カテゴリ:日記・・・のようなもの( 31 )

なぜパリがこいしいのだろう。

パリ旅行の記事もアップがなかなかできなくって、もうすっかり、記憶が薄らいできている感があるのですけれど・・・・・(泣)


食べたかったものをいろいろ食べたり、買い物したり、毎日忙しく過ごしていたのですが、最後の1日は全く何もせず、息子とも離れて、一人で静かにパリの町を散歩しました。

借りたアパルトマンが最初のころに住んでいた

モンパルナス

という地域だったため、周りには、懐かしいものがたくさんたくさんあるのでした。

ムーラン・ド・ラ・ヴィエルジュ
f0036481_20254551.jpg


毎日子供を学校に迎えに行く道すがら、ここのパン屋さんで必ずプチパンショコラを3個買って子供と一緒に食べながら家に帰りました。

パン屋さんの中に以前はなかったイート・インなどもできてはいましたが、お店のお姉さんも、売っているパンもその味も全然変わらず。お店のにおいも10年前と変わらず。

パリに

”帰ってきた”

と思うのは、きっと変化のサイクルが日本に比べて格段に遅いこともあるのかもしれません。

Edger-quinet(エドガーキネ)の朝市
f0036481_2031233.jpg


f0036481_2291558.jpg

パリはお花の種類が本当にたくさんあって、その売り方もおしゃれ。全部のお花がこっちを向いて

”私を連れて帰って!!”

とウインクしてきますね。

たまにこんなコに出会ってびっくりしますが・・・


f0036481_20353377.jpg

↑気持ちよさそうに眠っている感じがちょっと救いだったりする。

パン・オ・ルヴァン
f0036481_20361819.jpg

絶品バゲットのお店。ここのバゲットは特別おいしい。いろいろおいしいといわれるバゲットを食べましたが、いまだここを超えるバゲットに私は会ってません。

パピーユ
f0036481_204148.jpg

パリの中でもとてもいい自然派ワインのお店。見ているとあれもこれもほしくなりますが、・・・

日本には持って帰れないなぁ~~~残念。

昔によく来た店を冷かして、14区の裏道をゆっくり散歩。

パリに初めて来た頃、まだフランス語も全く分からず、生まれての3か月の次男と、毎日言葉の通じない幼稚園に行くのを嫌がった長男。

知り合いもいなくって、前任者もいなくって、ひたすら孤独だった毎日。それでも、子供を守るために必死で頑張っていたあの頃。

そんな私たちを見守っていてくれたのがこの町。

エッフェル塔や凱旋門ではなく、普通の人が住む普通の街角。

それが私にとってのパリなんです。

f0036481_20493124.jpg


高すぎる空に飛行機が見えると

”あれに乗って日本に帰りたいなぁ~~~~”

ばかり考えてたっけ。

f0036481_20503010.jpg


この日の空は、あの日よりは高くはなかったけれど・・・でも同じようにいまここに里帰りしてきた私を、静かに包んでくれていました。

子供たちをいつも遊ばせていた

ジャルダンアトランティック
f0036481_20521392.jpg


今も小さな子供たちの声が空に響くその公園で、しばし静かに物思いにふけっていました。

この公園でよくころんではいつまでも泣きやまなかった次男。

夏はこの公園の噴水にパンツ一丁ではいってた長男。

・・・・・・パリの懐かしい景色は子供たちのそんな小さなころの思い出をたくさんよみがえらせてくれます。

なんだかあのころのまだちいさかった子供たちがふっとそのあたりから顔を出していそうな錯覚に陥ります。

そして、必死でがんばっていたあの頃の私もこの町に来るととてもいとおしく思えるのです。


子供を育てた街、というのはやっぱり特別な場所なのですね。

f0036481_2112176.jpg




パリは私にとってそんな街。

また日本に帰って頑張って、そして、また

ふっ

、とこの街に包まれに戻ってこようと思いました。


バタバタと過ごしたパリ滞在でしたが、最後の1日にこんなゆっくりと自分の心に向き合える日をもてて本当に良かった。


f0036481_2171567.jpg


パリは私の心の宝石箱・・・・・


もう一つのお料理だけのブログ京都でフランスおばんざい(←クリックで飛びます。)もどうぞご覧下さいね。(めちゃめちゃゆっくりの更新ですけど・・・・)

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村
↑ランキングにも参加中です。クリックしていただくとランキングが上がる仕組み。ポチッ!として頂くと嬉しいです。



今日もご訪問ありがとうございます。
[PR]
by parisatsuko | 2012-04-13 21:08 | 日記・・・のようなもの

もどってきてま~~す。

パリから戻ってきて、全然ブログも更新せず・・・友人からもメールで

”日本に戻れなくなっちゃったとおもったやん!”


なんて言われてましたが、

ちゃんと戻ってちゃんとお仕事はじめてますよぉ~~(笑)

かえって直ぐにお教室やらケータリング、次回の教室のメニュー作りにバタバタしているうちにすっかり更新が遅くなってしまいました。

ご心配かけてごめんね。


あぁ~~~それにしても、以前は全くなかった

”時差ボケ”

にやられてしまいました。

昼間ぼ~~~~っとして、夜になると目がらんらん。そんな日が2週間ですよ~~ひどい時差ボケです。

年とともにこんな風にかわるもんなんですかねぇ・・・

パリはほんの10日間でしたが、息子と一緒に精力的にかけずりました。

それでも、アパートの一室を借りて10日間過ごしたので、またパリの生活に戻ったようなゆったりとした

生活気分

を味わうことが出来ました。

お友達と会う予定のない日はぶらぶらと町を歩き回って・・

一番最初に足が向いたのは矢張りココ↓

f0036481_1961516.jpg


モンマルトルの裏道。スケッチブックをもっていっぱいスケッチをしたこの場所。サクレクール寺院からのアクセスは人がとても多いのだけど、裏の方は人も少なく、静かな静かなパリの空気を感じることが出来ます。

パリから離れる最後におとづれたのもここだったな。

その時に綴った想い。パリ最終章 はココをクリックで・・・

その2年前となんら変わらない 坂道、階段、カフェ・・・・
f0036481_1921595.jpg

ココから離れたのが昨日のことのようで。そして、また10年後におとづれてもきっと何ら変わってない風景が迎えてくれるのだろうなぁ~~

f0036481_19111180.jpg

↑ユトリロの階段 うらぶれた感じがなんだかいいのです。この空気感をいつもそばに感じたくってたくさんのスケッチをしました。

f0036481_19185626.jpg


サクレクール寺院を目指して辿り着くと、モンマルトルの丘。ココからはパリが見渡せます。
f0036481_19204360.jpg


ココから見るパリの風景。私は晴れた日よりもこんなうす曇のなんとなく哀しさのただよう風景の方が好き。

ゆっくりメトロに乗ってアパートに戻り、今日は温かなシューファルシでも食べたいねなんて話をして、パリ一美味しいシューファルシをいただけるビストロへ。

泊まっているレストランからも歩いて10分ほどのRUE DAGERREにある

MAISON PERE(メゾンペレ)へ。

いつもご近所のおじさん、おばさんで賑っているこのお店は、予約なんていうのもいらないフラッっと立ち寄れるビストロですが、素材にもの凄くこだわったお料理を出してくれるので、おなかも心もとっても温まるのです。

ガイドブックにのっている、マストゴー~のレストランも良いけど、こんな自分の足で見つけた美味しい町のビストロというのはいつ行っても

”戻ってきた感”

で、なんだかホッとするのです。

私は迷わずシューファルシ(ロールキャベツ)

f0036481_19355532.jpg


豚肉の滋味溢れる風味。しみじみとおいしい。

息子は子羊のロースとを。

f0036481_19373198.jpg


一度柔らかくブレゼしてから表面をかりっと焼き上げてあって、とてもジューシー。子羊の味がしっかりしています。しっかりした赤ワインと豪快にかぶりつきたい感じ。

山盛りの朝つみの新芽のサラダとともに。

f0036481_1940111.jpg


常連さんも多く、食べていると気軽にみんなが話しかけてきてくれる。

”あ!その子羊美味しいよね。絶対頼んで正解!!”

”じゃ、ゆっくり食事を楽しんでね。”

なんて・・・

こういうところフランスの大好きなところです。

フランスに戻ってきたんだなぁ~~~と思ふ・・・


次回に続く。










もう一つのお料理だけのブログ京都でフランスおばんざい(←クリックで飛びます。)もどうぞご覧下さいね。(めちゃめちゃゆっくりの更新ですけど・・・・)

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村
↑ランキングにも参加中です。クリックしていただくとランキングが上がる仕組み。ポチッ!として頂くと嬉しいです。



今日もご訪問ありがとうございます。
[PR]
by parisatsuko | 2012-03-14 19:22 | 日記・・・のようなもの

引越しおわりました~~~~

8月29日。台風の合間を縫って、引越し無事終了しました。

1週間、片付けに専念して、ゴハンもろくすっぽ作らず、

す○家

だの

吉○家

だの・・・・にお世話になりっぱなしで・・・・(牛丼ばっかりやん!!)

ありがたいですね。こういうときは本当に。

野菜不足と疲れで口内炎がいっぱいできましたけど・・・・(泣!!!)

片付け自体は3日で終わったんですけど、やっぱり使いやすいようにいろいろ微調整したりとか、書類の書き換えをしたりとかで1週間。まだまだすこし電気関係の工事が残っていたりはするのですが、

やっと日常が戻ってきた感じです。

今回の家は収納がとてもたくさんあって、荷物の少ない我が家は結構収納はスカスカです。

お陰で書類の1枚1枚まで全て意識の中にあり、言われたら直ぐに取り出せる感じなので精神衛生上とてもいいのです。これが私の理想。

リフォームの時間は充分ではなかったのですが、それでも

シーズンホームの社長、Tさん、コーデュネーターのMさんと細かく細かく打合せをさせて戴き、細部まで思った通りの家が出来ました。

プロの目線でのアドバイスというのは矢張り貴重ですね。お陰で、生活していて動線がとてもよく、心地いいのです。これも私にとっては大切なポイント。

シーズンホームのページはこちら

工事が終わってからも”おねが~~い”と電話して、棚を作ってもらったり、釘を打ってもらったり・・・わがままに細かいことをお願いしたりしています。(・・・ほんとうにありがとう。)

やっぱり信頼出来て、小回り利かせてくれる業者さんっていいなぁ~~とつくづく思っているところでもあります。

新居の様子。すこしだけアップしますね。

玄関です。エッフェル塔がずらりと並んでお出迎え。

f0036481_947084.jpg


リビングは、パリの15区あたりのビストロのイメージで作りました。サイドボードのうしろにはワインの木枠を・・・

f0036481_948268.jpg


f0036481_9482179.jpg


リビングです。
f0036481_9502398.jpg


f0036481_9525766.jpg


ソファーは友人からの頂きものなんです。見るなり一目惚れ。

リビングの隅っこにパソコンスペースを。
ココもパリっぽいものを。
f0036481_9523299.jpg


こちらは私のアトリエ。庭に面しているので、とても開放感があります。
壁紙は薄いオレンジにして、南仏のシャンブル・ドット風にしました。

f0036481_9534896.jpg


f0036481_9553319.jpg


作業台をおいたらかなりがさつな仕事場になりそうですけれど。

だんなの書斎
f0036481_1062146.jpg

家が出来たら小さくてもいいので、自分が籠もれる部屋を持ちたいというのがだんなの昔からの夢。
押入れを潰して無理矢理作ったのですが、家の中で一番こだわった部屋になりました。

30センチほど高床になっています。これが日常との境を作るということで・・・・

家は中古の家をリフォーム、家具も頂き物、照明なども殆ど以前に住んでいた方からゆずりうけましたので、なかなかにエコな感じのお家です。でもどれもいいものを長年大切に使われてきたものなので、譲り受けた私も大切に、ありがたく使っていこうと思っています。

そして、たくさんの友人が気軽に集える家にしたいなぁ~~~と思っています。皆さん遊びにきてね。

家の周りは平安神宮や、美術館。鴨川ととても気持ちのいい散歩コースがたくさんあります。
気候もよくなってきた所、ちょっと、これから近所散策に行ってきますね。


もう一つのお料理だけのブログ京都でフランスおばんざい(←クリックで飛びます。)もどうぞご覧下さいね。(めちゃめちゃゆっくりの更新ですけど・・・・)

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村
↑ランキングにも参加中です。クリックしていただくとランキングが上がる仕組み。ポチッ!として頂くと嬉しいです。



今日もご訪問ありがとうございます。
[PR]
by parisatsuko | 2011-09-07 09:43 | 日記・・・のようなもの

引越し直前ですが・・・・

もう、気分的になんだかもの凄く忙しくって、なかなかブログもアップもできませんでしたぁ~~

何度も訪問いただいた方、本当にすみませんでした。

29日の引越しを控えて、なんだか忙しく過ごしています。

ダンボールつめはそうでもないの。パリから戻る時に

”自分の意識の及ばないものは全て捨てよう!!”

と発起して、超断捨離しましたし。

どんな細かい紙切れ一枚でも、みたい!使いたいと思ったら5分以内に出てくるのが理想。収納もそれを実現出来るようにしてるのです。同じ用途のものは何があっても同じ場所に片付けてもいます。

ダンボール詰めはあっという間です。

だ・け・れ・ど・も・っ!

やっぱり引越しは大変ですね。今まで海外引越しばっかりだったから楽勝楽勝!と思っていたけれど、そろえないといけない書類、処理しておかないといけないことなどがいっぱいあって、行動しなくてもいつも気持ちは焦っているというような感じです。

今年はダンナのとしまわりが悪い!ということで、いろんな所にお札をもらいに行ったり、リフォームの日取りを調整したり・・・・そんなことをしているから更にやることが多くなったりしてしまうのですけれど。

引越し自体は29日なのですが、今日はいわば

マーキングの日。

なにか?っておもうでしょ。一応この日から住み始めたということにする為に、1日だけ家族で

寝にだけ

行くのですよ。

思い起こせば私の実家もこういうことをとても気にする家でね、引越しをする時に

”方たがえ

なんていうことをしたというのは朝飯前でした。

息子達は”頭大丈夫??”なんて言いながらぶぅぶぅ怒っています。

だって、まだリフォームの途中だし、トイレもないのですっ!!

只今の家の状況。

f0036481_15171276.jpg

↑ほら。トイレとりはずしているでしょ。(笑)

f0036481_15181137.jpg

↑クローゼットを取り外して、部屋にしました。まさにビフォーアフターね。

何とか寝れる部屋に、布団を敷いて家族4人で雑魚寝です。同じ部屋で皆で寝るなんて、何年ぶりだろう。
トイレに行きたくなったらどうしよう?と恐れながらもちょっと楽しみな私です。

こんなに焦っていても、お仕事はまだまだ続いており、そちらもこなしていますよ。

8月16日は引越し前の最後のケータリングでした。相棒のSさんにお願いして、品数を2品に減らさせてもらったりして、周りにもいろいろ迷惑かけたりしています。(・・・すみません・・・・)

16日は大文字送り火。本当はこれを過ぎると夏も暑さが和らぐはずなのですが、今年はどうかな?

今日の私の2品の出し物は

大人風味のパスタサラダ
f0036481_15281998.jpg

パスタはパーティで出すとどうしてもくっついていくら美味しく出来ても悲しい結果になってしまうのですが、それを回避するワザを見つけました~~。よくあるパスタサラダですが、隠し味にマスタードとレイフォー(西洋からし)を使い、ピリッとアクセントを聞かせています。トッピングはバラの花に見立てたサーモン

ポークのハニーバルサミコ焼き
f0036481_15301453.jpg


バターソテーした豚肉とトマト、そこに蜂蜜とバルサミコ、醤油などで作ったソースを絡めます。お肉は前日からマルサラ酒、ローズマリー、キーウィ、玉ねぎでマリネしていますのでとても柔らか。

お皿は今回初お目見えしたもの。先日一目惚れして、思わず買ってしまいました。

ドイツのガラスメーカー、ナハトマンのマンボという名前のお皿です。耐熱で、熱いお肉でも平気。
実際パーティでおだししても、華を副えてくれる素敵なお皿でした。もう少し買いたそうかな?と思案中。

パーティのあと、みんなで屋上に上がって五山送り火を鑑賞しました。

今年は鑑賞というよりも、心に行き交うのは矢張り東日本大震災で被害にあわれた方たちのこと。皆、一人ひとり無意識のうちに黙祷してしまいます。

京都市は護摩木のことで色々物議をかもしだしましたが、誰が悪いわけでもなく・・・・・ちょっとマスコミが煽っている風にも感じてしまうのですが・・・

色んなことがあったけれど、京都の人も福島の人も同じ気持ちで黙祷を捧げたのだと思います。

今年は大文字の横に赤い月が浮かびました。大きな赤い月でした。赤い月は自然災害の前兆という風に言う人もいますね。なんだかすこし怖い気がしました。

f0036481_1540897.jpg


もう一つのお料理だけのブログ京都でフランスおばんざい(←クリックで飛びます。)もどうぞご覧下さいね。(めちゃめちゃゆっくりの更新ですけど・・・・)

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村
↑ランキングにも参加中です。クリックしていただくとランキングが上がる仕組み。ポチッ!として頂くと嬉しいです。



今日もご訪問ありがとうございます。
[PR]
by parisatsuko | 2011-08-18 15:42 | 日記・・・のようなもの

6月は行事がたくさんで・・・

みなさま。

こんにちは。

早いものでもう、今年の折り返し地点ですね。

只今、京都も梅雨の真っ只中。髪の毛はいつもぐしゃぐしゃで気分もなかなか明るくなりにくい、今日この頃ですが・・・

でも、この梅雨という季節があるからこそ、日本では美味しいお米が出来るそう。

秋に美味しいお米をいただくことを考えて、この季節も前向きに考えようと思っています。

6月は我が家は行事続き。

本日はその初っ端、次男TAKUMI-kunの14回目のお誕生日。

14年前ドイツの小さな町の病院で生まれた”たくみん”ももう14歳。5歳くらいのときから

”これ以上大きくならないでね・・・”なんて、思って可愛い可愛いしていた次男ももう、14歳。

14歳とは思えないくらいの童顔で、いつまでも可愛い可愛していたい

ばかっ母

の私は最近はすこし煙たがられているのですが、それでも小さいころからとても美しい心を持って、周りの空気を和ませてくれる彼の雰囲気は何ら変わってなく・・・・

忙しくて、自分を見失いそうになるときも、

”すこし手を握らしてね”

と、手を握ると、不思議と心がスゥ~~ッと穏やかになっていく気がします。

小さな頃、病気で寝込んでいた私に

”いい子ママさん、いい子ママさん”

といいながらずっと頭を撫でていてくれていたのも・・・・・

苛められているお友達を、仲間はずれにされるのが怖くて、助けることができなくて、

お心が痛い

と布団に潜ってしくしく泣いていたのも・・・・

はじめての学芸会で緊張のあまり舞台の上で泣いて寝てしまったのも・・・・

シャンゼリゼ通りで迷子になって、体中の血が逆流するほど私を慌てさせたのも・・・・

彼からもらい、私の心の柔らかい場所にある思い出は、私にとって、かけがえのない大切なモノ。

小さな頃、

”ママは大きくなったら何になりたかったの?”
と聞かれたら、大好きな映画の台詞をすこし真似て、

"タクとアキ(長男)のママ”
と答えてました。

今も同じ気持だなぁ~~~

小さな頃と同じようにバースディケーキをむしゃむしゃほおばる彼を見ながらそんなことを考えました。
f0036481_061028.jpg


20日は長男のバースディ。そして22日は私達の結婚記念日。。。と6月に行事が目白押し。

6月。忙しい毎日ですが、忙しい時こそ気持ちを落ち着け、心を失わず、そんな特別な日をゆったりと楽しみながら、過ごして行きたいなと思っています。


今日は久しぶりに


・・・・そんな女のひとりごと

でした。




もう一つのお料理だけのブログ京都でフランスおばんざい(←クリックで飛びます。)もどうぞご覧下さいね。(めちゃめちゃゆっくりの更新ですけど・・・・)

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村
↑ランキングにも参加中です。クリックしていただくとランキングが上がる仕組み。ポチッ!として頂くと嬉しいです。



今日もご訪問ありがとうございます。
[PR]
by parisatsuko | 2011-06-02 23:57 | 日記・・・のようなもの

日本での生活はじまりました。


2010年3月20日。ついに日本に帰国しました。

また一からの生活立上げです。引越し荷物の整理、書類関係の整理、子供の学校の手続き、新生活の買い物・・・・寝る間もない位やることがいっぱいあり、なかなかゆっくりと皆さんにご連絡できず、失礼しております。ごめんね。


それにしても!それにしても!日本は便利です。あらゆることに神経が行き届いてますね。パリ滞在中にも年に1度は一時帰国していたのである程度日本の

"進化”

は目の当たりにしてきたわけですが、生活してみるとほんと実感します。

ただ、進化が早すぎて、なかなかついていけない自分がいるのですが・・・・


帰国した次の日に早速  シロモノ電化製品 を買いに ビックカメラへ。

日本の家電はすごいらしい!!という噂を聞いてたのでとてもたのしみ・・・・まずは冷蔵庫と洗濯機は
as soon as possibleで要りますよね。


”どんなタイプの冷蔵庫をお探しですか?”

聞かれて、

”とにかく霜のつかないのをお願いします。”

と言ってしまう私は、今まで何十年前の冷蔵庫使ってたんですか?と思われたことでしょう。そんなの、日本の冷蔵庫ではスタンダードなんですよね。
(だって、フランスの冷蔵庫は2ヶ月に1回は霜取りしないとだめだったんですから・・・)

そんなもの凄くハードルの低いことを言ってる私にお構いなく

"プラズマクラスタ”だの、”光パワー瞬冷凍”だの"エコポイント”だの・・

           ・・・・・まさに宇宙語・・・・・・

時差ボケの直っていない頭でもあり、途中から理解不可能になりました・・・(爆!!)

洗濯機にしてもしかり・・・

”もうなんでもいい、いっちゃん(←いちばん)ええやつっ!!”

ということで冷蔵庫と洗濯機、買いました。
f0036481_23262898.jpg


f0036481_2326473.jpg

・・・茶色の冷蔵庫。店員さんに"茶色ですかぁ~~~~???ホントに??”といわれました。生活感なくって良いと思うのですけどねぇ~~~

色んな機能が付いているみたいですが、マニュアルをじっくり読む時間もないので、テキトーに使ってます。

結局、冷蔵庫はひえりゃ~~いいの。洗濯機は洗えりゃいいの!!ははは・・・

携帯電話もゲットしましたが、こちらも3行打つのに10分位かかっちゃう(!!)始末。送信する文章を喋っては
携帯鬼打ち達人(こんな言葉もあるんですって。~~~)

の長男に打ちこんでもらったりしてます。(泣!!)


家の中はまだまだ"サバイバル"状態です。なかなか暖かくならない京都の寒い家で、炬燵布団を敷布団にして寝。子供達はダンボールで作った机でお勉強・・・・・

なんだか哀愁漂う今日この頃のわが家です。

そんな中でもご飯は食べなきゃならず。買い物にも行かなきゃならず。まぁパリでは"高級食材”だった

納豆



おあげ



ちくわ

もこちらじゃ安いし、まだまだみんな有難がって食べてくれるし。我が家のバンゴハンはほぼ、納豆ご飯と焼いたお揚げです。
お陰で、日本に帰って10日で4キロダイエットにも成功!!

4月末のパリからの船便108個到着まではこんな感じで過ごさねばなりません。まぁこんな生活もきっと将来笑い話になる日がくるんだろうなぁ~~~。


・・・というわけで、元気にやっています。教室のほうも

"早く再開してね”

と生徒さんからお電話をいただいたりして、船便が届くまでの少し落ち着いた時間に、新たな企画を考えないとな~~~と思っています。

日本に戻って何よりも嬉しいのは、こうして帰るのを待っててくれた人がいたということです。ほんとうに有難いことです。

そうそう、新居は京都の伏見桃山。家の裏の坂道を上ると桃山御陵。高台にあるので、夕方、家をでると、坂道の下に伏見の町の夜景が見えます。これが少し。。。大好きなモンマルトルに似てるんです・・・と無理矢理思うことにしているのですけれどね。

f0036481_2329924.jpg


桜もほぼ満開。住宅地にもこうやってひっそりと桜が咲いています。強い風が吹くと家の中にも桜が舞い込んできます。

f0036481_23323562.jpg


たたみの上でそんな風景を眺めているとしみじみ

"日本に帰って来たんだなぁ~~~~”
と思います。まだまだここにずっと住む実感にはとぼしいのですけれど・・・
[PR]
by parisatsuko | 2010-04-05 10:03 | 日記・・・のようなもの

間にあわさなきゃ!!

5月末からの初個展を控え、ばたばたしてます。

やっと先週、作品のリストを、展示会場に送り、案内状の作成や、プレス招待の文面も考え、提出したところ・・・

展覧会をやると言うことで

絵を描いてればいいさ!!

なんて思ってたのだけど、なかなか絵を描く以外にもやらないといけないことがこまごまとあり、なんだか気ぜわしくしており、更新どころか、遊びにもいけず、お返事も遅くなり、

ごめんなさい!!

・・・出品作品は約20点、あと5点は最終段階の仕上げが待っているし、2点はまだデッサンのみ。7点掛け持ちでやってます。


ほんとに間に合うのか????あせると絵も雑になるし・・・もっと早くエンジンをかけておくべきだった!!と思っても後の祭り。

とにかくやるしかない!!

と言うわけで、家族の寝静まった後、部屋にこもり製作中。4時間睡眠でがんばっております!!(お肌もぼろぼろですわ!!)

なかなか更新も出来ませんが、そのうち展示作品を完成直前に(完成したものは展示会後でないと公表できないらしいので・・・)少しアップしたいと思っています。


いま、こんな絵の途中です。キャンバスに木目を描いて絵を飾り、布を掛け・・・・
何が仕上がるかは出来てからのおたのしみ・・・

f0036481_725195.jpg


・・・では失礼して、お絵かきにもどります!
[PR]
by parisatsuko | 2008-04-10 07:26 | 日記・・・のようなもの

マレでデート


ただいまフランスの学校、バカンス中です。
2月の今、スキー休みだって!!ほんと、バカンス天国フランスです。

ウチの場合は長男現地校、次男日本人学校で、休みの期間も全然違います。
だから、この2月の休みは次男を置いてスキーに行くわけにも行かず、毎年家でごろごろしている長男。

そんな長男を見て、

ねぇ~~ランチにでも行こうか??

と誘ってみた。そろそろ思春期ということで、母親と出かけるのももう喜んで!!というわけには行かない。そこを無理やり誘い出してマレの方まで足を伸ばし、ランチに出かけました。

最近、
コストパフォーマンスパリいち!!

と評判のビストロ、CAFE DES MUSEESへ。こちらパリ、マレ地区、ピカソ美術館カルナバレ美術館の近く。だからお店の名前もCAFE DES MUSEESつまり美術館のカフェです。。店は本当に典型的なパリのビストロっていう雰囲気の小さなお店。パリの雰囲気バツグン!!

f0036481_2231612.jpg


(↑外観の写真撮り忘れたので”ぐるなび海外版”からお借りしました)


・・・・と思いきや、一歩お店の中に入ると、
日本人のサービスの方がいらして、

今日のオススメは・・・・

とすべて日本語で説明してくださる。で、お客さんもまぁこの日は8割日本人!!聞くと厨房にも何人か日本人の方が働いていらっしゃるとか!!すごいです!!

ブラボー ジャポネ049.gif

です。聞くと今パリ特集と名打つ雑誌にはほとんどこのレストランが載っているらしいですね。

そうそう・・・本日のメニューはこんな感じ。

前菜 シャンピニオンのクリームスープ
f0036481_2261883.jpg


メイン 子牛肉の南仏風煮込み、クロオリーブ風味のパスタ添え
f0036481_2264840.jpg


なんと!!この前菜、メインのセットで13.5ユーロ。(1800円くらいかしら??)ちょっとしたビストロでも前菜だけで15~20ユーロとかしてしまう、このパリでこのお値段は

破格!!

その上、すごくおいしい。子牛肉なんてとろとろのうまうま。ガッツリ食べれて、夕ごはんは軽くすむ!!(←これはちょっとせこいわ!!)なんてことで本当にコストパフォーマンスパリ1と言うのがうなずけます。

       CAFE DES MUSEES
49 RUE DE TURENNE 75003 PARIS
TEL 0142729617
                      で、無休!!えらい!!
   とても人気店になっているのでお昼でも予約が要りそうです。


それにしても、ここに限らず、最近おいしいなぁ~~って思うレストラン、結構な率で日本人が働いてらっしゃる。同じ日本人だと思うとなんだかとってもうれしい。

結局おなかいっぱいになって食べれなかった、パスタ半分は長男が平らげました。

少しまえまではママ!!もう食べれない

って言ってたものを私がもったいない!!って食べてたよなぁ~~


”ママ、手をつないでちょうだいよぉ~~~”
と追っかけてきた長男も

さっ!もうウインドウショッピングしないで、家にかえろ!!ママは見たらほしくなるでしょ!!
なんて、さっさと私を置いてきぼりにしてズンズン前を歩いてる・・・

久しぶりに一緒に出かけると、一応フランスの男っぽく、ドアを開けて私が通るのをまっててくれたり、お水をついでくれたり・・・

それなりにフランスの女の子にもまれてるんだぁ~~
というのもうかがえる。

頼もしいような、寂しいような・・・

正直言うと、

 寂しいなぁ > 頼もしい!!

かな??母としては・・・

もうあと少ししたら、こうやって一緒にランチなんかにも来てくれないんだろうなぁ~~
つい最近まで手をつないで歩くのが大好きだったキミなのになぁ~~~


なんて、この街に春一番が吹いた日、すたこらと私の前を歩いていく息子の背中を見ながらシミジミと思う私でありました。

f0036481_2284767.jpg

お~~い!!キミはどこに行くのかなぁ~~~
[PR]
by parisatsuko | 2008-03-05 02:03 | 日記・・・のようなもの

かきぞめ in ルーブル


みなさま、あけましておめでとうございます。
新しい2008年がみなさんにとって、幸多い1年になりますように。

今年もどうぞよろしくおねがいいたします。

-------------------------

ふぅ~~(いきなりためいき・・・)

お正月になるといつも感じるのですが、

やっぱりお正月は日本だなぁ~~

って・・・パリのお正月は単に

1年の始まりの日だからまぁお休みしとくっか!!


大晦日、飲みすぎたから今日は1日寝とこ!!


・・・くらいのもので、あの日本のと空気の張り詰めたようなお正月の感じはありません。

人生はめぐりめぐるもの・・・

という観念もフランスにはないようだし、

1年の計は元旦にあり

なんて意識もない。

そんな空気に流されてだらだらと日本から送ってきたおわらいDVDなんぞ見まくり、そこはかとなくむなし~~~~ぃ気分になったりするのですが、今年は

書き初めでもやろう!!

と、思い立ち、家族でルーブル美術館年始描き初め大会(??)なるものに子供とともに行って参りました。(ダンナYASHUSHIくんはおうちで寝正月。。。)

あくまで書き初めではなく描き初めなんですけどね・・・


この講座は前回の記事でアップしたルーブルの講座の一つ。こんな風に親子で気軽に1日だけ参加できる講座と言うのもあるのです。講座料金は基本的にタダ!!美術館の入場料のみで参加できます。当日参加も可能なのですが、結構人気なので事前の予約をしておいたほうがよさそうです。


今回のテーマは”VEGETATION"(ベジタシオン)・・つまり、植物をモチーフにした絵ということです。

子供参加と言うことなのですが結構内容はアカデミックです。

ルーブルの中にある植物をモチーフにした作品の前で、作品から感じるインスピレーションを絵にしていくと言うもの。1点につき与えられる時間は15分~20分。その中で自分が何を感じてそれを短時間でどう表現するかという感性を目覚めさせると言うのがこの講座の狙い、だから、決してうまく描く必要はないのです。

こうやって文章にしてみると何やらとても難しいことのようですが、やはりルーブルにおいてある一流の作品はじっと眺めていると何かを話かけてくるのですね。まさに作品との会話です。


f0036481_20164242.jpg

      ↑こんな風に画板と椅子をもって作品と作品の間を移動。


そして作品と会話しながら描いて行きます。与えられる時間は20分なので細かく描く時間と言うのはもちろんありません。

f0036481_20173618.jpg


描くマテリアルも、コンテだったり、鉛筆だったり筆ペンだったり、金のマーカーだったり、マテリアルによっても出来あがりの感じが違うと言うのがよくわかります。


f0036481_20194185.jpg


例えばこういうタペストリーの前で、ここから光と影を感じて自分なりに表現しなさい。などというお題が出るのです。

・・・・と言うわけで私達が感じたものを絵にしたのがこちら・・・・慣れてないと制限時間ばかりに気をとられてなかなかうまく描くことはできないのですが・・・・

f0036481_2018786.jpg


f0036481_20184241.jpg


f0036481_2019589.jpg


その後は、おうちに帰ってお雑煮。

ちなみにふるさと京都のお雑煮はこんな感じ。
f0036481_2021255.jpg


1月1日は頭芋京にんじん祝い大根まるもち
の入ったあま~~い白味噌のお雑煮です。

頭芋は頭になりますように・・・という願いと、昔はお餅というのがとても貴重だったので、お餅代わりになんとなく食感のもちもちしている頭芋をお餅の代わりに食べたと言うのがもともとらしいですよ。

頭芋↓
f0036481_20221326.jpg

あらかじめ米のとぎ汁なんかで下茹でしておいて、白みその中で少し温め、いただくときはまったりとした白味噌汁に少しづつ崩しながらいただきます。

京都の元旦のお雑煮。
人さまと争いをおこさないように・・・角をたてないように・・・。と縁起をかつぎ、すべての具材の角は面取りしてとらないといけません。

白味噌は買ってきたままのものではなく、白味噌みりん砂糖卵の黄身酒かす和がらしなどでみそ床を前日に作っておいて、そちらを使います。結構手間のかかるものなのですね。
f0036481_2024429.jpg



そしてお正月の2日はお雑煮、こちらには焼きもち焼いた鶏肉ほうれんそうかまぼこゆずなどを入れます。
f0036481_20253085.jpg


ちょうど旦那”YASUSHIくん”が年末に日本出張だったので、材料はすべて錦市場
で調達!!!おかげさまで、とても贅沢なお正月3が日でした。

YASUSHIくん!!いつもお買い物ごくろうごくろう!!(な~~んちゃって!!)


あ!元旦と言えばこのブログの誕生日でもあるのです。ブログを始めて2年。ブログを通して本当にいろんな方とお話させていただいたり、実際にお会いしたりして、とても楽しいブログ生活をおくらせていただいています。

どうぞ皆様、ブログ3年目もよろしくお願いいたします。
[PR]
by parisatsuko | 2008-01-04 05:44 | 日記・・・のようなもの

歌舞伎 in PARIS


1週間前になりますが、パリオペラ座で歌舞伎を見てきました。

オペラにはま~~~ったく興味のない私。

オペラ大好きの日本の友達から

なんてもったいな~~い。

と言われ続けて10年あまり・・・(??)はじめてオペラ座に足を踏み入れました。

私のオペラ座デビューはなんと日本の歌舞伎です。

市川団十郎、海老蔵親子の

勧進帳紅葉狩り

実は私歌舞伎鑑賞というのも2回目くらいのモンで、詳しいことは解りません。前に日本で一度見たときは後半ほとんど寝てたからなぁ~~~。でもここパリのオペラ座で日本の伝統芸能でもある歌舞伎が上演されると聞き、私の

ミーハー魂さわぎました!!

予約開始の日にインターネットで予約をしてみたんだけど、あっという間にソールドアウト!!

やっぱりこういう話題の舞台はチケットもなかなかとれないのねぇ~~あきらめるか!!
と思っていたらお友達の日本大好きマダム、カトリーヌちゃんから電話があり、

歌舞伎の券とれたんだよぉ~~一緒にいこうよ!!

とお誘いが。

というわけでカトリーヌちゃんのダーリンも誘って3人で歌舞伎、見に行ってきました。

オペラ座を入ってすぐの階段。この階段を上るその1段目から気分が盛り上がるような螺旋階段!!今日はさすがに着物姿の人たちがいっぱいです。

f0036481_5524310.jpg


え~~っと。私たちの席はどこ??

とチケットを見ると。4階だって・・・
案内のお兄さんに示された場所は・・・

ひょえ~~~お~ち~~るぅ~~
f0036481_612134.jpg


目もくらみそうなほど高い席。(そのかわり値段は安い・・・)下を見下ろすとこんなかんじ・・・日本人とフランス人半々って感じかな?

それにしてもこの席、

舞台が終わるまで落ちないように気をつけようね。
などと話しながら。何度かそぉ~~っと下のほうをのぞいては背筋をゾクゾクさせておりました。

結構高いところは好きなんですけどねぇ~~~

で、こんな席から見る舞台はというと、

f0036481_5592737.jpg


上の方にフランス語字幕が出ています。

この舞台は勧進帳ですね。この次に役者さんの口上がくるんですが、それが歌舞伎口調でフランス語での口上。まったく間違うこともなく、つかえることもなく、すらすらとフランス語で口上を何も見ずにされた役者さんたち。
やるからには完璧にこなすという役者魂を感じました。これには周りのフランス人も

驚きとともに”ブラボー、ブラボー”の連発。

この口上のあとは紅葉狩りがくるのですが、勧進帳が終わった時点で

場内で写真撮影をされている方!!撮影は堅くおことわりします。

というアナウンスが・・・

あれっ??それってわたしのことかしら???へへへ・・・

なんてとぼけながらもこの後は写真を撮るのを断念して、舞台に見入っておりました。

終わったあとはフランス人も日本人もみんなが一緒になって感動を与えてくれた役者さんたちに惜しみない拍手を送り、何度も幕があきました。
私の周りに座っていたフランス人も一緒に行ったカトリーヌちゃんも、

日本人ってすばらしいね。こんなにすばらしい舞台を生まれて初めて見た。
なんてすごく感動していた。


今回の席は↑のようにかなり高いところで、そのうえ狭く、また体をひねって舞台を見ていたので、次の日、筋肉痛になるというおまけつきでしたけどね~~~。



ミーハーな気分で行った私でしたが、こうやって日本の芸能がフランスの芸術の最高のものを鑑賞できるというオペラ座でみれたことは、日本人としてとてもうれしいことでした。そしてセリフの意味が完全に理解できなくてもその舞台の美しさに知らず知らず惹かれていく自分がいました

今まで歌舞伎なんてかったるい~~~
なんて思ってたんですが、これを機会に少しいろいろしりたくなり、シャンゼリゼのエスパス三越という小さなミュージアムでやっている、歌舞伎のコンフェランスにも参加して少し勉強してきました。

f0036481_620273.jpg


主に衣装のことについての説明だったんですが、それぞれの衣装に描かれている模様や、衣装の着方が役の性格や心情までも現しているというお話は本当に興味深いものでした。日本人の私が全く知らないことをちゃんと勉強してきて、質問をいっぱい投げかけているフランス人のマダムたちの好奇心旺盛さにもちょっと圧倒されて帰ってきた私でした。


今回の歌舞伎オペラ座公演のパンフレットです。
f0036481_6231541.jpg


う~~ん。粋だねぇ~~

いよっ!成田屋!!
[PR]
by parisatsuko | 2007-04-01 05:52 | 日記・・・のようなもの


パリ生活10年にピリオド。京都で絵の教室と、お料理の活動をやっています。


by parisatsuko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
京都のこと
お料理
地図のないパリ散歩
私の作品 など
美味しいパリ
フランスで見つけたもの
暮らし
旅行記
お料理教室
日記・・・のようなもの
バトン
京都
ギャラリー Mon prefere
未分類

以前の記事

2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 05月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月

お気に入りブログ

フランス存在日記
パリときどきバブー  f...
*petit a pet...
パリでリラックス
My funny Val...
JOURNAL Le C...
ドイツでTea Time
だらっとブログ
まめころりやおき
Hillside Kit...
代官山だより♪
La Vita Tosc...
Sapin mon to...
mimi,jean,pe...
En fin de jour
色彩の力 杉並幸せ探しの...
エキサイトブログヘルプ
pour toujours
沖縄のお菓子教室、和食教...
パリ日記♪  着物でパリ
Chéris-1et3-話
エリオットゆかりの美味し...
着物でパリ
Ça m'est res...
ようこそ!
Kanaboの気まぐれM...
paris-atsuko...
パリでドルチェ・ビータ
京都でフランスおばんざい

ライフログ


DREAM PRICE 1000 南佳孝 モンロー・ウォーク


Modern Belly Dance from Egypt


ベスト・アンコール


KIHACHI四季のレシピ集 (4) 冬

検索

タグ

(49)
(30)
(15)
(14)
(12)
(9)
(8)
(5)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理・レシピ
レストラン・飲食店

画像一覧