<   2006年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2月25日(土) オットご飯(異種格闘技的肉のレタスづつみ)


 今日は土曜日・・・朝から下の子のサッカー観戦(さむ~~かった)。昼から上の子の土曜学習に付き添い・・こんな風に土曜日はいつもバタバタ、イソイソている。
 
 夕食のメニューは月曜日に1週間分決めて買い物を済ませ、冷蔵庫の横に張ってあるのだが、これで"何を食べよう~~”と迷うことなく、すぐに食事の用意に取り掛かれることもあれば、

今日の献立するにはもう、時間的にも体力的にも無理しんどすぎ~~

ってこともある。

マサニに、今日はそう!!

今日のメニューはなんだっけ?出来れば簡単なものですませたいよなぁ~~~

なんて思って献立表を見ると。なんと今日は

りんごとマッシュルームのサラダアンディーブのカナッペ
にんじんのクリームスープ豚肉の蜂蜜ロースト

だった。

頭クラクラァ~~~

これからマッシュルームいためて、りんごを5ミリ角に切って、豚肉に蜂蜜ソース塗って、にんじんも茹でて裏ごしして・・・・

なんて、手順を考えただけでソファーにたおれこんでしまった。


けど、宅配ピザってかんじじゃないしなぁ~~~
なんて、ぶつぶつ言ってると・・・

なんか、作ってみようかなぁ~~
             ・・・とダンナ登場。

お~~神様仏様だんなさまぁ~~~
料理をすることは滅多にないシトなのだが、ちょっと楽しみに待ってみることにした・・・

----ここから実況中継いかしてもらいます。(出来れば古館伊知郎風に・・・)

お~~っと。まず冷蔵庫から出したのはぁ~~

アンディーブゥゥゥゥ~~~

水で洗って一つずつはがして、冷水につけて

パリィ~~~シャキ~~ン!!

レタスも同様いってみよぉ~~

で~~次の選手はぁ~~~

お~~手でつかんだら最後。洗ってもなかなか取れない粘るヤツ!!

納っ豆だぁ~~~

それに・・・お肌によし、おなかによしの真っ赤な顔のシャイなヤツ・・・

うめぼしぃ~~

うぉ~~みじんぎりだぁ~~~

これを一体何に使うんでありまししょうか?とおもってるとまたもや冷蔵庫からひっぱりだしてきたのは。。。
庶民の味方、

あいびきにくぅ~~~~~

お~つ。まずフライパンにサラダ油を引いたら合いびき肉をいためはじめました!!
そして色が変わったところで

なな!!なんとそこに納豆をドバドバと入れ始めたではありませんかぁ!!
そして、そのうえうめぼしまでぇ~~~

高いところからすこしかっこつけて、こしょうをふり~の・・・

お~っと、くしゃみを一発。フライパンに入ってないことをねがうばかりだぁ~~

ポン酢を少したらし~~の、最後に醤油をたらし~~の

できあがりだぁ~~~~
納豆、合いびき肉、梅干・・・まさに食品界の異種格闘技でありましたぁ~~~~

できたもの・・・
[PR]
by parisatsuko | 2006-02-27 01:56 | 日記・・・のようなもの

2月23日(木) サンジェルマンからモンパルナスへ洋服を買いに・・・



明日は下の子の参観日・・・

前日になって気が付いた!!

着ていく服が

な~~~~い

服はクローゼットを開けると引っ張り出すのに苦労するくらいあるのだが、これは質より量なだけ。日本に居る頃狂うように買った"セシルマグビー”の派手なロゴTシャツとか、クラッシュジーンズとか、ベリーダンスをやってる関係で”オーヤンフィィ~フイィ~”的カットソーとか・・・そんなんばっかりのカオス状態

こんなもん着て行って参観日で"雨の御堂大筋”歌ってる場合ちゃうで!!

    ・・・・・ん・・あはは。わたしって上手いこと言うやん!ブログに書こう!!


な~~んて一人で受けてる場合じゃない!!

参観日は明日なのよぉ~~~

近所のママ友から

参観日ってVERYかSTORYの世界らしいよ。

なんて話も聞かされていた。なんせ、こちらにきてからはじめての参観日です。(前回2回とも子供が熱を出していけなかったもん)ちょっとは気合を入れていかなくっちゃね。

で、わたしの一番お馴染みの買い物スポット
サンジェルマン・デ・プレからモンパルナス辺りに行くことに決定!!

といってもデ・プレの"プラダ”や"ソニアリキエル”や”セリーヌ”なんてわたしには関係のない場所。行くのはやっぱり”ZARA"系・・・
このサンジェルマン・デ・プレからモンパルナスとつながる道は、”ZARA"→ブランドストック通り→"H&M"→"PROMOD"→→またも"ZARA"→"KOOKAI"→"PINKY"→"MORGAN"→"MANGO"→しつこく"ZARA"→"JENNYFER"と続くちょっと平常心を失う通り・・・まあ一つ一つはそんなに高くなくてもあれよこれよと買ってて、かえってカードの精算をしてみると

"タイヘ~~ン。明日から暫くフライドポテトォ~~”

ってはめになってしまう。危険な通りである。

朝の10時開店と同時に"ZARA”に駆け込む。

スパンコールのついたオフホワイトのカーディガンが35ユーロ(1ユーロ142円くらい)う~~んわるくない。でもちょっとカーディの素材がこれからの季節には重いね・・・却下!!

ブランドストック通りはちょっとオバサンぽいのしか目に入らず素通り・・
   (というあんたはどうなのさ!!って話よ・・・)

H&Mにて、茶色のパーカー購入!!
これって参観日関係ないやん!!・・・まあええか!!これはセシルマグビーのGジャンにあわせるととってもかわゆい!!ついでにコーラル色のタンクトップ6ユーロもいっとこ!!茶色のパーカーの下に着るとコントラストがとても素敵・・・さてつぎいってみよぉ~~~

PINKYにて、ショッキングピンクのセーター購入。ついでにそれにあうフォークロア風の大ぶりネックレスもGET!!さ~~次いってみよ~~

あ!そうだネールケアのオイルがいるんだった、指には年齢出るもんね。しっかりケアケア
というわけで"PARASHOP"(日本で言うとマツモトキヨシ・・・かな?)で”MAVALA"のネールオイルお買い上げ!!!

次・・・KOOKAIにて。
あそこの棚で紫と茶色の間の微妙な色のカシュクールカーディガンがわたしを呼んでいる。これはGパンにもあうし、白のパンツにもあう。これはいるいる!!そしてその下に着るのにあ!!この紺色にピンクのレースの縁取りがしてあるカットソーめっちゃ素敵!!これとあわせて着られるね。。お値段も・・・・・両方で75ユーロ。よしよし買ってあげるからね。一緒におうちにかえりましょ


と・・・ここで・・・

わたし何しに来たんだろう???

そうだ!!今日は参観日に着ていく”ちゃんとした"服買いにきたんだったよ~~

探さなきゃ!!でも・・参観日にきている服って一体どんなん?最近VERYもSTORYも読んでないのでファッションのことにはかなり疎いかもしれない。でもスーツってわたしにはにあわないし・・・第一フランスにあまり日本にあるような女性のスーツってもの自体売ってないような気がする。


何を買おう~~~?ダンスの服とかなら、すぐ想像できるけど参観日の服は想像できない~~~

で、こんなん買いましたけどぉ~~~
[PR]
by parisatsuko | 2006-02-24 07:02 | 日記・・・のようなもの

2月18日(土)  ついに買った!!



 先週に引き続きまたマルシェのおはなし。

 フランスのマルシェのお買い物デビューの時わたしが一番びっくりしたのは

お肉やさん!!



ちょうどその頃はジビエ(野生動物、鹿とかきじとか・・・)の季節で、お肉屋さんの店先に、先ほど山でしとめてきました。というようなまだ毛もついたまんまのきじハトがぶら~~~んとぶら下げられていた。そしてその横には半身に切られたやぎ・・・

ヒョエ~~~

横のショーウインドウにならんでいる鶏肉のささみもきっとこれらと同じまな板の上で切ったのねぇ~~~と思うと、ささみすらも買えないわたしだった。

まあ今やなれたもので鶏肉の骨もボキボキ自分で折っちゃうし、豚足ちゃんも

まぁ~~あんたいい爪してるわねぇ~~

なんてもんである。

でもね、どうしても食べたいけどどうしても買えないものっていうのがまだいくつかあった。



これもその一つ・・・・
f0036481_8163954.jpg













langue de beuf.....牛ちゃんの舌~~~~(気分が悪くなった方・・ごめんね)

焼肉を食べに行くと"牛タン”を一番に3皿注文!!というのが我が家の不文律(???)
そして、締めくくりにもう一回"牛タン”を注文するくらいの牛タン家族なのであ~~る。

すき焼き用にお肉の薄切りをしてくれるお店は何軒か出来たが、牛タンを薄切りで売っているお店はない!!食べたけりゃ、焼肉やサンに行かなきゃなんないけどこれがまたえらく

お高~~い


ところがマルシェでこの牛タンが一本まるまる

ボ~~ン

と売ってる!!

”これ買ったら死ぬほど牛タン食べれるぞ~~~”

と思ってた。


でもでも、これ・・・めっちゃきしょくわるぃ~~~


今日もお店の前をうろうろしながら

"気色わるぅ~~~でも・・・・(と家族で牛タンを踊り食いしている姿をおもいうかべるわたし・・・)


”そうだ!!あの分厚い皮をお店の人にむいてもらえば大丈夫だよねぇ~~~”

そうだそうだ!!わたしって何てバカ!!今まで何を悩んでたんだろう。この皮をお店のおじさんに"シルブプレ”ってむいてもらえばいいんだよぉ~~どうしてそんなことに気付かなかったんだろう・・・

 とてもいい考えが浮かんでルンルン

♪今日はタン塩~~今日はタン塩~塩タン塩タン~~タンタカタ~~ン♪

な~~んて即興の歌まで作って頭の中でうたったりして・・・


”ボンジュ~ル、今日は牛の舌いただきますわぁ。そうそう、その少し霜降りになってるのね、で、この分厚い皮も、むいて頂戴ね。”

”・・・え??この皮はね普通茹でてからむくもんだんだよ。

”そうかぁ!!そうだよね!!フランス人は塩タンなんて食べないんだったぁ!!
牛の舌は茹でたりシチューにしたりして食べるのね。”

そう思っている間にもおじさんはにこにこしながらタンの料理法を説明しながらつつみだした。

日本人はこれを生のままうす~~く気ってレモンと塩でたべるの。とてもおいしいんだよ。

”ア、ボン(あっそう!!)美味しそうだけど、先ほど説明した煮込みの方がいいよ。ここはフランスだからね。今日は煮込みにしときな!!

って・・・

”あ!ムッシューのいう通りね。フランスじゃフランス風に食べないとね。わかった。今日はじゃあフランス風で行くわ。いいレシピをありがと”

な~~んて調子いいことをいってしまった、気の弱いわたし。煮込みなんてする気全然ないくせに・・・

・・・・というわけで牛の舌、買いました・・・・15ユーロ也

”仕方ない。牛の舌の皮自分でむくっか”



家に帰っておそるおそるあけてみる・・・・

”ひゃぁ~~この舌についてる皮・・・ぶつぶつしてて、毛まではえてる~~~~こわ~ぃ~~~~”

って、見るのもおぞましい風体をしておられる・・・そいでもって今にも動き出しそう・・・
(アップしたこの写真もフォークをつかって位置を動かしたの)

一度袋をとじて、深呼吸・・・

せっかく買ったんだし、皮をむかなきゃ!!と思って"舌の入ってる袋”を再度開けてみるが・・・

やっぱり怖くて"パタッ”っと閉じる。

そして気付く、今家の中にはわたしとこの舌の"二人”だけ・・・、もしいまここでもぞもぞこいつがうごきだしたら・・・・・キャ~~~~~怖い!!怖い!!こわすぎるぅ~~~

"そうだ、ダンナにやってもらおう”

もう、これしかないよね。

仕事で外出中のダンナにでんわ・・・


”あのさぁ~~ちょっと早くかえってきてくれるぅ??”

"早く帰ってきてねぇ・・”なんて何年ぶりのセリフだろう・・・ 勿論

"牛タンむいてくれぃ~~”なんてことは言わない。

帰ってきたダンナもさすがに絶句!!でも家族いち牛タン好きの彼。せっせとプチナイフで皮をむいてました。これが結構難しい。この皮お肉にぴっちり張り付いてるんですよね。だから結構お肉の部分も捨ててしまうことになり、悔しかった・・・

で、それを一度冷凍して、半解凍して、フランスに住む日本人の必需品(!!)、お肉スライサーで1ミリに薄切り・・・


f0036481_8174369.jpg

で、出来たのがこちら
[PR]
by parisatsuko | 2006-02-19 07:30 | お料理

2月11日(土) マルシェで女の生きる国について考えた


わたしが住んでるのはブローニュ・ビヤンクール市というところ。パリ市の少し郊外・・・
まあ京都がパリ市だとしたら長岡京市ってとこかな?(ローカルな話でスミマセン・・)
そうそう。ブローニュの森で有名なあのブローニュです。


f0036481_5594093.jpg
今日は土曜日。土曜日には近所にマルシェ(朝市)がたつ。この近所のマルシェがとてもいい。
イタリアン食材の店、アラブ系の食材の店、レバノン料理のテイクアウト、イタリアンエスプレッソのスタンド、カルツオーネの屋台なんかもあって、ブローニュの一番のお気に入りの場所でもある。

お肉やお魚、野菜などのはスーパーマーケットとは比べ物にならないくらい鮮度も品質もいいし、生鮮食料品だけはマルシェで買うことにしている。

この町に住んで約半年。マルシェでもおなじみのお店ができ、行くとなじみの八百屋のおじさんが

『ボンジュ~ルマドモアゼ~~ル今日はにんじんいかが?あなたをより美しくしますよ。』

なんて声をかけてくれるのもまたうれし・・・

”マドモアゼルなんてまああんた!!嬉しいこと入ってくれるじゃん!!より美しく?まぁ!!まあぁ~~~なんて正直なムッシューなの?(・・・・)にんじん?買う買う!!”

なんてつい口車に乗せられて買ってしまうのだが。。。

しわくちゃのおばあさんも結構ちゃんとお化粧して、身なりも整えてお買い物にきてるし、お店のおじさんもそういうマダムに

『今日はお化粧ちょっと変えましたね。その口紅もおにあいですよ。マダム』

なんて声をかけている。

この間も、お肉屋さんのおじさんにステーキ用に家族4人用にお肉を切ってね。と頼んだら

『マダム??結婚してるの?あ~~残念だぁ!!もし旦那さんと別れたらデートしてね』

な~~んて、

こんな風に女の人に声をかけてる。営業トークとわかっちゃいてもやっぱりなんだか嬉しくなって(こんなこと日本ではなかったからね。)ついついちょっとおめかしして、マルシェに行ったりしてね。

やっぱり、フランスは

アム~ル

の国だ!!といつも強く思うのでした。
そして、そんな

女の人がいつまでお女の人として扱われる

フランスが結構好きです。

このマルシェには食料品だけでなく、服や鞄やバック、下着など何でも売ってる。
多分何処かのお店の在庫落ちになったものとかだと思うんだけど、これが信じれん安さ!!

その下着なんかとても派手でね。真っ赤のシースルーとか紐パンとか・・・八百屋さんの隣にシースルーのパンツがバ~~ンと青空になびいて売ってたりする。
その真っ赤のシースルーパンツを、野菜やお肉を片手のおばさんが(たまに水戸泉みたいなおばさんが買ったりするのでたまげる・・・)あ~でもないこ~でもないとおみせのおじさんと話しながら買ってる。(これはちょっとわたしには出来ない芸当・・・)

『このひとも女すててないんだぁ~~』とそんな水戸泉オバサンを見ながら感慨にふけってしまうわたしなのでありました。

ところで今日はこんなものゲットしちゃいました。パンツか??
[PR]
by parisatsuko | 2006-02-13 08:29 | 暮らし

2月9日 ”性格バトン”受け取りました。

f0036481_1858348.jpg

 いつも”おわらいネタ”をふり、ふられのわたしの大事な”ツッコミ友達”le cahier blueさんから”性格バトン”というものを受け取りました。バトンなので次にまたどなたかにバトンがわたると思いますので回ってきた折にはどうぞ宜しくお願いします。

 なかなか自分の性格をゆっくり考えるのは難しいもの・・・バトンを受け取ってから走り出すまでなかなか時間がかかってしまいました。

 あ!この”性格バトン”別名イケメンバトンともいいます。美しい写真をご覧になりたい方は次のページだけ見ていただいてもオッケイヨォ~~~

 ほな!いこかぁ~~~

Q1. あなたは穏やか? 大人しい人?

 え~~のっけから難しいご質問を・・・・
 自分ではよく分からないわあ。わたしって大人しい?騒がしい?

 まあ時と場合かな?周りの状況もあるしね。一人浮かないように適当に大人しく、適当にがやがやいつもやってます。


Q2.あなたの性格に相応しい単語を5つ

1.いらち
  これって関西弁独特のいいまわし。ゆったりできない性格のこと言います。すぐいらいらするナーバスな性格っていう意味ではないんですよね。 

2.貧乏性 
 いつもばたばた動き回ってます・・・

3.段取り魔  1週間の献立は月曜日に全て決定、旅行の予定は分刻み・・・
 これもまた自分で自分の首しめます・・・・


4.掃除好き  ん??これって性格??休みの日とか、朝起きて一番に掃除、トイレ掃除・・・そしてまた寝る・・・変なのぉ~~

そんで、こんな私は↓の様な生活送りがちなんです。

-----------------

昼下がり・・・静かにゆれる薄いカーテンの風間から木漏れ日を見ながらゆっくりお茶・・・
なんてのにえらくくあこがれてるわたし・・・今日もお茶をもって窓辺に来たまではよかった。

 『あ!!火止めるの忘れた!!』

立ち上がって台所に火を確認・・・・止めてたとめてた・・・

オッケイオッケイ!よ~~しもうここから動かずに木漏れ日みつめるぞぉ~~(なんでそんなに気合入るねん!!ソファーに座るくらいで・・・)

『あ!!ばんごはんの豚肉解凍したかなぁ・・・』


台所に確認に行くためまた立ち上がる

『なんか冷蔵庫に手垢ついてるなぁ』

ぞうきんしぼってごしごし・・・ついでに床もごしごし・・・

『あ!雑巾の糸がほつれてる・・』

裁縫箱を出してきて糸で雑巾をちくちく・・・

『えっと・・・ところで・・・わたし・・・あ?お茶のんでたんやぁ』


リビングで待ってたものはすっかり日の暮れた外の風景と、こつめたいお茶・・・・

『もう!いや!こんなわたし・・・もうお茶なんて捨ててやる~~~』

流しにジャ~~~~

『あ~~その辺に汁が飛び散ってしもたぁ!!』
またその辺掃除始めるわたし。

いつになったらゆっくり紅茶のめるんやぁ~~~
と自分で自分に突っ込みいれるという生活しがちなんです。

あ!あと一つね。

旦那にはよく
男っぽい性格といわれます。占いでも

『性格は男やね。竹を割ったような性格ですよおじょう~~さん』(何故太字??)

といつも言われます。

Q3. 好きな友達のタイプ

●男女問わず自分の事をきっちり語れる人・・自分の世界や美意識をきっちり持ってる人
・・・・・例えば男の人なら会社を離れても、女の人なら家庭や子供という存在を離れても自分の世界がある人

●嘘を言わない人、

●いつまでも男であること女であることを忘れずに楽しんでいる人

・・・というような友達がたくさんわたしの周りにはいて、刺激を受けることが多いです。

●よく食べてよく笑う人。
     一緒に食事をして同じものを美味しいって思える人って絶対に気があうひとと思ってます。

Q4. 嫌いな友達のタイプ


“空気読めやぁ~~~”ってつい突っ込みたくなる人とか・・・
冬ソナのチェリンみたいな女友達とか・・・(すみません。古くって。わたし最近見たもんで・・・ちょっとはまってしまったもので・・・でもあんなの実際にはいないよねぇ

5.立ち直りははやいですか?

上の“男らしい性格”ってこれかも!!

へこむことも多いですが、おめでたいプラス思考なのでとにかく立ち直りはやいですよぉ~~
”おきあがりこぶし”です。”7転び10起き”です。

Q6. 恋人にしたいタイプは?

イケメンでめっちゃ性格悪い か、ゲロ面(?)でめっちゃ性格がいい かどっちかと二者選択を問われれば、

勿論前者ですわ。恋人ならね。でも結婚となると・・・前者もきついね。
・・・・・・・修道院でも入ります。

番外Q 内面とは全く関係なく、好きなタレントは?

 それは・・・それは・・そ~れ~は~~~じゃ~~ん
新旧取り揃えてご用意させていただきました。



そうぞごらんくださいませ~~~
[PR]
by parisatsuko | 2006-02-09 19:29 | 日記・・・のようなもの

2月2日(木) どたばた髪切り日記(美容院はしご)

今回は長いお話ですけど・・・・
\\\\\\\\\\\\\\\\\

 フランスでカット・・・どこで切ってもきっとお洒落なんだろうなぁ~~~なんて思いがちだけど、実はなかなかそうでもない。

 友達にも『日本人の美容院に言った方がいいよ。』とすすめられる。

まあそれでも好奇心で一度フランスのサロンに行ったことがある。その時の苦い思い出でもうそれ以来日本人経営のサロンにしか行かなくなったんだけど・・・

 なんせシャンプーしてるとき水がバンバン顔や服にはとぶわ、途中でボイラーが壊れてお湯がぬるくなるわ・・・それでもサロンのマダムは

”あらら・・・ごめんなさいねぇ。でも セ・ラ・ビィ(これも人生)よ。”

 と涼しい顔。

 ”セ・ラ・ビィちゃうでぇ!サビィやでぇ~~~”
               (エッと・・寒びぃ~~とサビィかけてます・・・いちおう)

とつっこも・・・・・・うかと思ったが。そんな関西のオッサン的ツッコミがフランス人マダムに通じるわけもなく。鼻水出しながらカット開始。こけしみたいな私が完成しました・・・・(チャンチャン!!)

 この経験がトラウマになり二度とフランスのカットサロンをくぐれない体になってしまった。(ちょっとおおげさ。)


 フランスにきてから水と乾燥のせいで物凄く髪の毛が痛み、その上、たまに”お蝶婦人的縦巻きロール”とかしてたから髪の毛が全て枝毛状態!!

 迷って迷って結局肩下25センチあった髪の毛をばっさり切り落とすことに決心した。

\\\\\\\\\

というわけでやってきました。美容院。

”なかなかナウい(古)いい感じのお店。ここで今日からすっきりした私に生まれ変わるのよ。ウフッ!フランス人ムッシューにお茶にさそわれるかもしれないわ!!ぐふふふふ・・・”

なんてまたいつもの想像癖が・・・が、しかし鏡の前に座った私の前に現れたのは・・・

頭がばばば・・・爆発している美容師さん。昔の笑福亭ツルベ師匠゙かクリスタルキングのボーカルの高音の人っていうような髪型をしておられる・・いまどきアフロヘアって・・・あんた・・・

”パパイヤ鈴木か君くらいのもんやぁ~~”

って心で突っ込みましたよ。まあ美意識も好みも人それぞれだしそれは認めるんだけど、でも
パパイヤ君に切られるのは、きっついよ~~。だって、このパパイヤ君が切るってことはよ。アフロ好みの人の髪の毛にされるっていうことよね・・ね・・ね。

 とあれこれ考えてる私の心はつゆ知らず、その”ツルベ師匠”。はさみをもってニコニコ私の後ろにお立ちになったのでした。

”今日はいかが致しましょうかぁ”
                  ムムム・・・やたら明るい。これもなんか気になる・・・・

 まあ、ここまできたらもう引き下がれん!!これはもう観念するしかないな。でも不安不安大不安・・・・

”あ!前下がりのボブにしてください。髪の毛が多いので毛先の毛は少し減らしてくださいね。”
                     不安を隠して明るくお返事しました。

”は~いオッケイで~~ス。”  


チョキ・・チョキ・・・チョキ・・・・・

    『わ~~ちょっと横切りすぎやん。前下がりってゆったのにぃ~~~』(心の声)

”あ・・・あのぉ。前下がりになりますよね。” ?

”はいはい。そうですよ” ?

    『わ~~前髪も!ちょっと短すぎるんちゃうのん?』(心の声2)

”あのぉ~~後ろはもう少し短くっていいです。” ?

”あ!そうですね。” ?

ジョキ!バサツ!ジョキジョキ!バサバサ~~~~

ってな感じでどんどん髪の毛が落ちていく。

約30分後。カット終了。なんか絶対変っ!!思ってたのは”ちょっといけてるモードなあたし”だったのに、これじゃまるで市松人形やん~~~

”じゃブローいたしますね。”

『ブローしたらもうちょっとましかもね。on verra!!』(心の声3。平静を保つため自分に言いきかす)

ブオ~~ブオ~~ボボボボボ~~~~(ドライヤーの音です。)


”完成ですよ。随分雰囲気変わられましたね。なかなかお似合いですよ。いかがですか~~ぁ?”

『うわぁ~~~どうしよこれ・・・やっぱり’80年代後半的髪型になってしもたぁ~~(泣)』(再び心の声)

でも・・ほんと気の弱い私。そんなこと言えないし、顔にも出せない。とか思ってしまう。


”そ・・・そうですね。いいですね。雰囲気変わりましたね。” ?  

美容師さんの言葉をむなしく復唱するのであった・・・

帰りにH&M行って、帽子買い、深く被ってメトロ乗って帰りましたよ。

家に帰って鏡見たら何かににてる!!そうカン・ミヒさん。あの冬ソナでヨン様のお母さん役やってたあの髪の毛の異常に多い人ですよぉ・・・

最近遅ればせながら友達に借りて見て、この間もその友達と

”でもさぁ~~あのお母さんの髪の毛って異常に多いよね。サングラスかけたらかまきりだよねぇヨン様も注意した方がいいよねぇ~~~ぐふふふふ~~~”

なんてネタにして思い切り笑ってた。

 そのヨン様のおかんに髪型がそっくり。(号泣!!)

学校から帰ってきた息子も

”ママ。髪の毛切っちゃったんやね。(ちょっとさみしそう)なんか感じちがうね。” ・・・と

”めっちゃいややねん。なぁあ。ヨン様のおかあさんみたいやって思わへん?”

”あはははぁ~~!!(爆笑)でもほら、それよりおそまつくんに出てくる人にもにてるね。でもかわいいよ。”

”かわいいよ・・・”なんてあんた一つもフォローになってまへんがな。
で・・・おそまつ君に出てくる人って・・・・それ・・・

いやみ君や~~ん(爆泣!!!!!)

息子にも最後のとどめをさされ、もう立ち上がれない・・・あすからどうやって生きていけばいいのぉ~~

暫くは髪の毛をくくったり、帽子かぶったりしてしのいでました。

たまに家にあるシャギーはさみでチョキチョキ切ってみたりね。でも自分ではやっぱり無理!やればやるほど深みにはまって変になっていく~~。流しはつまる~~。

そして2週間・・・耐えました耐えました・・

で、やっぱり美容院”はしご”することに決めました。今度は念入りに情報集めて、ばっちり予約も取っていってきましたよぉ~~~

結果はこちら・・・・
[PR]
by parisatsuko | 2006-02-03 18:09 | 日記・・・のようなもの

1月27日(金) フィリップスコレクション展とナポレオンカフェ

f0036481_74148.jpg


 昨年暮れから催されていた”ミュゼ ルクソンブール”のフィリップス展。もういつもメトロの広告を見るたびに”あ~~早くいきた~~い”と思っていた。
 
 この日ガイド付きの案内があるというので迷わず出かけてきました。この美術館、ルクソンブール公園内にあって、よくこういった特別展をやっているのですが、結構いつもいい”だしもの”なので行列も半端じゃない!!でもガイドつきの鑑賞会だと列にもならばなくっていいし・・・
 
 この日も朝から零下・・・今日は気温も最高マイナス2度!!そんな中でもこういう展覧会の大好きなフランス人は長蛇の列で並んでいます。その横をすり抜けて・・・スミマセンねぇ~~

 展覧会は期待通りの内容でした。
 
 フランスの古典主義から象徴主義、自然主義、印象派、そして、キュービズム、前衛と何でもある。アングルもドラクロワもセザンヌもモネもゴッホもピカソもマティスもピカソもカンディンスキーも何でも有る!!!!フィリップさんほんとよく集めました。

 そしてそれらが年代ごとに美術史を追う形で展示されているので絵画の変遷もとてもよく分かります。

 この展覧会の”花”はやっぱりルノワールの”舟遊びの人々の昼食”。ふつうの人の普通の生活の幸せな感じが画面から溢れていて本当に大好きな絵です。今でもこのレストラン”フルネーズ”当時の姿でのこっているんですよ。

 私は絵がとても好きなのでこういう絵を日常に、触れる位の位置で鑑賞できるというのが至高の幸せ。


 外に出ると・・まだまだなが~~い列。

 う~~~さ・・む・・い

あまりに寒いのでその後・・・
[PR]
by parisatsuko | 2006-02-01 07:04 | 日記・・・のようなもの


パリ生活10年にピリオド。京都で絵の教室と、お料理の活動をやっています。


by parisatsuko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

カテゴリ

全体
京都のこと
お料理
地図のないパリ散歩
私の作品 など
美味しいパリ
フランスで見つけたもの
暮らし
旅行記
お料理教室
日記・・・のようなもの
バトン
京都
ギャラリー Mon prefere
未分類

以前の記事

2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 05月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月

お気に入りブログ

フランス存在日記
パリときどきバブー  f...
*petit a pet...
パリでリラックス
My funny Val...
JOURNAL Le C...
ドイツでTea Time
だらっとブログ
まめころりやおき
Hillside Kit...
代官山だより♪
La Vita Tosc...
Sapin mon to...
mimi,jean,pe...
En fin de jour
色彩の力 杉並幸せ探しの...
エキサイトブログヘルプ
pour toujours
沖縄のお菓子教室、和食教...
パリ日記♪  着物でパリ
Chéris-1et3-話
エリオットゆかりの美味し...
着物でパリ
Ça m'est res...
ようこそ!
Kanaboの気まぐれM...
paris-atsuko...
パリでドルチェ・ビータ
京都でフランスおばんざい

ライフログ


DREAM PRICE 1000 南佳孝 モンロー・ウォーク


Modern Belly Dance from Egypt


ベスト・アンコール


KIHACHI四季のレシピ集 (4) 冬

検索

タグ

(49)
(30)
(15)
(14)
(12)
(9)
(8)
(5)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理・レシピ
レストラン・飲食店

画像一覧