<   2007年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

夏のバカンス コルシカ島②                            SCANDRA自然保護区


今日は、コルシカ島の西部の海岸にある

SCANDRA(スキャンドラ自然保護区)に行くことに。

今までに見たことのない海の色に圧倒されます

という、旅行ガイドのフレーズが心を捉えました。


この場所は陸路で近づくことが出来ないので、船路でアクセスします。

まずはILE ROUSSEから車で30分のところにある”CALVI”(カルビ)という町から、高速船に乗り込みます。

f0036481_1235982.jpg


そこからビュ~~~~ンと帽子を吹き飛ばされそうになりながら1時間高速船にのりついたところが

SCANDRA自然保護区1983年にユネスコの世界遺産にも指定されています。

f0036481_149386.jpg


f0036481_1501976.jpg


信じられないような長い年月をかけて形作られた自然の芸術品です。

f0036481_1295118.jpg










f0036481_1315396.jpg













青というより藍色に近いブルー。見つめていると引き込まれそうな恐怖感さえ起こさせる海の色です。ガイドブックにあったととおり、今まで見たことのない海の色でした。

生まれたころの地球の色ってこんなだったかもね・・・なんて思いながら・・・

この藍色の中、切り立った岩の間を船はゆっくり海の上を滑っていきます。

f0036481_1335385.jpg


途中こんな岩を見つけました。

f0036481_1351171.jpg


岩の空いているところ見てください。何かににていませんか??
そう。コルシカ島の形・・・(ちょっとこじつけかしら??)

1年に一回この岩の間を太陽が沈んでいくのが見えるそうです。なんだか神々しい感じがしませんか??

このクルーズ。途中で小さな町に寄航します。"GIROLATAというこの町。なんだか無人島にたどりついたような感じでした。でも寄航してくる人のためにちゃんとおいしいレストランなんかもあるのがフランス。

港の見下ろせるテラスでお昼ゴハンです。

f0036481_1391534.jpg



コルシカのビール。
f0036481_1395295.jpg


ピエトラというこの黒褐色したビール。栗のビールなんです。これがとってもコクがあってめちゃくちゃおいしい。(コルシカはワインも有名ですが個人的には私はこのビールの方が好き。)

そして、
f0036481_1415168.jpg


カジキマグロのソテー。ズッキーニドーナツ添え。

そして、デザートは

f0036481_1425841.jpg


栗のケーキ。これもコルシカ名物です。おいしいよ~~~ん。

////コルシカ旅行記 ③につづきます・・・
[PR]
by parisatsuko | 2007-08-24 01:30 | 旅行記

夏のバカンス 今年はコルシカ島 その①


夏になってから、太陽の光を見る日が少ない今年のパリ。

夏は少々暑くてもいいから、思いっきり太陽を浴びたい!!!
と叫びまくり。今年の夏のバカンスは

青い海きらめく太陽を探しに行こう!!

ということで行き先はコルシカ島!!フランスの南、イタリアの西、地中海に浮かぶ島です。

f0036481_0451393.jpg


コルシカに行こう!!と決めたのがなんと7月初め。フランス人のお友達には

コルシカってフランス人のバカンス地の王道!皆冬に予約するのよ。ホテルも飛行機も全然ナイナイ!!

なんて言われ。案の定、問い合わせてみてもどこのホテルも、民宿も

ふん!!(←鼻で笑われてる)ありませんありません!!遅すぎるわよ。

なんて答えが返ってくるばかり。

ダンナYASUSHIくんはそれでも、

根性でがんばって取れ~~~

なんて言うもんだから(←我が家では旅行の計画はすべて私の役目です。)

根性で取ってやろうじゃないの!!
と電話すること50件!!

1件の”CHAMBRE D'HOTE(シャンブル・ドット)”(←民宿です)を取ることが出来ました。

           ・・・・・・・・・根性でがんばれば何とかなるもんだなぁ~~~押忍!!

無事飛行機もキャンセル待ちで取れ。無事

コルシカ島へいってきま~~す。
となった訳でした。

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

さてさて、前置きが長くなりましたが、旅行のレポートを始めます。

コルシカはトロピカルな透明感のある海が珍しいフランスで、唯一(??)といっていいほどのきれいな透明感のある海が広がる場所。海だけではなく、島の内陸部に切り立つ山々の景観もすばらしく、ハイキングも楽しむ事が出来ます。
フランス人の出かけるバカンス先として、ものすごく人気のあるところなのですが、開発をぎりぎりに抑えているので、かなり原始的な風景を楽しむ事が出来ます。(移動が少し不便という風にもいえなくはないのですが・・・・)


まずは何はともあれ

f0036481_1111123.jpg


私たちが泊まったのは島の北西部ILE ROUSSEという町から10分ほど山に登ったところ。このILE ROUSSEというところの海。施設もとても充実していて、海もとてもきれい。


子供たちは朝から晩まで海で泳いだり魚つりをしたり・・・

f0036481_0472888.jpg


私は海辺のチェアーを借りて、寝そべりながら本を読んだりボ~~ットしたり・・・
ひさびさに感じる脳みそがとけていきそうな感覚。

潮風につかれたら、海辺のカフェでお茶。木陰のテラスで皆、ゆっくりお茶を飲んだり午後のおしゃべりに講じたりしています。時間がゆっくりゆっくり過ぎていきます。

f0036481_0481360.jpg


その後は、お土産を探しに町の中を水着でぶらぶら。

f0036481_059529.jpg


コルシカ名物の"MAQUIS"(地中海沿岸に咲く灌木)の蜂蜜といのしし肉のサラミを買って、明日の朝食にします~~~

f0036481_102444.jpg









f0036481_11188.jpg









明日はどうしようかなぁ~~~あの電車に乗ってどこかに出かけてみるのもいいなぁ~~~
f0036481_173335.jpg



明日のことは明日決めればいいさ!!

f0036481_18245.jpg



\\\\\コルシカ旅行記 ②につづく・・・
[PR]
by parisatsuko | 2007-08-24 01:01 | 旅行記

リッツエスコフィエ 夏のガストロノミーコース 参加日記③


あっという間の3日間の夏のガストロノミーコースも本日で最終日!!

きれいな食材に触れて、丁寧に仕事をして、おいしいお料理が出来上がる過程の楽しさを改めて考えなおす機会を持ててとても有意義な3日間でした。


さてさて、まず今日は、昨日の約束どおり、アーティチョークの処理の仕方を実習させていただきました

f0036481_0423395.jpg


そして、今日のメニューは
舌平目のロールサラダ、サフラン酢のソース

f0036481_0404165.jpg

フランスには舌平目用のとてもよくしなる包丁というのがあるのですが、これを使うとあっという間にとてもきれいに舌平目をおろすことが出来るのです。舌平目にサフランで味をつけたオリーブオイルを塗って巻き、フライパンとオーブン、両方で焼きます。


お次に。

小いかのウサギ肉つめバジルソース
f0036481_0412151.jpg


実は私、ウサギ肉をいただくのはうまれてはじめて・・・ウサギというのは食べるものじゃなくなでなでするもの!!と深く信じ。(??)フランスではとてもポピュラーな食材なのに見向きもしなかったんですね~~~でも・・・やっぱりこれ食べるもの!!だったかも!!滋味があってワインにめちゃくちゃ会いそう。これから我が家の食卓にもウサギ登場させますよ~~~

で、上で準備したアーティチョークは、ごく薄切りにしてオリーブオイル、ついでバターでいため(最初オリーブオイルだけでいためてやわらかくした後一度オイルを切ってバターで炒めます。)ホクホク、でもかりかりと歯ざわりも楽しいアコンパニュモン(添えもの)に仕上げました。こちらも明日から我が家の食卓に登場です。(日本では西洋あざみという名前で売られているんですね)


こんな感じで3日間のガストロノミーコース終了しました。3日間だけだったけど、とても中身の濃い、講義でした。

料理を習いに来て覚えて帰らないといけないのはそのときに習ったレシピではなく、それをどのように応用するかというのを考えていくことです。

とおっしゃっていたシェフの言葉通り、この3日間に習得したことをいかして、趣味のお料理をやっていこうと思っています。

最後にごっくろ~~さんというお言葉とともにシェフからサーティフィカート(終了証)いただきました。あはは!!・・・・知り合いの日本人に昨日の晩教えてもらった日本語なんですって!!なんだかかわいいなぁ~~シェフ。

最後にサーティフィカートとともにお写真一緒にとっていただきました。
f0036481_049438.jpg


今年の夏のとてもいい思い出になりました。
[PR]
by parisatsuko | 2007-08-10 00:49 | 美味しいパリ

リッツエスコフィエ 夏のガストロノミーコース 参加日記②


リッツエスコフィエ夏のガストロノミーコース。2日目です。

今日は半日、実習。半日講義。ということで昨日はぐっすり眠って体調も万全!!

実習教室に入っていくと、

ボンジュールatsuko!!元気?今日も楽しくやろうね~~~

とシェフがお迎えしてくださる。もう名前を覚えていただいたことにもとても感激!!

昨日はおいしいものを食べ過ぎて、夜ゴハン抜きだったんです~~

じゃ今日もきっと夜ゴハンはいらないよ~~~

なんて会話でリラックスしたところで2日目の授業はじまり~~~

まずは子羊のファルシ、ラタトゥイユ添え

豚肉のミンチに、豚の背油、ハーブ類、黒オリーブなどを混ぜ込み、子羊の肉で巻き巻きします。
それをクレピイという網あぶらで巻きこみ、オーブンで焼きます。網あぶらで巻き込むことによりお肉がほろほろやわらかくジューシーに仕上がります。

f0036481_061192.jpg


ラタトゥイユは野菜を7ミリくらいのキューブに切り、それを順番にゆっくりととろ火で煮込んで生きます。ここでは煮込みの火加減が大切。やさしい火がゆっくりと野菜の甘みを引き出していくんですね~~~

f0036481_07753.jpg


おばあちゃん風ラタトゥイユも大好きだけど、リッツ風ラタトゥイユはなんとも繊細なラタトゥイユでした。

つづきまして~~

マッシュルームとパルミジャーノのリゾットアスパラガス添え

f0036481_0122854.jpg


これパルミジャーノチーズの量が半端じゃありません。そして半端じゃなくおいしい~~~~
リゾットのお米の硬さって言うのもいまいちどのくらいアルデンテにしたらいいのかよく分からなかったんだけど、これでリゾットも私のレシピにはいるかな??でもでもこのパルミジャーノの量。自分では怖くて入れられません。(お米と同じくらいの量がはいってるかも!!)


この後、この日午後からは講義です。昼休みは2時間お休みがあるのですが、お料理用語をフランス語で確認して、講義に臨みました。主に講義はそれぞれの野菜についての特質や、扱い方、オリーブオイルの効果的な使い方などの講義。
ここでシェフにお願い。

アーティチョークの調理の仕方がよく分からないので是非明日の最終日に教えていただけませんか??

なんて、ちょっとあつかましいお願いをしました。

メインダイニングにストックがあればやってあげましょう

と快諾を頂き、明日実習に取り入れていただけることになりました。

さて、実習後はホテルリッツのメインダイニング、エスパドンの厨房を見せていただくことに。こちら現在一つ星レストランになっていますが、その内装が絢爛豪華で知られている、超豪華なレストラン。その厨房やいかに??という感じなのですが、こちらもとても清潔感にあふれていて、とてもあかるくって素敵な厨房でした。

f0036481_0223128.jpg


このメイン厨房意外にも、パン焼き厨房、チョコレートの厨房。フラワーアレンジメントのアトリエなどがあり、どれも整然と片付けられており、とても気持ちのいい仕事場でした。

今日もバンゴハンは抜きにしよ!!
[PR]
by parisatsuko | 2007-08-10 00:23 | 美味しいパリ

リッツエスコフィエ 夏のガストロノミーコース 参加日記①


せっかく食の都フランスにいるんだから~~~と、ホテル・リッツのお料理学校

リッツ・エスコフィエのサマーコースに参加してきました。

こちらのお料理学校、日本を始め海外から、すでにお料理の世界で活躍されている方たちもたくさん参加されている、由緒あるパリのお料理教室です。

以前から本当のフランス料理の作り方を体験したい!!
と思っていたのですが、やっと念願が叶い、3日間の

オリーブオイルを使ったお料理

というコースに参加することが出来ました。

f0036481_2326342.jpg


まずは1日目

まずは3日間の教室の説明を受け、ユニフォームを受け取りに・・・
ロッカーでリッツの制服に着替えます。もちろんシェフ帽もかぶり、気分は思いっきり盛り上がります~~~~
f0036481_2345477.jpg

本日のお料理のテーマは

いろんな野菜、果物の選び方、美しい下処理の仕方、準備の仕方、切り方の違いによる出来上がりの差など、意外に知らなかった基本中の基本。

水の切り方ひとつでできばえというのは全く変わってくるんです。星つきレストランというのはそういう処理も絶対に怠らないんです。
というシェフの弁。

そんな講義を聴きながらの実習。頭も手も思いっきり緊張させて作った作品がこちら↓

野菜のコトコト煮込み オリーブオイルソース
f0036481_23273129.jpg


野菜それぞれが本来の美しい色をのこし、エグみを取り除き、野菜のおいしさだけを残すように仕上げます。野菜の扱いは本当に繊細なものなんですね~~~

さらに
手長海老のサラダグレープフルーツとオリーブオイルソース
f0036481_23283248.jpg


海老のむき方も種類によって違います。構造をしっかり把握した上で殻をはずしていくことで美しい仕上がりにつながります。こちらの海老の甲羅でさらにソースアメリケーヌの作り方もご伝授していただきました。

f0036481_23334697.jpg

そして

シェーブルチーズとグリーンアスパラのシャルロット

f0036481_23341118.jpg


シェーブルチーズには様々なハーブやガーリックなどを混ぜ込んであり、その組み合わせも絶妙です。ハーブ類って組み合わせや使う量によって、素材の味を殺したり、生かしたりする。上手につかえたらかっこいいなぁ~~と思ってしまった。

野菜にしても、海老にしても、ハーブにしても、それぞれの素材の特徴、性質、構造なども説明を受けながら、なぜこうやってゆでないといけないのか。こうやって甲羅をはずしていかないといけないのかということも理路整然と説明が入ります。

一言も聞き逃せないぃ~~~
と頭も4時間、緊張しまくり~~~

とてもマニアックな気もしたのですが、でもそうやって素材のことをきっちり知った上で、丁寧に作業をしていくのといかないのでは仕上がりにものすごく大きな差ができるんだなぁ~~ってことが実体験として分かった1日めの実習授業でした。

う~~ん。毎日はちょっと無理かもしれないけど、せめて、毎日、心に留めてお料理していこう!!


由緒ある料理教室!!ということで結構緊張していたのですが、シェフもスタッフの方たちもとてもフレンドリーで、冗談を交えながら楽しく教室は進んでいきました。

あすもたのしみたのしみ・・・・
[PR]
by parisatsuko | 2007-08-09 23:19 | 美味しいパリ


パリ生活10年にピリオド。京都で絵の教室と、お料理の活動をやっています。


by parisatsuko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
京都のこと
お料理
地図のないパリ散歩
私の作品 など
美味しいパリ
フランスで見つけたもの
暮らし
旅行記
お料理教室
日記・・・のようなもの
バトン
京都
ギャラリー Mon prefere
未分類

以前の記事

2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 05月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月

お気に入りブログ

フランス存在日記
パリときどきバブー  f...
*petit a pet...
パリでリラックス
My funny Val...
JOURNAL Le C...
ドイツでTea Time
だらっとブログ
まめころりやおき
Hillside Kit...
代官山だより♪
La Vita Tosc...
Sapin mon to...
mimi,jean,pe...
En fin de jour
色彩の力 杉並幸せ探しの...
エキサイトブログヘルプ
pour toujours
沖縄のお菓子教室、和食教...
パリ日記♪  着物でパリ
Chéris-1et3-話
エリオットゆかりの美味し...
着物でパリ
Ça m'est res...
ようこそ!
Kanaboの気まぐれM...
paris-atsuko...
パリでドルチェ・ビータ
京都でフランスおばんざい

ライフログ


DREAM PRICE 1000 南佳孝 モンロー・ウォーク


Modern Belly Dance from Egypt


ベスト・アンコール


KIHACHI四季のレシピ集 (4) 冬

検索

タグ

(49)
(30)
(15)
(14)
(12)
(9)
(8)
(5)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理・レシピ
レストラン・飲食店

画像一覧