<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

・・・ちょっと泣けるかも・・・(!!)


毎年、欧州在住の日本人を対象に JAL が主催するエッセイコンテストというのがあるのですが、
一昨年、次男のTAKUMIくん。優秀賞をとりまして、私ったらめっちゃ親バカぶりを発揮いたしまして、ブログにも載せさせていただいたのですが、
今年、だんなYASUSHIくん

最優秀賞!!!

受賞いたしました。

欧州地区では元旦の日経新聞欧州版というので既に発表だったのですが、身内ながら心がキュンとなるいい文章だと思ってしまったので、ちょっとブログの記事にさせてもらいました。

題名は母とパン

次男が生まれた時に生まれて初めて飛行機にのってヨーロッパにやって来た義母のお話・・・

海外に住んでいて、一時帰国したり、親戚や知り合いが遊びに来てくれるのはとても楽しいのだけど、その分はなれるときは日本にいるのの何倍も辛いものがあって・・・それが肉親だと

次会うまで、絶対に元気でいてね、絶対ね!!

と祈りに近いような気持ちになります。

そんな、気持ちで遠くに住む母を思いながら、彼が綴った独り言みたいな文章です。良ければ読んでみてね。

あ!それと、今回長男も実は佳作を頂きました。

こちらの題名は鉄火巻きと盛り合わせ

もう直ぐ、日本に一人で帰国する15歳の少年が、フランスで暮らして15歳なりに考えた

海外で生きること

です。こちらもどうぞ・・・・

↓クリックでエッセイ目次ページに飛びます。

エッセイへ・・・ジャンプ!!2009年分をごらんくださいませ。

・・・・すいません。身びいきな記事になってしまいました。

と、なんだか、作文好きな私達です。

ダンナ"YASUSHIくん”。副賞の日本往復ビジネスクラスチケット(!!)を握りしめ、日本に帰る日を夢見る日々です。(いいなぁ~~~)
[PR]
by parisatsuko | 2009-02-23 06:00 | 暮らし

やっぱりやっぱりお好み焼き、すっきやねん!!


帰国するお友達から

特大ホットプレート

をゆづってもらい、久しぶりに腕がなるなるお好み焼きパーティ

殆どの関西人は

お好み焼き??そんなん食べに行くよりうちのがいちばんおいしいがな!!

といいますが、(←私の身内では調査済み!!)

私もうちのお好み焼き世界一!!

と自画自賛する典型的関西人でごわす!!

・・・・というわけで、先日、自らタイトル付けして、(←迷惑な奴!!)
世界一美味しいお好み焼きパーティやりました。


女同士のお好み焼きランチ、鉄板出してチャンチャカするだけじゃ、お洒落じゃない!!ということで少しテーブルもセッティングして、前菜もちょこちょこと作ったりしてね。

まずは、部屋の香りを決めてっと・・

↓きょうはこれ!
f0036481_548304.jpg


和風のお料理を出す時の香りはほのかな香りの御香その中でも引香という練り香が食事を邪魔しなくっていいのです。

日本帰国の際にはいつも沢山の御香を買って帰りますが、今日はその中でも

松永堂の春の花

というほんのり梅の香りの御香をチョイス。2月は梅の季節ですからね~~。専用の香炉に墨をおこし、その熱でほんのり香りをくゆらせます。ん??焼肉みたいって??ほんとほんと(笑)

テーブルはちょっとアジアンぽくしてみました。
f0036481_5494039.jpg


前菜はちょこちょこ前菜の盛り合わせです。
f0036481_5501332.jpg


グレープフルーツとアボガドのサラダ、ビーツのプチスイス和え、かぶとネギの白味噌酒粕スープ、シェーブルとイチジクのミルフォイユ。フレンチ冷奴。

四角いお皿に盛ると洋も和っぽくなる感じ。

あ!フレンチ冷奴って気になります??これ一度パリのビストロで本当に出てきた前菜なんですけど、冷奴に醤油、マヨネーズ、トマトケチャップ、おかか、玉葱のスライスをかけただけのもの。日本食ブームが作ったアヤシゲな摩訶不思議な日本食だけど、めっちゃ美味しいのです。ぜひぜひお試しを!!


さてさて、メインイベント~~~お好み焼きです。

具材をずらりと鉄板のまわりに並べてっと。ぜんぜんお洒落じゃないけどね。
f0036481_5505488.jpg


ところで、うちの世界一のお好み焼きにはいくつかポイントがありまして・・・

その1.春キャベツは使うべからず!!
   ヨーロッパには日本みたいに柔らかいキャベツが余り無くって、どちらかというとキャベツは煮込み用なんだけど、このキャベツがお好み焼きに合うのです。その代わりしっかりみじん切りしないといけません。

その2.生地にはベーキングパウダーとミルクをいれるべし!!
   ベーキングパウダーがふわふわ感を、ミルクがコクをあたえます。

その3.小さなボールを用意してお好み焼き1枚づつ作るべし!!   
   具や、卵などは1枚分づつ作ります。小さくって柄の長いスプーンを使ってしっかり空気をいれ込みながら具材を混ぜていきます。具材が多少飛び散ろうが気にしちゃダメ!!ふだんから手首を鍛えておくべし!!(??)

その4.お好み焼きはぜ~~ったいに押さえつけるべからず!!
   ついつい焼いているうちに触りたくなりますが、むやみやたらに触らないこと!!そして蓋 をして、中火でゆっくり蒸らすように火を通します。そうすることによって外は”カリッ”なかは”ふわっ”のお好み焼きの完成。
f0036481_5515845.jpg



デザートは、お口直しに
杏仁豆腐とふるふる白ワインゼリーフルーツ盛り
f0036481_5524935.jpg

ゆるゆるにやっと固めた白ワインゼリーを一度フォークでぐちゃぐちゃにして、ミントを混ぜて、杏仁豆腐とフルーツの上にかけました。

ワインは

f0036481_5551090.jpg

大好きなマークペノのシャポームロンもう何度もブログで紹介していますが、これお好み焼きに会うワイン!!なのですよ~~。お好み焼き=ビール。いえいえ、ちゃんとお好み焼きにあうワインがあるんですよ。



と、お好み焼きで満足満足の月曜日。その次の日もまたまた先週は我が家でお友達とのパーティ。・・・

madame Tさんからはサランラップで作るフォアグラのテリーヌ。
イタリアからこられたmadame Sさんからは本場のバーニャカウダ

フォアグラのテリーヌって今までレストランで有難くいただくもの!と思っていたのが、

なんと!!
サランラップと蒸し器で5分で出来上がり!!

お味も本格的。フォアグラのテリーヌにはりんごのチャツネを添えて。
他にも前菜を色々作って、みんなで試食。
f0036481_622837.jpg



バーニャカウダは、イタリア語で”温かいお風呂”。アンチョビとにんにくをオリーブオイルで温めながら色んなお野菜をつけていただくお料理。madame Sさんが持参してくれたバーニャカウダ用のSTAUBのココット。滅茶苦茶可愛い!!ほしい~~~。(しまうところがあれば・・・)

f0036481_62552.jpg


この後、サルビアバターソースのニョッキなども作ったのだけど、もう話に夢中ですっかり写真もとりわすれてしまいました・・・(爆!!)

レストランでのお食事ももたのしいけど、こんなおうちパーティに最近はまっている私です。
[PR]
by parisatsuko | 2009-02-16 05:42 | お料理

paris,kyoto 水彩画

スケッチに出かけて描いた最近の水彩画です。

年末に、長男の受験で日本に帰国していた時に京都にて描いた2点。

清水寺

f0036481_1211457.jpg

11月の終わり、紅葉の真っ盛りの時期の清水の舞台です。
わたしったら、何年も清水寺とは目と鼻の先の祇園という所に住んでいたのに、この紅葉の時期に清水寺に行ったのが生まれて初めて(!!)
あんなにも真赤に燃えているような葉っぱの色は初めて見ました。どうしても絵の具では出せない赤です。でもあまりの感動に、その場でスケッチブックを開いて思わずさらさらと・・・・
観光客に押し合いへし合いされながら10分ほどで描いたモノ。


北野天満宮

f0036481_1215223.jpg


こちらは本殿ではなく、裏の方から入ったところ。長男の受験結果を待って、合格祈願に毎日のように通いました・・・・こういう社寺の立っている場所って、空気や、土壌から出てくる気が其処だけ違う気がします。晩秋の雨上がりの北野天満宮。受験結果を待つ落ち着かない気分が出てる感じ・・・かな?


さてさて、こちらからはまたパリです。

Rue Beaujolais(ボジョレー通り)

f0036481_123838.jpg


パレロワイヤルの裏道、ボジョレー通りです。一本出ると賑やかなオペラ通りなのに、ここはひっそりとしています。”グラン・ベフォー”という三ツ星レストランがありますが、voiturier(車番)のおじさんが、ひまそうに(??)道行く人と世間ばなしをしてました。車止めに腰掛けて絵を描いている私の横にもしょっちゅう寄ってきて、

ぼくはかっこよく描いてくれてる??

なんて、気にしてました。


サン・ローラン教会

f0036481_12350100.jpg


余り馴染みの無い教会かも。パリ東駅の近くにある教会です。この近くに、難民センターなぞがあるらしく、絵を描いていた公園にも、そういった人が結構たむろしてました。この辺りまで行くと、パリの影の部分がたくさん見えます。そういった気分で描いたからか、なんだか少し”おどろおどろしい”絵になっちゃったね。

セーヌ河とコンシエルジュリー

f0036481_1244741.jpg


セーヌの河の風景はどこをとっても絵になるんだけど、セーヌとコンシエルジュリー(←マリーアントワネットが処刑の前の数日間幽閉された所です。)の風景は本当に絵になり、いつ行っても”描きたい”と思ってしまう。

古いパリのアパルトメント

f0036481_1252127.jpg


街中からはずれた、下町に行くと、こんな、はげかけた漆喰の壁のアパルトメントをよく目にします。美しくはないかもしれないけど、これも私にとってはパリを感じさせる風景。この絵は、ポスターから模写しました。外壁はこんな感じでも、結構広くて明るい中庭があったりして、
”のぞいてみたいなぁ~~~”

という気にさせられます。

京都もパリも描きたい所が一杯。絵を描くのに良い処を御存知でしたら是非是非おしえてくださいね~~~。
[PR]
by parisatsuko | 2009-02-10 01:16 | 私の作品 など

今日のだしもの(お料理)は??

1ヶ月に1度のペースのシェフのお料理教室

今月は我が家にて・・・

テーブルのセッティングは、料理からイメージしたり、メインの食器をきめたりと先ずポイントとなるものをきめるのだけど、今日は昨日、お友達にもらった

可憐な可憐なチューリップ

の花束があったので、先ずテーブル花から決めて、食器のチョイス。

本日のテーブルのテーマは

春をまちながら・・・

ということでこんな感じに。涼しげな透明の石ガラスと一緒にアレンジしてみました。

f0036481_723962.jpg


この垂れ下がるチューリップの感じがとっても好きっ!!

前日の夜にセッティングをしていたのですが、朝起きるなり次男

ママ!!えらいこっっちゃ~~~。チューリップが全部枯れてるやん!!

・・・ははは。そう見えるか??

本日の前菜は

海の幸のサラダを作りました。

f0036481_7234289.jpg


エビにタコに、イカにムール貝に。。。サーモンに、そしていくらもトッピング。もうお皿が

地中海状態です。(・・・ん??地中海にサーモンはいないな???まっいいか)

魚介類はあくまでも半生にゆでて、マスタードドレッシングでマリネしておきます。ドレッシングが分離しない配合も大切。緑の野菜もいっぱい添えてねっ・・・


続いて、メインは

ウクライナ風ボルシチ

f0036481_7245543.jpg


骨付きの牛すね肉と、ビーツ、根セロリ、玉葱、にんじんなど色んな野菜を煮込んでいきます。
お肉はとろとろ、でも、野菜には少し歯ごたえも残し、色も綺麗に仕上るので、お鍋に入れる時間差に気をつけて。

レモンと、ダブルクリーム(サワークリーム)を添えていただきます。スープに入ってるトマトの酸味ととダブルクリームのクリーミーさがいい具合に融合してます。


チーズは

今日はバゲット(・・・とこんな名前のバゲットパンみたいなチーズがあるのです。)
マスカルポーネゴルゴンゾーラ
f0036481_7252993.jpg


こういうクリーミーなゴルゴンゾーラにはよく熟した洋ナシとアカシア蜂蜜、胡桃、そして粗引き胡椒をぱらぱらと振りかけていただきます。これ最近お友達から教わった最高の組み合わせ。ぜひぜひお試しを!!


ここまで来て、かなりお腹は満腹なんだけど、でもデザートはやっぱりベツバラ

f0036481_7255970.jpg


これ??あんことバナナをブリックの皮(アラブ料理で使う春巻きの皮みたいなものです。)
でくるくる巻いて、油で揚げたもの。それにマスカルポーネ抹茶クリームとキャラメルバニラを添えて、いただきます。

あんことバナナってどうよ??って思うでしょ。・・・・でもでもこれもミラクルな取り合わせ。星付級のお勧めですっ!!ブリックの皮が無ければ春巻きの皮で代用可ですよ・・・これだけ子供のおやつにしてもいいな~~~。


来月はアラブ料理を予定。アラブ料理といえばクスクス。クスクスがだ~~~い好きな我が家。これからもうレストランに行かなくっても良くなるかも・・・
たのしみ・・たのしみ・・・
[PR]
by parisatsuko | 2009-02-06 07:20 | お料理


パリ生活10年にピリオド。京都で絵の教室と、お料理の活動をやっています。


by parisatsuko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

カテゴリ

全体
京都のこと
お料理
地図のないパリ散歩
私の作品 など
美味しいパリ
フランスで見つけたもの
暮らし
旅行記
お料理教室
日記・・・のようなもの
バトン
京都
ギャラリー Mon prefere
未分類

以前の記事

2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 05月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月

お気に入りブログ

フランス存在日記
パリときどきバブー  f...
*petit a pet...
パリでリラックス
My funny Val...
JOURNAL Le C...
ドイツでTea Time
だらっとブログ
まめころりやおき
Hillside Kit...
代官山だより♪
La Vita Tosc...
Sapin mon to...
mimi,jean,pe...
En fin de jour
色彩の力 杉並幸せ探しの...
エキサイトブログヘルプ
pour toujours
沖縄のお菓子教室、和食教...
パリ日記♪  着物でパリ
Chéris-1et3-話
エリオットゆかりの美味し...
着物でパリ
Ça m'est res...
ようこそ!
Kanaboの気まぐれM...
paris-atsuko...
パリでドルチェ・ビータ
京都でフランスおばんざい

ライフログ


DREAM PRICE 1000 南佳孝 モンロー・ウォーク


Modern Belly Dance from Egypt


ベスト・アンコール


KIHACHI四季のレシピ集 (4) 冬

検索

タグ

(49)
(30)
(15)
(14)
(12)
(9)
(8)
(5)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理・レシピ
レストラン・飲食店

画像一覧