「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

シェフの出張お料理教室 10月編


以前に何回か記事アップしたシェフの出張お料理教室

本日、またまたシェフが鍋、釜、包丁、材料を抱えてきてくださいました~~~。
今日のレシピは

簡単!!おいしい!!きれい~~

の3拍子そろったお料理を紹介してくださいました。


まず、前菜はイカのソテーエスプレット唐辛子ソース、コリアンダー風味のサラダ添えです。

f0036481_2404330.jpg


エスプレット唐辛子というのはスペインバスク地方のエスプレットという町の名産のとてもとても風味のある、おいしい唐辛子なんです。辛さはマイルド。サラダに一振りしたり、焼いたお肉にぱらぱらとかけていただいたりしてもとてもおいしい。お料理がワンランクアップする魔法のお粉です!!

一握りで10ユーロとかして、(1500円!!)結構お高いんですけどね。お肉焼くのを失敗したらこれでごまかしたりしてます・・・(家族はしりません・・・ははは・・・)

シェフのこの前菜はそのエスプレットにおしょうゆをたらして、オリーブオイルを絡め、

白いゴハンでも香ばしいバケットでもどちらでもあうわ~~~シェフ!!

という私の感想でありました。・・・・フレンチでも白いゴハンにあいそうなお料理が出てくるとなんとなくうれしくなる私のこれは最高のほめ言葉・・・。

最近、フランスでもおしょうゆは普通のスーパーにも普通に並んでいます。レストランでも結構よく使われているんですよね。

さてさて続いてメイン

f0036481_242128.jpg


さてさてこれはなんでしょ~~~

結構手が込んでいるように見えるでしょ。でもものすごく簡単。

ブリックというアラブ料理によく使う、春巻きの皮みたいなのに、香草バタートマトレモンそしてソテーした

た~~~ッぷりのお野菜のソテーを入れて、オーブンで焼いたもの。

お野菜は赤ピーマンインゲンブロッコリーマッシュルームジャガイモなど。まぁこれだけそろえて切るのも大変なのですが、フランスにはこんな便利なものがあります。(冷凍食品)
f0036481_2424917.jpg


切ったいろいろお野菜とバターが一緒に冷凍されているので袋から出して炒めておわり!!

便利でしょ。うちの冷蔵庫にも常にストックしてあります。単にお肉を焼いて乗せただけでもすごく見栄えがするんですもん!!こういう便利なものも、家庭料理にはどんどん使っていったらいい!!というのがこちらのシェフのご意見。

便利なものは利用して、でも手を掛けるところはしっかりと!!というのがシェフの信条のようです。

・・・ところで、このブリック・・・日本にもでてるかしら??ご存知の方がいらっしゃったらおしえてくださ~~い。



次はデザート・・・と行きたいのですが、フレンチではこの間に通常フロマージュ(チーズ)がはいります。まぁ日本食で言えばおつけものみたいなもの??ちがう??


f0036481_2443541.jpg

今日のフロマージュはブリアサバランです。ブルゴーニュ地方のクリーミーな大好きなチーズです。そのままいただいてもいいんですが、

はちみつをたら~~んとかけ、さらに黒挽きこしょうをかけると

絶品!!!!

チーズに蜂蜜??で・・・こしょう??
って?????と思うでしょ。でもこれものすごくおいしいんですよ。

プリンにしょうゆかけたらうにになる、カップラーメンに牛乳入れたらとんこつラーメンになる以上の不思議さ、おいしさ。(←なんかジャンキーなわたし・・・)

いやいや・・・どうぞ機会があればお試しくださいませ。。。

で、最後のお楽しみデザート

だ~~いすきなクレープシュゼットです。

f0036481_2494384.jpg


クレープのオレンジソースがけですね。こちらのオレンジソースは、きっちり生オレンジを絞り、オレンジの皮も苦味を抜いて手をかけて作ります。少し焦がすのが、オレンジソースとうまく絡まっておいしいのです。もちろんグランマルニエールは欠かせません。
よくレストランではサービスするときに電気を消して、

ぼ~~~~

っと火をつけるんですね。まぁ今回はおうちなのでそちらは省略。今度家で復習するときにはやってみよう!!髪の毛が燃えないように注意!!注意!!


もう、おなかも一杯なんですが・・・・
今日はシェフのこれからレストランで出される予定のデザートも試食させていただきました。
ほんとベツバラとはよく言ったもん。まだまだはいりまっせ~~~

↓トリフチョコみたいなブラウニー
f0036481_2505521.jpg


↓栗かぼちゃのプリン(シェフが日本でパティシエをされているときにこれを食べるために行列が出来たとか・・・・)なんでも2日かかるデザートらしいので、次回レシピだけいただくように強行にお願いしました。

f0036481_2512986.jpg



本日お供してくれたワインはピュイィ・フッセ。これイカのソテーにすごくあいますよ~~
f0036481_2515215.jpg


シェフ!!おいしい1日を有難うございました~~~っ!!


f0036481_2521633.jpg




・・・・・・・・記事アップしてたらまたおなか減ってきた・・・・さっ!晩ご飯作ってたべよっと!!
って・・・もう夜の8時でんがなぁ~~~
[PR]
by parisatsuko | 2007-10-31 02:16 | お料理

vendange(ヴァンダンジュ)いってきました!!


展覧会前のあたふたした日のさなかに実は・・・

ヴァンダンジュ

なんぞに行っておりました。ヴァンダンジュというのはワインになる葡萄摘みのこと。

ワイン関係のコーデュネートをしている知り合いのN氏に誘っていただき、フランスにいる間に1度は行きたいと思っていた

葡萄摘み

いってきました。9月の最終週ということもあり、ほぼ葡萄つみは終わりかけ。今日はここの畑も最終日ということもあり、ゆったりとした気分で楽しく葡萄摘みをしてきました。


場所は

ロワール地方、サンセールワインの葡萄畑です。

f0036481_59396.jpg


今回、葡萄つみをさせてもらったのはN氏のオススメ

セバスチャン・リフォーさんの畑

f0036481_544872.jpg

(Etienne riffaultはお父さんのお名前・・・)

f0036481_6121030.jpg



まだ25歳の彼は2000年からお父さんの畑の1部を受け継いで、超自然派ワインを作っておられる。葡萄つみは全部手つみ、農薬を使わず、土地の力を信じて作る葡萄、ワインの発酵から瓶づめまで、亜硫酸を一切つかわない、彼のワインは日本でも大きな評価を得ています。


早速畑に案内してもらうと・・・日当たりのいいとっても気持ちのいい畑。


今日はセバスチャンのお友達もたくさん手伝いに来ていて、即興の葡萄つみの歌なんかを歌いながら、葡萄もつまんで食べたりしながら、楽しく葡萄つみが始まります。

f0036481_5431759.jpg




でも・・・ん??

f0036481_615137.jpg


ね~~セバスチャン!!葡萄腐ってますけど・・・・

違う!違う!くさってるんじゃないんだよ~~。コレは”貴腐ぶどう”っていうのさ~~

貴腐ぶどう??

貴腐葡萄というのはぶどうの表面に貴腐菌というものが付いてぶどうに独特の甘み、こってりさを与えるものなんですね~~~(ちゃんとした説明出来なくってすみません)

ボルドーの甘口のワイン。ソーテルヌなどもそうですね。

たべてごらん!!

とその寄付菌の付いたぶどうを差し出すセバスチャン・・・

え???おなかいたくならないかな?
などと思いながらこわごわ口に入れてみると・・・

あま~~くて、まったり舌に絡みつくかんじ・・・

めっちゃおいしい~~~

普通、サンセールワインというのはこういう貴腐ぶどうは入れないんです。コレはセバスチャンのオリジナル。

貴腐ぶどうを作るにはぶどう本来の健康さがとても大切なのだとか。葡萄がしっかりしていないと、”貴腐”ではなく単なる腐った葡萄になってしまうのです。それが証拠にまだ貴腐菌が付いていない緑のぶどうもしっかりした味で甘くておいしい。ワイン用の葡萄はおいしくないなんていう説がありますが、全くのデマですよ~~。おいしいワインはやはりおいしい葡萄から作られます!!

子供たちはぶどう摘みそっちのけでぶどうを摘んでは食べ、摘んでは食べ・・

こんな風に一緒に働いている”馬場うまのすけ君”(←勝手につけました)に葡萄をたべさせてあげたり・・・

すっかり葡萄つみを忘れ、ブドウ畑を走り回っています。

f0036481_5512445.jpg

(このおうまさんも畑を耕したり、収穫した葡萄を運んだりしています。同僚です)

2時間ほどしてお食事タイム。

セバスチャンのおうちから持ってきたパンと、ハムとチーズで皆の労働をねぎらいます。
f0036481_7392266.jpg


このとき初めて2006年のセバスチャンのワインをいただいたのですが、


ん~~まぁ、なんておいしいサンセール!!といい意味で目が点。

私個人にとっては、サンセールのワインというのは、すこし青っぽい味で、今まであまり好んでは飲まなかったのですが、彼、セバスチャンのサンセールはグラスの側面にまったり絡みつくようなトロリ感。それでいてミネラルが感じられるのでくどくはない。しっかりとしたアルコールがワインのうまみを支えているという感じのいままでになかったサンセールワインです。赤ワインにも負けない存在感があります。

朝4時おきでパリから出てきた私たち、腹ペコでパンもチーズもハムもたらふくいただきました。

何よりワインをその取れた畑でいただくというのはとても贅沢な気分です。

さて、もう1時間くらいしたらママの作ったお昼ゴハンが待ってるよ


・・・ってコレお昼ゴハンじゃなかったの???いや~~ん知らんといっぱい食べてしまったやん!!


それからまた少し働き今度はセバスチャンのおうちでお昼のランチパーティ。
f0036481_623258.jpg

お料理上手のマダムが、総勢20人くらいのお料理を作っておうちで待ってくださっていた。

先ほどパンとハムとチーズをたらふく食べたはずだったのに、おいしそうなお料理と楽しいお者べりと、珍しいワインをたくさん出していただき、またまた

飲むわ、たべるわ!!!

その後、先ほど摘んできた葡萄を圧搾。

f0036481_634356.jpg


↑こんな機械で圧搾。一緒に行ったカメラマンのH氏は撮影のお仕事・・・

夜もママが用意しているから・・・

というセバスチャンの言葉に甘えて、またこの後も夕飯をご馳走になる。

夕食後のハーブティのために裏のお庭でマダムと一緒にハーブ摘み。
f0036481_632070.jpg


摘みたての、セージ、ローズマリー、タイム、アップルミントなどがたくさん入ったハーブティは心のなかまで温かくなりそう。

ママ~~なんか葡萄つみしに来たのかゴハン食べさしてもらいにきたんかわからんね

という次男の疑問をしっしっ!!と黙らせ、夜のディナーパーティにまで参加したあつかましい私たちなのでした。

このワイン日本でも購入することが出来ますよ。2006年セバスチャンリフォー。キュべ アクメニネ。最高です。

で、2007年のワインには私の摘んだ葡萄も入っているはず。きっとよりおいしくなってるよ~~~。(なんて・・・)

セバスチャンのワイン、日本のサイトにもありました。

セバスチャン!!楽しい時間と、おいしいお料理ありがとう!!のお礼にちょっと宣伝しておきま~~す。

Nさ~ん。来年もまた誘ってくださいね~~~~
[PR]
by parisatsuko | 2007-10-15 06:10 | 旅行記

2007・10・7日曜日 展覧会だしました。


前回記事アップしていた

NOS QUARTIER ONT DU TALENT
(”私たちの町には才能がいっぱいよぉ~~~”展覧会)
本日無事終わりました。私にとって、とてもとても素敵な展覧会だったので今日中にアップしま~~~す。

今日だけの展覧会だったんですが、1日といえども、絵の額装から展示方法の打ち合わせから絵のタイトルの作成から、結構準備することが多くって、なんだかばたばたした日を送っていました。

搬入も当日!!

というハードな一日で、そのうえこんなときに限ってダンナのYASUSHIくんは日本出張中・・・力持ちのはずの長男も次男もこんなときに限って別の用事が入っていたりして、つかえないったら!!

こうなったら仕方ない!朝一番で

ありえね~~~~っ

量の絵を抱え込んでタクシーに乗り込み、会場到着!!

もう、すでに半分くらいの人が展示を終えていて、

どうぞこの釘つかってね

とか

なにかいるものがあったら遠慮なくいってね

なんて一人でえっちらおっちらやっている私にとても暖かい言葉をかけてくれる。

少し緊張していたんだけど、滑り出しからとても和やかな感じで、エクスポジション(展覧会)始まりました。

一人一人に結構大きなブースが与えられていて、もう少したくさん作品をもっていきたかったなぁ~~なんて思ったりもしたけど、まぁ今回はコレが限界でした。



設置完了!!
f0036481_6213299.jpg


私の今回の作品は主に

トロンプルイユ

だったんですが、周りのブースを見ると


油絵、水彩画、カルトナージュ、彫刻、イコン、舞台衣装、ラジコンカー作り・・・

など本当に多岐にとんでいて・・・

f0036481_622045.jpg


f0036481_622252.jpg


f0036481_6224683.jpg



で、このみち30年!!どうだぁ~~

というプロもいれば

まだ絵を書き始めて1年なのよ~~ん

というアマテュアの人もいて、

でも皆、自分の作品にほこりを持っていて、こういうところでフランス人って絶対謙遜なんてしないんですね。でも人の作品もきっちりレスペクトする・・ってそういうところがとっても気持ちいいんです。

自分の作品をたくさんの人に見てもらう快感というのはプロもアマも同じなんですね。きっと。

いろんなジャンルのアートをやっている人とたくさん話をしてまた絵を描くモチベーションをたくさん貰ってとても充実した一日でした。


この展覧会、市長さんもラフな休日スタイルで登場。

f0036481_6231949.jpg




なんと、名誉なことに私のブースによってくださり

とても楽しい作品を見せてもらってありがとう。あなたの才能を街の人間としてほこりに思いますよ。

なんて、最高のほめ言葉をいただきました。

”Merci beaucoup monsieur le maire.moi aussi,je suis tres fiere de habiter cette ville.(ありがとうございます。市長さん。私もこの町に住んでることをとてもほこりにおもっています。)

なんて、私もフランス人を見習って謙遜せず!!

日本語に訳すとなんだかこっぱずかしくなるような言葉でお返しして・・・こういうやり取り、フランス語って自分に酔うわ~~ん。(苦笑)

その市長さんに一番気に入っていただいたのがコチラの作品。↓

f0036481_6235686.jpg



f0036481_6241724.jpg







以前にブログアップしたこともあるポルトガルのアスレホスというアンティークのタイル画のイミテーションです。
イミテーション・・・というのはね、タイルに描いているわけではなく、木の上に描いているから。タイルとタイルの間の溝もひび割れもすべて筆で描いています。

touchez(触ってみてね)

と絵の横にかいて貼っておいたので、前を通る人がみんな触っていきます。

そのたび

え~~~~うそ~~~タイルじゃないの??

とか

木に描いたなんてうそでしょ!!

なんていってくれるのがとても楽しい。

↓こんな風に笑いながら皆触っていきます。

f0036481_6245896.jpg



この作品↓もおさわりオッケイ
f0036481_6254582.jpg


木の上に描いてその後電動のこぎりで切って作ったポンペイ風のツボです。(コチラもブログに2度目の登場です。)

展覧会の途中には市からワインが皆にふるまわれ、ワイン片手にお隣のブースの人とおしゃべり。このゆるさがなんだかとってもいいなぁ~~~


ブースには芳名帳も置いておきました。芳名帳ってフランス語で

livre d'or(リーブルドール・・・黄金の本)
といいますが、まさにコレは私にとって金の宝物になります。
f0036481_6275154.jpg



・・・そして、お休みの日に遠くから来てくださった、お友達の皆さんも、本当にありがとうございました。parisatsuko感謝の気持ちでいっぱいです!!
[PR]
by parisatsuko | 2007-10-08 05:44 | 私の作品 など


パリ生活10年にピリオド。京都で絵の教室と、お料理の活動をやっています。


by parisatsuko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
京都のこと
お料理
地図のないパリ散歩
私の作品 など
美味しいパリ
フランスで見つけたもの
暮らし
旅行記
お料理教室
日記・・・のようなもの
バトン
京都
ギャラリー Mon prefere
未分類

以前の記事

2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 05月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月

お気に入りブログ

フランス存在日記
パリときどきバブー  f...
*petit a pet...
パリでリラックス
My funny Val...
JOURNAL Le C...
ドイツでTea Time
だらっとブログ
まめころりやおき
Hillside Kit...
代官山だより♪
La Vita Tosc...
Sapin mon to...
mimi,jean,pe...
En fin de jour
色彩の力 杉並幸せ探しの...
エキサイトブログヘルプ
pour toujours
沖縄のお菓子教室、和食教...
パリ日記♪  着物でパリ
Chéris-1et3-話
エリオットゆかりの美味し...
着物でパリ
Ça m'est res...
ようこそ!
Kanaboの気まぐれM...
paris-atsuko...
パリでドルチェ・ビータ
京都でフランスおばんざい

ライフログ


DREAM PRICE 1000 南佳孝 モンロー・ウォーク


Modern Belly Dance from Egypt


ベスト・アンコール


KIHACHI四季のレシピ集 (4) 冬

検索

タグ

(49)
(30)
(15)
(14)
(12)
(9)
(8)
(5)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理・レシピ
レストラン・飲食店

画像一覧