯にしていたRENNE通りのイートインのお惣菜屋さんのちょっと怖いおねえさん。

近所のマルシェのなかにあるおじいさんとおばあさんがやっているお惣菜屋さんのパテドカンパーニュのおいしさ!!

普通のように食べていたものは、それに関わるたくさんの人もいっぱい思い出すのでした。

パリの普通の人が普通に毎日食べているお惣菜は日本の食材を使っても同じように簡単に、優しいおうちの味に仕上がります。

少しだけ火の通し方とか、お野菜の切り方を変えてみるだけで、いつもと違うパリのご飯に!!(ほんと??)

そんなパリのお惣菜をご紹介しますね。

前菜は3品

Coleslaw rose(ピンクのコールスロー
f0036481_19152789.jpg


これは近所のビアンクールのマルシェのお惣菜屋さんでいつも買っていたもの。紫キャベツに最初に酢を振り掛けておくことでピンクの色がきれいに出るのだとか・・・・そんなメモがありました。グラニースミスという青りんごを入れると味が引き締まるのです。

Haricot vert etuve avec champignon de paris(いんげんのエチュヴェ シャンピニオンドパリとともに
f0036481_19155042.jpg

エチュヴェというのは少量の液体とオイル分で野菜等に火を通すことを言います。和食ではないテクニックかもしれません。

エチュヴェとはお野菜の細胞をふわっと膨らませて、ふわっと甘みを出す方法。

とはりッツエスコフィエのクリストフ先生の弁。

いんげんのエチュヴェにシャンピニオン ド パリ・・・つまりマッシュルームの香りを優しく含ませます。

もう1品は、いつものようにその日の食材によっていろいろ・・・・お楽しみにしてくださいね。

スープが

Creme dubarry(クレーム デュバリー)

f0036481_1916528.jpg

カリフラワーのスープです。
ルイ15世の公娼だったデュ バリー夫人はことのほかカリフラワーがお好きだったようで、カリフラワーを使ったお料理にこの夫人のお名前が付きます。

ムワ~~~~ンとして、なんだか好きじゃない!!と日本ではあまり好きな人を聞いたことのないカリフラワーですが、それを見事においしさに引き上げる食材があります。

それはね・・・・TとOとR・・・・まさかのイニシャルトーク!!

これもおたのしみにしてください。このTとOとRを使うと市販のコンソメの素などは全く必要ありません。

・・・私も以前は意外にマ○ーブイヨンなどが好きだったのですが、最近、素材をくみあわせておいしさを補い合うとそういったものが全く必要ないということをひしひしと感じております。

化学調味料が悪いわけでは決してないと思いますが、単に私の口に合わなくなってしまっただけで・・・・おいしくは感じるんだけど、そのあと舌が必ずピリピリします。

お料理教室という場ではそういうものを使わなくてもちゃんとした食材とテクニックを使うと優しいおいしさを引き出せることを皆様にお伝えしたいと思っています。

今回はこのスープに先日グランターブル・ド・キタムラの北村シェフから習った

マドラスキュリー

で作ったカレーオイルを垂らして・・・・これがカリフラワーにあうのなんの!!

メインお魚料理がbouchee a la reine(ブッシェ ア ラ レーヌ)
f0036481_1925501.jpg

パイケースにクリームシチューをかけたようなお料理。

王妃様への一口

という名前の付いたお惣菜屋さんの定番中の定番。

↑のイートインのお店にもありました。とろんとしたクリームのソースにパイが合わないわけがない!!そしてイートインではバスマティというインドのぱらぱらのお米を付け合せにしてこれにも絡めて食べてたんですね。
なので今回も

バスマティ

仕入れていますっ!!日本はなんでも手にはいりますからね~~~。(笑)

お肉は満を持しての

Pate a la Lyonnais(パテアラリオネーズ
f0036481_19235444.jpg


はい!パテ・ド・カンパーニュですよ。

実はこのパテ、何度も何度も繰り返し作り、最終チェックに私の最も敬愛するSシェフのもとに大胆にもお味見に持ち込んだっ!!
そこで、シェフより

テクスチャーも、口当たりも、後味もすべて完璧!!くやしいくらい!!

と泣けるほどのお褒めをいただき、今までのレシピでたぶん最高の自信作となりました。

これは

きっちりとした手順と材料にこだわり、本当においしく召し上がっていただくためには最低2日の熟成は必要。
なのでデモンストレーションとなりますが、細かい完全レシピをお渡し致しますので、ぜひ皆様に作っていただきたいと思っています。

pate de compagne・・・田舎風ではなくもっとちゃんと作った味だから・・・Pate de lyonnaisにしたら??

と命名していただきましたので、シェフへのオマージュも込めてこのお名前で登場させます。

Sシェフ。ほんとにありがとう。

デザートは
Blancーmanger au coco(ココナツ風味のブランマンジェ)
f0036481_19231120.jpg

混ぜるだけの簡単デザートですが、やわらかくやっと固まるくらいに固めて口の中に入れたらすっと溶けるお菓子に仕上がりました。
マンゴーピュレかいちじくのピュレがよく合いますよ。


日程です。すでにほぼ全席が満席となってしまいました。

開講日程は
9月
5日、9日、10日、11日、12日、17日、18日、19日、22日、24日、25日、29日

10月
1日、2日、3日、8日、9日、10日、15日、16日、17日、21日、23日。24日、28日、30日

です。

9月12日のみ1席空きがございます。8月23日。全席満席となりました。満席の日程もキャンセル待ちにてお申込みしていただくことが可能です。

ご予約の方がだんだん取りづらくなり、レギュラーの生徒さんにも予約を取っていただけないご迷惑をおかけしておりますので大変心苦しいのですが、現在

新規の方、ご紹介等のない方

のご入会は受付しておりません。また落ち着きましたら募集を再開しようと思っておりますのでご入会ご希望の方はどうぞコメント欄にカギコメでメッセージを残してくださいませ。

では、皆様とまた和やかな食卓をかこめることを楽しみにしております。パリの風が駆け抜ける食卓用意してお待ちしていますね。


もう一つのお料理だけのブログ京都でフランスおばんざい(←クリックで飛びます。)もどうぞご覧下さいね。(めちゃめちゃゆっくりの更新ですけど・・・・)

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村
↑ランキングにも参加中です。クリックしていただくとランキングが上がる仕組み。ポチッ!として頂くと嬉しいです。



今日もご訪問ありがとうございます。
[PR]
by parisatsuko | 2014-08-22 19:25 | お料理教室

朝日カルチャーセンターさんにて夏期講座させていただきます

自宅サロンでの教室からときたまにぴょんぴょんと飛び出して、お教室をさせて頂いておりますが

7月18日 金曜日。朝日カルチャー京都教室さんにて

レシピで学ぶ簡単フレンチ ~夏野菜のテリーヌとワインのマリアージュ~

と題した講座をさせて頂くことになりました。朝日カルチャーさんといえば、京都のカルチャーセンターの草分け。レギュラーの講座もあれば、今回私が担当させて頂く単発の講座もあります。

今回の講習は1回完結で、フランス語のレシピ用語やフランスのお話も交えながら野菜たくさんのテリーヌの作り方をデモンストレーションさせて頂きます。
f0036481_2339371.jpg


今回のテリーヌレシピは2012年12月、2013年1月の自宅教室にてのレシピの2014年夏バージョンになります。私の教室カンティーヌロゼットでの生徒さんの人気1,2を争うメニューなんです。

f0036481_23384061.jpg


フレンチのテクニックで野菜の色、甘みを引き出し、宝石箱を開いたようなテリーヌを作ります。
テリーヌというとなんだかすごく難しいもの・・・というイメージがありますが、これは見た目に反してすごく簡単に作れるんです。

お野菜はおいしいコンソメによって味を引き出すのが常ですが、今回はそれも昆布とかつおの一番だしでやります。普段のおかずづくりの延長で作っていただけると思います。

このほかにもフランスのお惣菜を何品かご用意して、夏の週末の昼下がり楽しいひと時を皆様と過ごせればと思っております。

なお、今回はお料理にあうワインとのコラボレーション付き。

大阪住之江の

Vin Santé(ヴァン サンテ)のワインアドバイザー坂東武子氏

によるワインの解説付きです。今もっとも注目されている自然派ワインを何本かセレクトしていただき、皆様に試飲していただきます。

どうぞ皆様ご参加お待ちしております。

お申込み、お問い合わせは以下までよろしくお願いします。

朝日カルチャーセンター京都教室
  電話  075-231-9693
 営業時間 月~土 9時30分~18時30分  日曜 9時30分~14時

 京都市中京区河原町三条上がる 京都朝日会館8F

なお、今回の講習場所は京都中央卸売市場の一角にありますあじわい館となります。

夏の週末の昼下がり。ワインと簡単フレンチのマリアージュをお楽しみ下さい。お待ちしていますね。






もう一つのお料理だけのブログ京都でフランスおばんざい(←クリックで飛びます。)もどうぞご覧下さいね。(めちゃめちゃゆっくりの更新ですけど・・・・)

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村
↑ランキングにも参加中です。クリックしていただくとランキングが上がる仕組み。ポチッ!として頂くと嬉しいです。



今日もご訪問ありがとうございます。
[PR]
by parisatsuko | 2014-06-27 23:40 | お料理教室

2014年6月7月はエスニックを中心に

急に気温が上がり、今日の京都は真夏のような暑さでした。今年初めての半そではいきなり黒のフレンチスリーブ・・・

私の大好きな夏がやってきます。

夏といえば・・・南フランスへ??南の島へ??

いいえ。今年はちょっとアジアの方に行ってみましょう。お料理でねっ。

2014年6,7月。夏のお料理は

~万能マリネ液とフォーで夏ご飯~

と題してお料理教室を開催いたします。

あまり手をかけないでさっぱりと。そんな時万能選手で使える”だし”的なものがあると便利。それも夏らしくさっぱりとしたね。

というわけで今回はドレッシングにもつけだれにもマリネにも使える万能マリネ液を使って前菜3品、メインのお肉料理1品を作り、そして、夏になると無性に食べたくなる

フォー

を作ります。

前菜1品目は

魔女のソースに閉じ込められたトマトの館のバンバンジー
.....なんて物語めいた名前を付けましたが、(笑)

f0036481_2352425.jpg


万能マリネ液とゴマダレでマリネした鶏肉をトマトの中に閉じ込めて、真っ黒のソースを添えたもの。

最初は鶏肉のトマトファルシー、黒ゴマソース

なんていう名前にしていたのですが、このビジュアルを見ているとバンバンジーが魔女の魔法にかかってトマト煮閉じ込められた!!なんていうばかばかしい物語を想像してしまい。そんな自分がおかしくてこんな名前にしてみました。
お姫様が閉じ込められた館は茨でおおわれるのがテイバン。茨にみたててブロッコリースプラウトを。

そしてバンバンジー姫を助けるのはあなた!!

み~~た~~い~~なぁ~~。

2品目は

焼きナスのひんやりスパイシーマリネ
.....あとはまじめにネーミングしてます。
f0036481_23573061.jpg

焼きナスの簡単に皮をむく方法は昨年もやりましたが、またその復習もやりましょう。
一度焼いたなすを万能マリネ液と和ハーブでさっと煮込んで冷たく冷やしていただきます。

たこの梅風味カルパッチョ
f0036481_23592198.jpg


万能マリネ液はカルパッチョソースにもなります。たたき梅を混ぜると夏にとてもいい一品。
万能マリネ液さえあればあっという間に出来上がり。あと一品欲しい時に是非。

お肉料理は

鶏胸肉の南蛮から揚げ
f0036481_015494.jpg


万能マリネ液はパサつきがちな鶏胸肉もやわらかく仕上げてくれます。から揚げの衣のつけ方もいつもとはちょっと違ってます。

みょうがとアボカドとトマトを万能マリネ液でマリネしておいて揚げたての鶏肉にかけます。

そして、

フォー・ボ
f0036481_06911.jpg

パリに住んでいる頃夏になると中華街のPHO14というお店によくこのフォーを食べに行きました。
土曜日は必ず!!という時期もあったくらいはまったベトナムの汁麺です。

香辛料、大根、しょうが、牛すね、牛筋・・・・などをことこと煮込み、ちゃんとお出しから作ります。
パリではまったあの味。自分の味覚を頼りに何度か試作をして皆様にご紹介できるまでに完成しましたよ。

デザートは
バインフラン
f0036481_010345.jpg


今風のやわらかいプリンもおいしいですが、こんな濃厚なしっかりしたプリンが私は好き。エバミルクも入れてさらに濃厚に。
カラメルソースにコーヒーを含ませるのがベトナム風です。それにかち割り氷をまぶすの。

そしていつものサプライズメニューを1品。これはその日の気分で変わりますので。どうぞお楽しみにね。

日程です。

既にレギュラーの方々のお申し込みが始まっていますので満席のところがたくさんですが、キャンセル待ちにてもお申込みいただけます


6月
5日(木)   満席
6日(金)   満席
11日(水)  満席
12日(木)  満席
13日(金)  満席
16日(月)  満席
17日(火)  満席
18日(水)  満席
20日(金)  満席
24日(火)  満席
25日(水)  満席
26日(木)  満席
7月
2日(水)   満席
4日(金)   満席
8日(火)   満席
9日(水)   満席
10日(木)  満席
11日(金)  満席
14日(月)  満席
15日(火)  満席
17日(木)  満席
22日(火)  満席
24日(木)  満席
25日(金)  満席
30日(水)  満席
31日(木)  満席

です。

今回は6月15日時点で全席満席となりました。

場所、料金等はお問い合わせくださいませ。

お問い合わせ→Salut.toi92100@i.softbank.jp

また皆様と”楽しい食堂”でテーブルをかこめますことを楽しみにしております。

ただ今テーブルも夏のエスニックバージョンに試作中。エレガントにしようかな?イノセントにしようかな??
わくわくしながらお皿を出したりしまったりしています。016.gif





もう一つのお料理だけのブログ京都でフランスおばんざい(←クリックで飛びます。)もどうぞご覧下さいね。(めちゃめちゃゆっくりの更新ですけど・・・・)

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村
↑ランキングにも参加中です。クリックしていただくとランキングが上がる仕組み。ポチッ!として頂くと嬉しいです。



今日もご訪問ありがとうございます。
[PR]
by parisatsuko | 2014-05-20 00:23 | お料理教室


パリ生活10年にピリオド。京都で絵の教室と、お料理の活動をやっています。


by parisatsuko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
京都のこと
お料理
地図のないパリ散歩
私の作品 など
美味しいパリ
フランスで見つけたもの
暮らし
旅行記
お料理教室
日記・・・のようなもの
バトン
京都
ギャラリー Mon prefere
未分類

以前の記事

2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 05月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月

お気に入りブログ

フランス存在日記
パリときどきバブー  f...
*petit a pet...
パリでリラックス
My funny Val...
JOURNAL Le C...
ドイツでTea Time
だらっとブログ
まめころりやおき
Hillside Kit...
代官山だより♪
La Vita Tosc...
Sapin mon to...
mimi,jean,pe...
En fin de jour
色彩の力 杉並幸せ探しの...
エキサイトブログヘルプ
pour toujours
沖縄のお菓子教室、和食教...
パリ日記♪  着物でパリ
Chéris-1et3-話
エリオットゆかりの美味し...
着物でパリ
Ça m'est res...
ようこそ!
Kanaboの気まぐれM...
paris-atsuko...
パリでドルチェ・ビータ
京都でフランスおばんざい

ライフログ


DREAM PRICE 1000 南佳孝 モンロー・ウォーク


Modern Belly Dance from Egypt


ベスト・アンコール


KIHACHI四季のレシピ集 (4) 冬

検索

タグ

(49)
(30)
(15)
(14)
(12)
(9)
(8)
(5)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理・レシピ
レストラン・飲食店

画像一覧