「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

5月23日(火) のこりものごはん・・・いもねぎ


 明後日からフランスは”アソンシオン”(キリスト昇天祭)のお休み。土日入れて4連休です。
我が家もちょこっと旅行に出かけることにしました~~~

 旅行の前日いつも悩むのは

さてさて・・・今日の晩御飯はどうしょう???

お肉や野菜の生鮮食料品は使ってしまいたい!!でも帰ってきた日に晩御飯食べれるように、くさらないものを少しは残しとかないと、大豚、子豚オット、子供2名の


”は~~ら~~へったぁ!!

の輪唱が始まる。
(外食をほとんどしない我が家なもので、旅行から帰ってきた後もすぐゴハンを作る羽目になるわたし。)

ぶつぶつ言いながら冷蔵庫の物色をはじめた。

え~っと。卵が7個。あ!あと3日で賞味期限きれるやんかいさぁ~~~コレはつかわなあかんわ~~。

と冷蔵庫から卵を出す。

あ~~~~~そろそろジャガイモの皮がふにゅふにゅになりかけ~~~で、たまねぎが1個かぁ!!

こちらも候補にだしとく。

そうそう。冷凍庫に合いびき肉が少し残ってたなぁ~~

レンジで解凍。


役者(??)は揃った。

卵、たまねぎ、ジャガイモ、合挽き・・・

といって考えるのはやっぱり

はんばぁぐ~~かぁ??

ちっちっちっ!!!コレでハンバーグと思うのは。

素人!!!(??)

コレで、京都のおばちゃんが作るものといえばやっぱこれどすえ!!

こんなんつくりましたどすえ
[PR]
by parisatsuko | 2006-05-23 22:58 | お料理

5月15日(月) 320万円の絵(・・・・のまね)

今日は週に1回の”ルーブルアトリエ”の日。

2ヶ月前にNICOLETTE先生から、

今度のお題は”CARRAGE"よ(タイル画)

といわれ、迷わず題材に選んだのが

ポルトガル風のタイル画

ポルトガルにはまだいったことがないが、先日買った”サザビーズのオークション”のカタログにポルトガルのタイル画があった。なんとも哀愁のある、趣のあるタイル画だった。アンティーク物で日本円にして、

さんびゃくにじゅ~~~~うまんえん

での落札だったらしい。

その絵の模写をはじめて、2ヶ月、

やっと仕上がった!!

昨日の夜に最終のニス塗りを終えて、今日えっちらおっちら抱えてアトリエまで運ぶ。
大きさは横70センチたて、60センチもある、結構でっかいもの。

ご存知パリのメトロの改札は、かなり狭くて、こんなものをもって出入するのは大変。
その上、絵画道具のはいっている、コロコロ玉つきのソフトスーツケースも持っているので、
アトリエ通いはかなりの重労働なのであ~~る。

その辺にバンバンぶつかるわ、ドアにははさまれるわ・・・気が付いたら、上腕にあざまで出来てたもんね。

でも、今日はとても親切なムッシューが

”素敵な絵を傷つけちゃなりませんぜぃ。おじょう~~さん。
そちらのスーツケースは僕が持ってあげましょう。


と階段をもって上がってくれた。結構こういうところパリの人は親切で、たまにこういうことがあるんだけどね。

メルシィ~~ムッシュ~~

とお礼をいう私に、

”セ トゥタフェ ノーマール(当然の事ですぜぃ)小さなアーティストさん。

と、ウインクしながら、5月のみどりの風の中に消えていったムッシューでした。

・・・とちょっといい話もあり~~の。

で、いったいどんな絵なの??
[PR]
by parisatsuko | 2006-05-16 05:21 | 私の作品 など

お題バトン  ~~~ホスト系バトン~~~(なに?それ?)

ブログを通じて仲良くさせていただいている ”プチ贅沢な時間birdさんから、

お題バトン

をいただきました。お題バトンとはバトンをまわす人が

”この人のこんな話題で話きいてみた~い~”

というお題を決めてバトンをまわしていくのです。だから回される人によってお題がちがうんです。

私に回ってきたお題・・・なんだと思います?

”ホスト系バト~~~~ン”


別にホストクラブの体験記を書け!!なんていうものではありません。第一、足踏み入れる勇気すらまだないしぃ~~~

以前性格バトンというのが回ってきて、何故かそこでイケメン談義になり、そこで私の好きなタレントさんが皆、見事な”ホスト系”だったモンで、

ちょっとそこんとこ詳しく話しきかせていただけやせんか?

ということで回ってきた模様・・・・(でいいのかな?birdちゃん・・)

まあ私の独断と偏見に満ち溢れたネタですので、ここから先は興味のあるかたのみご入場を・・・・・

ではでは・・・
[PR]
by parisatsuko | 2006-05-11 16:28 | 日記・・・のようなもの

5月3日(水) 舞妓さんのこっぽりみたい??

パリは春を通り越して、急に夏の暑さがやって来た。

半そでにブーツといういでたちが結構好きなんだけど、さすがに毎日ブーツじゃねぇ~~~
ちょっと軽めの靴を探しにまたまた大好きなサンジェルマン・デ・プレにやって来た。

お友達に

素敵な靴屋さんがあるのよぉ~~~

と以前から聞いていたその靴屋さん

”ノーネーム”

サンジェルマン・デ・プレのほんとに小さな横丁 カネット通り にある、間口2軒くらいの小さな小さな靴屋さん。(ちなみに私はこのカネット通りのことを”デ・プレの横丁へようこちょ”と読んでいる。何のことか分からない方は無視してくださいませ。)

ここの靴は最近日本にも出ていて、足が

超~~~~~なが~~~~く見える

という大評判を欲しいままにしている、ブランド。勿論フランスのブランドなんだけど、パリにはここだけということでさらに希少価値感をうみだしているらしい。

本日はその中でも最高ヒールの8センチヒールの奴をゲットしてきました。


f0036481_6415577.jpg




うわ~~~~~~ぁ。これ、まるで舞妓さんのこっぽり。でも、ソール部分がしっかりしているお蔭で安定がすごくいいし、その高さにもかかわらず疲れない。コレをはいて歩くと背筋も

ピィ~~~~~ン

と伸びる。何より足が8センチ長くなるんだもんね。

ペッタンコ靴はかかとが痛くなってかえって疲れるなぁ~~なんて思っていた矢先、この靴はまさに”ミッケモン!!”

8センチヒールを履くと私、背が170センチ台に達し、ちょっと世界も変わるかんじ・・・・

そうなると必然的に、これと一緒に履くには今までのパンツ類も全て丈が”ちょんちょろ短い・・”

というわけでまあコレにあわせてパンツも買わなきゃ!!という連鎖購買条件(??)が発生してしまったのだが友人の元 ミス カンヌの Vちゃんが

あのね。ヒールの高さと女としての心意気は比例するものよ。

といってた言葉を思い出し、(彼女によるとつま先のとんがり具合も同じくである。彼女いつもけられたら突き刺さりそうなヒールを履いてる・・・)明日からコレを履いて舞妓さんのように(??)パリの街カッポカッポと闊歩しようと思っている私である。

あ!ノーネームの靴、写真のように和柄のカンに入れてくれるんです。コレはかなり可愛いと思う。でも、ショッピングバックがこのようにこてこての豹柄・・・コレはちょっといただけませんわぁ~~
f0036481_6433933.jpg


そうだ!お友達の大阪のオバちゃんにあげよっと!!

ついでに・・・・・
[PR]
by parisatsuko | 2006-05-05 07:45 | フランスで見つけたもの

4月29日(土) ワイン試飲会と                      biodynamic(ビオディナミ)

知り合いで、ワイン輸出のお仕事をされているNさんから、

面白いワインの試飲会があるのでいきませんか~~

とお誘いを受け、オットとともにいそいそとでかけた、土曜のひるさがり・・・・

場所はサン・オーグスタンの近く、老舗中の老舗のワイン屋さん。
ここでは月1回、地方ごとにテーマを絞って、ワインの試飲会をやっている。道端にワイン樽を並べてやってるので、通りすがりでも、自由にワインをいっぱい引っ掛けられる・・・・


本日のお題は”ロワールのビオワイン”

何が面白い試飲会かというと、本日はbiodynamic(ビオディナミ)の製法で作っているワインの造り手がたくさん参加するということ・・・

最近我が家ではこのbiodynamicのワインに結構はまっている。

以前は”シャトーマルゴー”、”モンラッシェ”と騒いでいた大のワイン好きのオットも最近はもっぱらこのbiodynamicのワインばかり飲んでいる。(必然的に私も。。)

biodynamicとはいわゆる有機農法のbioとはまた違い、生力学農法といわれる生産法で作られる農法のことを言い、それをワインのぶどう作りに適応させたのが、↓ニコラ・ジョリーさん。(ちょと”BACK TO THE FUTERE"の博士に似てるなぁ・・・)

f0036481_4325713.jpg
























このbiodynamic -生学的農法- のワイン作りというのは、月や水星や金星や火星等の惑星の動きまで計算して、その天体運行と地球の位置関係間でも計算して、ぶどう作りをしていこうというもの、勿論肥料や、殺虫材も自然のものを最大限その効果を生かすようにして配合されたものを使うらしい。

まあ、まずければ

”な~~んだ”

ということになるのだが、これがまたえらく美味しい

勿論ボルドーやブルゴーニュの格付けのワインが美味しいことはいうまでもないが、ワイン醸造学のお蔭で、美味しいワインが人工的に作ることが可能になった今、このbiodynamicという製法で出来るワインは”本物”のワインなんだとジョリーさんはその著書の中で仰っている。

そういう風に壮大な宇宙の力を借りて(??)作られたワインに思いをはせて、それぞれの造り手のお顔をみてワインを試飲していく、なんだかワインがまたまた美味しく感じてしまう~~

今回のぴか一ワインはこちらのマーク・ペノおじさんのムスカデ。

f0036481_4341649.jpg



いかにも純朴な感じのマークおじさんにワインをついでもらって・・・

”お~~い~~し~~~~~”

N氏も”間違いなくこれぞムスカデ(ワインのぶどうの種類)で作った最高峰のワインです。”

と仰る、でもお値段は8ユーロくらい・・・

その後、ロワールの横綱といえる


f0036481_4155368.jpg




を飲み、

ブッシュ大統領に似た、ブルトンおじさんのところで、”NUIT IVRESS(酔っ払いの夜)”というのをいただく。


f0036481_4174388.jpg


N氏曰く。

こんなにキレイなアルコールを感じるワインはほんとなかなかないですよ。

・・・キレイなアルコール????ワイン未熟な私にはよく分からないが・・・まあそういわれればそんな気もしてくる。・・・・

秋にはぶどうの収穫にいらっしゃ~いとお誘いまで戴き、えらく感激~~~~
1日労働して、12本のワインを下さるらしい。

”いきますがな!!いきますがな!!なんなら1ヶ月働きますよぉ~~~

という、関西のノリも忘れずに伝えてきた。


中にこんなワインもあった。なんと日本人の女性の方もこのbiodynamicでワイン作りをされている方がいらっしゃるらしい。ワインのラベルがなんとも”おとうさん”である。ちなみに”KUNIKO"とは造り手の日本人女性のお母様の名前らしい。遠い異国の地でふるさとに思いを馳せながらワインづくりをされたんだなぁ~~としみじみしてしまった。この"KUNIKO"ワイン。くちなしの花の香りがして、とても優しいワインでした。

f0036481_417031.jpg



いろんなbiodynamicのワインを飲んで、このタイプのワインはなんだか造り手ににてるなぁ~~と思った。なんだか腰のしっかりした感じのおじさんはやっぱりしっかりとした腰の強いワインを造られてるし、繊細そうなおじさんからは細かい味の繊細なワインが出来ている。コレはN氏、オット、私の共通の意見でした。

ホントとても楽しいワインの試飲会でした。

ただ、ワインの試飲会・・・片っ端から全部飲んじゃ駄目なんです。口に含んで、少し飲んだら後は”ぺっ”っと吐き出したほうがいいのです。
お店の前の街路樹なんて

ぶどうが咲いてくるんちゃう?

と思うくらい、みんなのワインペッ!!で、足もとが赤く染まっている。

f0036481_437528.jpg


でも根が気弱な私。特におじさんたちが大切に大切に育んできたワインとか思うと、どうも目の前で”ぺっ”とできなくって・・・
お蔭で、へろへろ。帰りのメトロの中で爆睡し乗り過ごしてしまいました。(きけん~~~~)
[PR]
by parisatsuko | 2006-05-02 04:06 | フランスで見つけたもの


パリ生活10年にピリオド。京都で絵の教室と、お料理の活動をやっています。


by parisatsuko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
京都のこと
お料理
地図のないパリ散歩
私の作品 など
美味しいパリ
フランスで見つけたもの
暮らし
旅行記
お料理教室
日記・・・のようなもの
バトン
京都
ギャラリー Mon prefere
未分類

以前の記事

2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 05月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月

お気に入りブログ

フランス存在日記
パリときどきバブー  f...
*petit a pet...
パリでリラックス
My funny Val...
JOURNAL Le C...
ドイツでTea Time
だらっとブログ
まめころりやおき
Hillside Kit...
代官山だより♪
La Vita Tosc...
Sapin mon to...
mimi,jean,pe...
En fin de jour
色彩の力 杉並幸せ探しの...
エキサイトブログヘルプ
pour toujours
沖縄のお菓子教室、和食教...
パリ日記♪  着物でパリ
Chéris-1et3-話
エリオットゆかりの美味し...
着物でパリ
Ça m'est res...
ようこそ!
Kanaboの気まぐれM...
paris-atsuko...
パリでドルチェ・ビータ
京都でフランスおばんざい

ライフログ


DREAM PRICE 1000 南佳孝 モンロー・ウォーク


Modern Belly Dance from Egypt


ベスト・アンコール


KIHACHI四季のレシピ集 (4) 冬

検索

タグ

(49)
(30)
(15)
(14)
(12)
(9)
(8)
(5)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理・レシピ
レストラン・飲食店

画像一覧