「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

パリ マストなワインレストランと運河の散歩


このところパリ。とても暖かな(少々気持ち悪いくらい・・・)毎日が続いています。

例年なら冬時間に変わった今頃、

カラカラと乾いた北風にコートの襟を立て、枯葉の中、街をゆく私

ではありますが・・・(←あんた!なに様??)

今日などは夕方になってもコートもいらないような暖かさ。。

そうそう、今日はお友達と月1回の

"マダム会”。

マダム会だなんて、なんだか仰々しい名前をつけていますが、要は、食べて飲んで、くっちゃべって、パリの中を練り歩くだけなんですけどね。

今日はパリのワインレストランでは

マスト ゴ~~
f0036481_755823.jpg


といわれているあのレストランへ・・・・

場所はサンマルタン運河のほとり。

少し早い目に家を出て、待ち合わせの時間まで運河沿いを散歩することにしました。

家からメトロ9番線に乗って、約35分。メトロ レピュブリックから、rue du faubourg du temple
に出て、5分ほど歩くともう

"運河の街”

です。

キラキラと輝く水面に目を細めながら木漏れ日を浴びて歩くこの道。ここも私の大好きな散歩道。

f0036481_6181383.jpg


この運河。観光船も運航していますが、水門の間に水を抜いたり入れたりして、その高低差で船が行き来する様子はあまりにものんびりしすぎていて、

”きっと、あれに乗ったら、かなりいらいらするだろうなぁ~~~~”

と思う位のロースピード。ほんとひたすらゆっくりした時間が流れています。

f0036481_6285836.jpg

あっ。向こうから船が来ましたよ。

その間は、普段車が通っている道も”ぐぃ~~~~ん”と動いて船の道が出来るのです。
開かずの踏み切りよろしく、道が再度閉じるのに、車のなが~~~い列が出来るのですが、

”どないなっとんじゃ!ごらぁ~~~~”

と怒って車から出てくる人も無く、船の行き過ぎるのを車から降りて見物してたりとか・・・なんだかとてものどか・・・
f0036481_636199.jpg


でも、こういうことも多いパリなので、待ち合わせの時間に遅れても

”あ!メトロが急に動かなくなっちゃってさ!!”
とか
”運河で船の行き来にちょうどあたっちゃってさ!!”

なんて、言い訳もたくさん可能なのでしょう。

私も思わず見入っちゃいました。

・・あ!いけない!待ち合わせの時間過ぎちゃった!!船のせいで遅れたって言お~~~っと。(ごめん)

そんな動く車道のすぐ隣に今日の目的のレストランはあります。

verre vole(ベール・ボレ)

f0036481_6464198.jpg

(↑うぅ~~~。車どいてくれ~~~)

ワイン好きなら、絶対にはずせないレストランです。ワインの、とくに自然派ワインの品揃えがまぁ~~すごいです。

マルセル・ラピエールもアルボアもダール・エ・リボもゴビーも・・・・(作り手とワインの名前ごっちゃですいませんが。。。)感涙の品揃え。お店の中には棚にど~~んとワインが積んでであり、好きなワインをそこから買って好きな料理といただくことができます。もちろんグラスワインもたくさんの種類から選ぶことができます。こちらもまたとてもレベル高いです!!

f0036481_6483767.jpg


食べ物は、黒板に書かれたものからチョイス。
f0036481_6492693.jpg


前菜。私はかにと根セロリのレムラードソースを。
f0036481_6502437.jpg


トモダチはマテ貝の土佐酢あえを・・・
f0036481_651445.jpg


このマテ貝。少しいただきましたが、アリゴテにものすごく合うのですね~~~。今日はいろいろなワインを飲みたいということでみんな違うグラスワインを注文しましたが、食事にぴったりのグラスワインを選んで出してくださるのもとてもウレシイ。のです。

メインは

食通の友人たちはフランスのいわゆる”親父ゴハン”

アンドゥイユ
f0036481_6584546.jpg

豚肉の内臓物のソーセージ。

濃厚なワインが絶対必要なお味。かなりクセがあります。

ブダン・ノワール
f0036481_6591067.jpg

豚の血のソーセージ。

こちらもまたおやじ好みのお味・・・

私はカイエット
f0036481_6535473.jpg

これはフランス、アルデッシュ地方の名物。豚肉とほうれんそうで作った肉団子を豚の脂で包んでオーブンで焼いたもの。だから、内臓系料理のようなクセはありません。パリのお惣菜やさんでもたまに手に入ることがあるそうですが、結構珍しいもの。濃厚なお味でワインのためにあるようなお料理でした。添えてあるサラダも、水菜やハコベなど(←フランスにもあったんですね)結構

草度

の強いもの。ガツ~~~ンと強いお味のお肉にはこのくらい強いサラダが合います。とメインはまさにフランスワインを味わうためのお料理。

特に友人の頼んだお料理はなれないと少しクセを感じてきついかもしれませんが、慣れると病みつきになるお味。・・・・といいながらも私、内臓だめなんです。日本の焼肉屋さんにいってもレバーですら頼めないのですから・・・濃厚なワインを片手にこういう

フランス親父系料理

を頼めたらかっこいいなぁ~~と思います。

ワイン片手にこんな通なお料理をほおばる友人を見ながら

”あぁ~~私、まだまだ修行がたりんなぁ~~”

と思った次第でした。

食後のカフェはちょっと場所を移して・・・

あまりにも有名ですね。

北ホテル

そう、あのフランス映画の北ホテルの舞台になったところ。今はカフェになっています。

f0036481_711927.jpg


今日は暖かいので、テラスでお茶を飲む人でいっぱい。
f0036481_7131911.jpg

↑ぼくにもちょ~だい。と前足を伸ばしていたわんこ。あまりにかわいかったので思わず写真を撮りました。・・それにしても、

なんでこんなに絵になるの?カフェに座ってただ茶、しばいてる(←関西人ならわかりますね。)だけのフランス人!!

しゃ~~ない。私たちは奥でお茶をのみますかっ。emoticon-0147-emo.gif

でもまた中がとてもシックなこと!!私にも、なんだか映画のワンシーンの中に入ってしまいそうな錯覚に陥らせてくれます。そんな錯覚をたくさん重ねていくうちにフランス人のように、すっとこういう空間が自分に添うようになればいいのですけれど。

f0036481_7165017.jpg


f0036481_7172215.jpg


f0036481_7175986.jpg


さて軽くカウンターでエスプレッソを引っ掛けたら、もう少しそぞろ歩きをしましょう。

北ホテルを出て、rue lancryを歩くと面白いお店がたくさんありますよ。

f0036481_7231249.jpg

↑このレバノン料理のテークアウトのお店はパリでも屈指においしいらしく、

f0036481_72411.jpg

↑お客さんをあきらめて居眠りをしているおじさんの散髪屋さん。とてもかわいいんだけど、不気味なゲーンズブールのマネキンがさらにお客さんを遠のけてるような気がしないでもない・・

f0036481_7254763.jpg


そして、今日もまたこのパン屋さんでパンを買って帰りましょう。
f0036481_7264117.jpg


”DU PAIN ET DES IDEES"詳しくはこちらをクリック!

今日は子供の水泳教室の日。待ってる間の私のおやつ。子供におやつに持たせます。
f0036481_730646.jpg

バナナとチョコレートのパン・オ・ショコラ。よく焼けてぱりぱりのクロワッサン生地の中にバナナとチョコレート。おいしくないわけがありません。

おいしい散歩はまだまだ終わりません。
レピュブリク広場にあるBROCCO
f0036481_7333229.jpg


パン屋さん兼ケーキ屋さん。

季節のフルーツの素材の味が生かされた、やさしい味のケーキ。お砂糖の量も控えめであくまで素材の味が光ります。お値段も3ユーロ前後と、パリにしちゃ結構安め。でもとても見目麗しいケーキがショーウインドウを飾っています。

f0036481_7363680.jpg


f0036481_737682.jpg


ケーキを選ぶのって、いつもとても楽しい時間ですね。

ケーキを買ったら、そろそろ帰りの時間。レピュブリック広場のマリアンヌさんも

そろそろ帰りなはれぇ~~~

と言ってます。
f0036481_8134752.jpg


あ!今日買ったケーキはフランボワーズとパッションフルーツのムース。とフランボワーズとホワイトチョコのクレープ包みケーキでした。

f0036481_7425584.jpg

↑こら!こら!クレープ生地の中身。覗くんじゃ~~ない。


VERRE VOLE
67 rue de lancry 75010 paris
tel 0148031734

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
↑よろしければクリックいただけるとうれしいで~~~す。
[PR]
by parisatsuko | 2009-10-28 07:43 | 地図のないパリ散歩

スケッチブックとカメラを持ってパリ散歩


久しぶりにとても気持ちのいい秋晴れの日曜日。お掃除とバンゴハンの準備を済ませ、子供を連れてお気に入りの場所に繰り出しました。

・・・お掃除とバンゴハン??

私。外出して帰ってきたときに家が散らかっていると、なんだかテンションが下がるのです・・・・


お出かけ前の掃き掃除、拭き掃除は絶対!!emoticon-0133-wait.gif

・・・そのために出かける時間がえらく遅くなってしまって

”わたしあほか?!”

と思うこともあるのですけど・・・まぁ性分だから仕方ありません。

家がピカピカになったらさてさてお出かけ。楽しいお出かけから帰ってって来たら温めるだけのシチューとぴかぴかのおうちがお迎え・・・いい感じemoticon-0152-heart.gif

今日の行き先はパンテオンからルクソンブール公園にかけて、カルチェラタンへのお散歩です。


一緒にパリ散歩いきましょ~~~。

パリ散歩はここをクリックねっ!
[PR]
by parisatsuko | 2009-10-20 01:46 | 地図のないパリ散歩

RYUZOさんのお洋服

昨年に共通の友人を介してお友達になったデザイナーの

NAKATA RYUZO"さん。

もともと、エマニュエルウンガロの右腕として17年オートクチュールのデザイナーとして活躍されたあと、いまは

BIJEUX DENIME(ビジュー・デニム←ビジューとは宝石という意味。)でその名を馳せる

”RYUZO NAKATA EXCLUSIVE PARIS"

のオーナー件デザイナーさん。

一つ一つオートクチュール感覚で手作業で作られる1点もののお洋服。スワロのビーズやアンティークレース、刺繍などが品よく散りばめられたお洋服は、見ているだけで溜息が漏れます。

我が家と同様。RYUZO家も食べることが大好きで、グルメ情報の交換とか(・・といっても専ら私達がおしててもらっているのですが・・・)おうちで一緒にゴハン食べたりして、このところ親しくさせていただいています。

たまに日本の雑誌などで、

"藤原紀香さん”や"黒木瞳さん”など、そうそうたる女優さんたちがその

ためいきもの

のお洋服をまとってにっこり微笑んでらっしゃるのをみて

”WATANABE家の手羽先。サイコ~~~”

なんていってるRYUZOさんとはなかなか一致しなかったりと不思議な感覚ではあるのですが・・・

パリの7区のひっそりとした小路にある隠れ家のような素敵なアトリエ件、ご自宅件、プライベートサロン。
たくさんのオートクチュールとRYUZOさんの大好きな豹柄の小物やリネン類に囲まれたアーティスティックな空間です。
f0036481_2226301.jpg


f0036481_22284118.jpg

↑こんなキティちゃんもお迎え。

最初はだんなYASUSHIくんがまずビジューデニムをオーダー。
f0036481_23241767.jpg


その出来上がったデニムを取りにアトリエにお伺いがてらRYUZOさんの手料理をご馳走になり、サロンをうろうろ見ていると・・・見つけてしまったのですね。とても素敵な

ビジュー・デニムのスカート!!!

そちらは既に日本へ、売約済み。泣く泣く諦めていた所。昨日

"同じもの作っといたよ。”
とご連絡が入り、取りにうかがいました。

f0036481_2324523.jpg

スカートの形自体は、ミニ丈でかなりカジュアル。でもたくさんのビーズやレースが散りばめられていて、そのミスマッチがとても気に入りました。

f0036481_23264573.jpg

たくさんの手仕事が施されています。

"トップスにはシンプルなカットソーがお勧めかな??”

というRYUZOさんのアドバイスどおり、シンプルで上質なシルクのシャツか何かに合わせて・・あしもとはエンジニアブーツなんかににして、ミスマッチで着るのもいいかもね~~~~。と思っています。

旦那が

”なんかちょっとしたパーティの為に・・・

ということで注文していた黒のビジュージャケット
f0036481_23273768.jpg

も仕上がっていました。


なんかちょとしたパーティ

・・・っていったい、いつあるのん??

このジャケットを実際着ていく機会が本当にあるのだろうか?

疑問だ!!


専属スタイリスト(??)の私としましては、上はドルガパあたりのVネックの黒のTシャツ。下はダメージジーンズ、裸足にスリッポン、にこのジャケットを羽織るのをおすすめするんですけど・・・いかが??ちょっと

ホスト系??

だんな?普通のサラリーマンですが・・・なにか?

でもここに行くと本当に目の毒でね~~~。またまた出逢ってしまったのですよ。もう私との出会いを何年も待っていた白のジャケットさん。(ということにしといてください)一晩悩んで・・で、やっぱり

なんかちょっとしたパーティ

にも着ていけるもんね~~~。

と、またまた
なんかちょっとしたパーティ用にゲットしちゃいました。(←だからいつあるの??っつ~~の)
f0036481_23311835.jpg


こちらは、見本として作られたものなので少しお安くしていただいて・・・といっても私にしては、清水の舞台ならぬ

エッフェル塔からダイビング~~~~

くらいの気持ちだったのですけど・・・
ちょっとしたパーティを待たなくてもダメージジーンズなんかに合わせて、着てみるつもり。


RYUZOさんはお料理もプロの腕前なのですが、この間いただいたお手製のイタリアン。

ズッキーニの花とトマトのんぷら
f0036481_21454659.jpg

↑衣はビールでといてオリーブオイルで揚げてあるので、サックサック。

ファルシー2種
f0036481_21471697.jpg

↑ズッキーニの中にはハーブで味をつけた豚肉ときのこが入ってます

f0036481_2147486.jpg



サラダ
f0036481_214903.jpg

↑サラダ類は全てイエナのマルシェの”ロビュッション”のお店のもの。トマトの味が感動的に濃くっておいしいのです。このお店にはごぼうや春菊、はては壬生菜まで売っているのです。

手長エビのリングイネ
f0036481_2151338.jpg

↑リングイネはナポリのセターロのもの。ここのリングイネは別物ですね~~~。
エスプレット唐辛子がまたエビのおいしさを引き立てます。

いちごのロールケーキ
f0036481_21533751.jpg

↑デザートは私が担当。イチゴのショートケーキにしようと思ったのだけど、崩れそうなので形を代えてロールケーキです。クリームにはお砂糖と白ワインのジャムを加えて少し大人の味にしてみました。

どれもプロのお味。パリで一番おいしいイタリアンのお店です・・・

きらきら輝くオートクチュールのお洋服と、RYUZOさんの大好きな豹柄のリネンや小物。摩訶不思議な、でもなぜかおちつく空間で頂く至極のお料理。贅沢な時間を過ごさせていただきました。

でも・・でも。これから暫くは我が家でゴハンしましょうね~~~だって、またふらふらと絶対買っちゃうですもん・・・


RYUZOさんのセレブリテいっぱい、パリのグルメ一杯のオフィシャルブログはこちらから↓
RYUZO NAKATA
OFFICIAL BLOG




にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

↑ヒカリモノがお好きなあなたも、”わたしゃ内面から輝くのよ!!”というあなたもどうぞ、またまた応援クリック宜しくおねがいしま~~す。
[PR]
by parisatsuko | 2009-10-11 22:33 | 暮らし

踊る!踊る!踊る!アラブ料理の会

ここパリに住む人はみんなが青いお目々のブロンドの髪をなびかせる

フランス人

というわけではなく。肌の色も目の色も髪の毛の色も考え方も全く違う人たち。

中華系、インド系、アフリカ系・・・そしてアラブ系・・・

様々な理由、様々な歴史の波にもまれて、この地に流れて生活している人がたくさん。まさに

人種のルツボ

私もその一人なのですけどね。

だから、日本にいるときっと出会うことが無かっただろう色んな人種、国の人との出会いが溢れています。これもパリで生活する一つの面白さでもあります。

そんなお友達の一人。アルジェリア人のファティマ

ご招待を受けた知り合いのパーティで知り合ってなんとなく意気投合してしまった彼女。ウチの"お絵かきアトリエ”にも通ってくれるようになったりしてるのですが、

肝っ玉かあさんの彼女。お料理もプロ!ということで

”スパイシーな本場アラブ料理を教えて~~。”

とお願いしてお友達を集めて、我が家にて、アラブ料理講習会やってもらいました。

頼まれてパーティのお料理のデリバリーのお仕事もしているという彼女。鍋、釜、包丁、材料などを引っさげてやってきました。

ラマダン(断食)週間があけて直ぐの彼女。作る気も食べる気もマンマン。食材の入った袋からは既に

アラビア~~~ン


な、見知らぬ異国の香りがします。

今日はこんなテーブルをしつらえてみました。
f0036481_292210.jpg



アラブといえば ゴールド、 ベリーダンスかな?ということでセンターテーブルにはベリーダンスの衣装、そしてプレゼンテーション皿は金のお皿です。

今日のお料理、前菜は2品。

一品目は KEFTA(ケフタ)

f0036481_0451539.jpg


見た目は日本のハンバーグを串刺しにしたものです。でもコリアンダーやクミンなどの香辛料をバランスよく混ぜ込んだスパイシーなお味。ソースはグリーンペッパーのマスタードで作ったものでした。

このお料理はトルコやギリシャにもあって、トルコではヨーグルトをつけていただいたりするのです。ギリシャでは油で揚げたナンにこれとしし唐やトマトの焼いたのを載せてオリーブオイルをつけて食べたりするのです。以前ギリシャで食べて感動したのと同じ味でした!!

前菜の2品目はサラダミルフォイユ
f0036481_0501358.jpg


写真がイマイチ綺麗じゃなくってごめんなさ~~い。

中身はツナやオリーブ、たくさんの野菜、固ゆで卵。そしてこちらもグリーンペッパーのマスタードで作ったマヨネーズ(←これがスパイシーでめちゃくちゃおいしい!!)であえたもの。それを甘くないクレープと層にして、切り分けていただくのです。

けっこう

ドバドバ~~

と入るオリーブオイルの量を見ながら日本語でひそひそと

きゃ!かなりのカロリーだわねぇ~~

と言ってると、

全然よ!これもの凄く軽いのよ。カロリーももの凄く低いのよ。
(カロリーという言葉に反応して私達のひそひそ話を理解したらしい)

・・・って、まぁやっぱり日本人の思う軽さとはレベルが全く違うようで・・・ね。

で、本日のメイン。

アラブ料理といえばやっぱりクスクスかタジンでしょ。

今日はラム肉のタジンにしました。


タジンと一言で言っても国によって、地方によってものすごい種類があるらしい。今日はラム肉と野菜の詰め物のタジン。

TAJIN D'OLMA
↓たまねぎ、ズッキーニ、ジャガイモなどにお肉を詰めて用意します。
f0036481_191323.jpg


OLMAとはフランス語でいう所のファルシー。つまり詰め物ということなのです。最も手間のかかるタジンだとか・・・

本当はタジン鍋↓
f0036481_2123982.jpg


で作るのがプレゼンテーション的にも素敵なんだけど、あなたたち日本人はそんなの買う必要ないからね。
厚手のお鍋で充分よ。

・・・とファティマ。

そうそう、いま日本ではこのタジン鍋がなんだか流行っているみたいで・・・・ほんとは私ちょっと欲しいなぁ~~なんて思っているのです。形がとても可愛いですものね。(片付けるのがたいへんそうだけど・・・)

様々な香辛料と香味野菜、ラム肉をコトコトゆっくり煮込んでお肉が柔らかくなったら、準備しておいたファルシーをお鍋に入れてさらに煮込んでいきます。

f0036481_1123539.jpg


こういう煮込み料理。ブイヨンキューブを入れてお手軽においしくすることも可能なのですが、絶妙に香辛料や香味野菜の量を調節して煮込んでいくと、人工的な味付けや甘味は必要ないのですね。旨みも甘味も全て材料からかもし出されます。

かなりスパイシーなお料理なのですが

体に優しい~~~

お料理でした。そのあと変な喉の渇きが無いのもいい。

f0036481_131276.jpg


こんな風に大きなお皿に盛り付けてみました。松の実とアーモンドを油で揚げたものをのせ、レモンを絞っていただきます。

ワインも今日はアルジェリアのワインをいただきました。
f0036481_1353753.jpg


はじめて飲んだアルジェリアのワインは、太陽と土の香りのする野生的なワインでした。

つづいてデザート

アラブのデザートって

"なんちゅう甘さなんでしょ~~。たすけて~~~”

というものが多いのですが、こちらもまさに!!

典型的なアラブ菓子。アーモンドとピスタッシュの"BAKLAWA"(バクラワ)です。

パートフィロと溶かしバターを層にしてその中にアーモンドとピスタッシュペーストを挟んだ、そりゃそりゃ甘~~いお菓子です。

アラブのおばちゃんって、例外なく体格のよい人が多いのですが、私は、このお菓子のせいにちがいないっ!!と思ってます。

f0036481_1241342.jpg


そして、さらにこのお菓子はあま~~い、ミントティと共にいただきます。

ミントティは空気と触れさせてまろやかにする為にこんな風に注いでちょうだいね・・・↓
f0036481_130638.jpg



甘いお菓子と甘いお茶。ここフランスでは

"あま~~い!!あま~~~~~ぁい!”

と大騒ぎしながら食べてますが、きっと灼熱の太陽が照りつける乾燥したアラブの国ではその風土にあったお菓子なのでしょう。

そう!!前世アラブ人だったからわかります。わたし・・・

↑正確にはトルコ人ね。以前知り合いの占い師に”あんた前世トルコ人や!!となんだかわけのわからん占い結果をもらったことがあります。

f0036481_137242.jpg


今日のBGMはは↓こんなアラビアンなミュージックを選びました。
f0036481_3591546.jpg

こういう曲が流れると自然に腰が動き出すわよ~~

と、センターテーブルにしていたベリーダンスの衣装を

むんず!


と掴んで、ダンスショーまで始まりました。

f0036481_1454124.jpg


自己紹介にも書いておりますが、私、趣味の一つがベリーダンスでしてね・・・
f0036481_1504791.jpg


何をトチ狂ったかこんな↑衣装まで作って2度ほどステージなんぞで踊ったなどという、ちょっぴりエキサイティングな過去があるんですがね・・・(なんか急に恥ずかしくなってきた・・)

ファティマの踊り見て、アラブ料理を食べて血がちょっとアラブ寄り(??)になってきたのかしら??前世の記憶が戻ったのかしら??なんだかまたお腹出して踊りたくなっちゃいました。

ファティマ~~ほんとにおいしいアラブ料理ありがとうね。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

↑この"地味”な衣装を着て、一緒に踊り狂ってもいいわ!とおっしゃる方も”それだけは勘弁して~~~”という方も、皆様どうぞ応援のクリックおねがいしま~~す。
[PR]
by parisatsuko | 2009-10-04 02:01 | お料理


パリ生活10年にピリオド。京都で絵の教室と、お料理の活動をやっています。


by parisatsuko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
京都のこと
お料理
地図のないパリ散歩
私の作品 など
美味しいパリ
フランスで見つけたもの
暮らし
旅行記
お料理教室
日記・・・のようなもの
バトン
京都
ギャラリー Mon prefere
未分類

以前の記事

2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 05月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月

お気に入りブログ

フランス存在日記
パリときどきバブー  f...
*petit a pet...
パリでリラックス
My funny Val...
JOURNAL Le C...
ドイツでTea Time
だらっとブログ
まめころりやおき
Hillside Kit...
代官山だより♪
La Vita Tosc...
Sapin mon to...
mimi,jean,pe...
En fin de jour
色彩の力 杉並幸せ探しの...
エキサイトブログヘルプ
pour toujours
沖縄のお菓子教室、和食教...
パリ日記♪  着物でパリ
Chéris-1et3-話
エリオットゆかりの美味し...
着物でパリ
Ça m'est res...
ようこそ!
Kanaboの気まぐれM...
paris-atsuko...
パリでドルチェ・ビータ
京都でフランスおばんざい

ライフログ


DREAM PRICE 1000 南佳孝 モンロー・ウォーク


Modern Belly Dance from Egypt


ベスト・アンコール


KIHACHI四季のレシピ集 (4) 冬

検索

タグ

(49)
(30)
(15)
(14)
(12)
(9)
(8)
(5)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理・レシピ
レストラン・飲食店

画像一覧