<   2010年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

8月のアトリエロゼット と 室町サロン


只今右足には絵のアトリエ、左足にはお料理の活動・・・と二つのわらじを履いて京都の町を飛び回っています。(笑)

絵もお料理もどちらも私にとっては大好きなこと。

さてさて、6月より開講した、絵のアトリエ アトリエロゼット も以前からの生徒さん、新しく来てくださった生徒さんとたくさんの方に参加して戴きほんとうにありがたく思っています。
皆様と一緒に楽しんで講習をと、これからも色んな企画をご用意しようと思っています。

6月、7月と1日体験講習をやりました。6月はイタリアのフロマージュブラン絵の具での絵付け、7月はオランダのヒンダールーペンの絵を水彩画画法にて・・・

7月もたくさんの素敵な作品が出来ました。ほんの少し写真を撮らせていただいたものをアップ。
f0036481_19395477.jpg


f0036481_19401819.jpg



さて、8月ですが、私の原点の画法。ドイツの”バウエルンマーラライ”です。

初めて住んだ海外はドイツだったのですが、そこで知り合ったドイツ人の絵の先生に習った絵付け法。私の絵付けの原点の画法です。

筆の1回の動きのみで絵を仕上ていくストローク画法は、ニッポンの書道と通じる所があるかもしれません。

ドイツでは昔はお母さんがお嫁入りで持って来た家具を娘さんにまた引き継いでお嫁入りに持っていかせるの。その時に古くなった家具にこんな絵付けをしたのですよ”

とは。その時習ったシュバイン先生(これドイツ語で”豚ちゃん”という意味なんですよ~~~名は体を現す・・そんな先生でした。とても大らかなね。)の弁。

物を大切に大切に使う色んな知恵。そんなドイツの精神も盛り込まれた画法といえるのかも知れません。

今回はまぁ。新品の白木に描きますけど・・・

でも、下地は木目を残しながら木の色を変化させる。”グラシ”とい技法を使って普段の木の家具のお手入れにも役立つ知識をも交えて講習いたしますね。

モチーフは”バウアーローズ”というバラのモチーフ。日本人からするとあまりバラには見えませんけれど、ドイツ人にとっては正真正銘バラらしいので・・・・
f0036481_19431045.jpg


f0036481_19433880.jpg



それを、白の濃淡のみで描くモノクローム法、2色の色をつけて描くポリクローム法。どちらも筆の動きは同じですので、どちらかお好きなほうをお選びいただきます。

小さな籐の小箱の蓋の部分に絵をかいていきます。

こちらも1日で仕上がりますのでどうぞ手ぶらでいらしてくださいね。


開催日時は 8月4日、6日、10日、12日、22日、23日、28日
以上の7日を予定しております。2名様以上でお申し込みの場合は別日程で開催することも可能ですのでどうぞご遠慮なくお問い合わせくださいませ。

お問い合わせメール  akitaku@wing.ocn.ne.jp

場所は  京都中京区、JR二条、地下鉄東西線二条駅より歩いて2分。株式会社シーズンさんのショールームにて。

ご参加お待ちしております。

もう一つの

”わらじ”

お料理の活動は、自宅お料理教室と共に、京都町家での異種交流会のお料理担当をやらせていただいております。

昔ながらの京都のお祖母ちゃんのおうちでワイン片手にフランスごはん食べながら、みんなで楽しく語り合いましょう~~で、なんか京都から楽しいこと発進できたらいいね。

というのが(長いですが・・・)コンセプトの異種交流会。


”ごはんを楽しみにきてくれる人もいるよ”

という依頼者様からのお言葉を受けて、毎回、京都の食材を少し取り入れながらフランスのごく普通のホームパーティなんかに行くとよく出てくるようなお料理・・・というイメージでごはんを作らせていただいてます。

祇園祭も終わって蒸し暑い京都の夏本番。まずワインはロゼを中心に・・・ということで何本かタベル、ブルゴーニュムスカデなどを考え、それにあわせてお料理を決め、試作しながらメニューを考えました。

今日は総勢19名。メニュー考案から食材買出し、お料理つくり、盛り付け、そしてテーブルセッティング。全て任せていただいて、好きなようにやらせていただいて、とても楽しいお仕事です。

勿論、家でご飯を作って友達を呼ぶわけでは無いので、予算のこととか、参加される方のある程度の情報を聞いたりして、メニューを組み立てる必要があるわけなのですが・・・・

というわけで今日のお料理は

トマトのガスパッチョ ミニクロックムッシュ添え
f0036481_2139232.jpg


お出しする直前までシャリシャリの冷たさで保っておきます。

ピンチョスサラダ
f0036481_21393486.jpg


先月もお出ししました。今日はお行儀よく(??)立ててね。

赤ピーマンのケークサレ
f0036481_21395916.jpg


赤ピーマンとツナ、タプナードなどを練りこんで、ロゼワインにぴったりのケークサレが出来ました。

タブレ
f0036481_21443196.jpg

クスクススムールを使ったフランス人の大好きな前菜。ミントで清涼感をアップすることが多いのですが、
以前親戚のおじちゃんにだしたところ

”歯磨き粉の味のごはんかいな!!”

と言われたことがあるのでカット。今日は、古柴漬けのお漬物と薄口しょうゆで

京都風タブレ

にしました。古柴漬けはオリーブオイルとも相性がいいのね。

ワカモーレ
f0036481_2201073.jpg

もともとフレンチではない、アボガドを潰して作ったこのお料理ですが、フランスで、夏のお友達同士の集まりにはよく出てきました。結構たくさんのタバスコを入れるので、かなり辛め。トルティーヤチップスにつけて

召し上がってムーチョ!!

トマトとバジルのキッシュ
f0036481_2150190.jpg


キッシュの生地はフランスではその辺のスーパーにいくらでも売っていたのですが、日本にはパートブリゼは売ってないので、生地から手作り。でも手作りしたほうが格段にやっぱり美味しいのです。
これは、フランスでパートブリゼを買ったときについていたレシピを少しアレンジしたもの。
生クリームは大さじ1杯くらいしか入れないので、ヘルシーです。

京夏野菜のパスタ
f0036481_2234670.jpg


7,8月のうちのお料理教室で、好評のメニューです。味も個人で好みがあるので、
塩の花、エスプレット唐辛子、ガラムソースを用意してお好みでトッピングしていただくようにしました。

野菜たっぷりのミートテリーヌ
f0036481_228563.jpg

すりおろし野菜をたくさん入れて、蒸し焼きして肉汁と野菜のジュをいっぱい閉じ込めたふわふわのテリーヌ。
あるものを使って、口に入れた時に肉汁が口の中でとろけるように作ってあります。ちょっと崩れやすいのですけどね。昔から子供達につくりつづけたきた、我が家の味です。

クレームブリュレ

・・・・・あっ。写真がない!!20人分のレシピで大きなブリュレを作ったのですが・・・・

私のクレームブリュレにはコンデンスミルクが入ります。そして、バーナーで仕上る飴の部分はほんの薄く。

フルーツ盛り合わせ
f0036481_22113168.jpg


この会に協賛してくださったとあるスーパーマーケットの社長さんから、今朝とどいた新鮮な果物。甘くってとても美味しかったです。フルーツとワインというのも結構合わせられます。

今日のメニューはこんなかんじ。

今日のテーブルも少しアジアチックに・・・

f0036481_22124316.jpg


お花を買うのを忘れたので、急遽いただいたフルーツをセッティングしました。気取らない大人数のパーティの時にはこのくらいシンプルで丁度いいかな?

京町家と一言で言ってもおうちによってその表情は違います。この遊子庵さんは本当に気取らないお祖母ちゃんのおうち・・・という感じの落ち着けるスペース。だから来る方々もみんなおばあちゃんのおうちに集まってきた

”親戚の集まり”

的なノリでリラックスして楽しい時間を過ごして戴ける様です。

こちらで、またレシピ講座なども開講する予定。私はまだ”おばあちゃん”という年ではありませんが、(・・それは流石にね。)親戚のおばちゃんのおうちでお料理習いに・・・・というノリでその折にはどうぞ遊びにきていただければ・・・・

f0036481_22192129.jpg

一人去り、二人去り・・・もう深夜です。宴のあと・・・

今日もたくさんのいい出会いをいただきました。お料理を運んだり、片付けたり・・・今日も肉体労働でしたが、いいですよ。肉体労働。本当に働いてるって感じがします。よくねれそう・・・


_______________________

*2010年6月末より お料理教室開講しました。 詳しくはプレお料理教室(←クリックで飛びます。)をごらんくださいませ。

もう一つのお料理だけのブログ京都でフランスおばんざい(←クリックで飛びます。)もどうぞご覧下さいね。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村
↑ランキングにも参加中です。クリックしていただくとランキングが上がる仕組み。ポチッ!として頂くと嬉しい亥です。いつもありがとうございます。
[PR]
by parisatsuko | 2010-07-22 19:25 | お料理

京都そぞろ歩き

何も予定のない日が2日続いた、昨日。

祇園祭たけなわの京都の町をそぞろ歩きしてみよう。と友人のプランナーのOさんを誘って・・

京都でのいろんなイベントを企画されているOさんは、"京都の今”にとても詳しい方。お忙しい中、散歩に付き合っていただきました。

日本でも予定している私の絵の個展場所のイメージ作りの為、今日はギャラリーのある素敵な場所に行ってみようということで、まずは

然花抄院さんへ。

f0036481_14134376.jpg


ここは京都の老舗のお菓子やさんですが、あたらしい感覚でとてもおしゃれなお菓子を作っておられます。
中庭に面して、カフェとギャラリーがあって、ゆっくりお茶を飲んだり、ギャラリーで新鋭の作家さんの作品を見たり・・・ゆっくりと大人の時間を過ごすことが出来る場所。
心からリラックスできます。

f0036481_14214697.jpg

(上記写真は然花抄院さんのサイトからお借りしました。)

今日は今ここのお店のイシオシ。半生カステラを購入しました。
f0036481_141934100.jpg


ちっちゃな和紙のおべんとうばこみたいなパッケージがなんとも可愛いのです。

半生カステラ・・・ロールケーキの次のトレンドはどうやらこれらしいですね。これは多分、ポルトガルの

パンデロー

以前ポルトガルで食べたことがあって、とても美味しくって。作ろう!!とポルトガル語のお菓子の本を買ったのですが、そのままになって、どこかでほこりを被ってるはず・・・

近々。作ってみようと思いました。ポルトガル語解読しなきゃ!!

次に向かったのが、同じ室町通りにある、

こだわり雑貨のお店 SHINAさん。
f0036481_15105718.jpg


昔からの大きな呉服屋さん、誉田屋さんのお屋敷の中を通っていって、その奥にある蔵を改装して作られたお店ですが、またこれがとても素敵なのです。

今でも、勢いのあるこの誉田屋さんの素晴らしいおうちの中をきょろきょろ見ながらお店に向かうのですが、そのしつらえが素晴らしいのです。

f0036481_1512556.jpg


f0036481_14291815.jpg


祇園祭の鉾町ということもあり、おうちの中も祇園祭の雰囲気で満ち溢れていました。

f0036481_14303420.jpg


そして、この蔵がこだわりの雑貨のお店。

国内外からこだわってものづくりをされている作家さんの一点もの。特別に調合された御香。食器類など、見ているとあれもこれもほしくなります。

沖縄ガラスの素敵な花瓶を見つけてしまいましたが・・・・すぐにほいほいと買える金額ではなかったので、今日は諦め・・・・・・

2回のギャラリーでは カールスモーキー石井さんの作品展をされていました。


米米クラブは、若かりし頃良く聞いていましたが、こんなアーティスト活動もされていたのですね。

京都の町を芸術ジャック!!

ということでいま町の色んな所に石井さんの作品が何気なく置かれたりしているそうですよ。

f0036481_1435418.jpg


ご自分の内面から湧き上がる強いエネルギーをぶつけたような作品達に、かなり圧倒されてしまいました。
じっと見ていると色んな表情が見えてくる、自分の心の中の様々な思いの断片と共鳴する感を抱きました。


そのまま伊右衛門サロンで軽くお昼を食べ、お酒のやまやさんで、輸入食材をたくさん買い込み(←ここすごく安いんですよ~~~~で、種類もとても豊富で。最近町に出ると必ずよります。)

町はもう祇園祭一色。途切れなく”コンチキチン”のぎおんばやしが聞こえます。

小さな頃は7月に入ってこの音が聞こえると、実家のお店も急に忙しくなり、

"ことしはええ”べべ”(←きもの、浴衣のこと)買いまひょなぁ~~”

なんていうおじいちゃん、おばんあちゃんとの約束を楽しみにわくわくしてお店のお手伝いをしていました。
今日も、以前実家のあった場所の前を通り、そんなことを思い出してしまいました。ちょっと切ない祇園祭でもあります。

メインストリートの鉾も壮大ですごいのですが、小路を入ったところに立つ山車。それもいい感じです。
f0036481_14464013.jpg


そのままぶらぶら歩いて錦市場へ。

今日はこちらへ・・・

f0036481_14474351.jpg


有次さん

年に1度はちゃんとプロの手で包丁を砥いでいただかないと・・・・
お願いすると1ヶ月かかるので、その間は適当な包丁で乗り切らなきゃ。

もう何年も使っている大切な大切な包丁。これからもちゃんとメンテナンスしてづっと使っていかなきゃと思っています。

こちらの包丁はね、近所の包丁研ぎやさんに持って行っても

"有次はんのどすか?そんならうちではできまへん。有次はんにもっていっておくれやす”

と言われます。研ぐのもなにか特別なプロの技があるのかもしれませんね。

その後は、

バーゲン!!

最終ソルド!!

70パーセントオフ!!


などという、バーゲンシーズンのお店の誘惑に負け、思わず今日は久々に洋服買いました。

こちらは大好きな古着屋さんで・・・ラテンな女になりたい今年の夏。
f0036481_14531962.jpg


こちらは年齢的にかなりきつい(!!)"オーパ”の地下。セシルマグビーにて・・・背中は完全に素肌丸出し。ほんとに着れるのか?いや!着ますっ!!
f0036481_14552261.jpg


やっぱり服を買うと、とても気分がいいです~~~~。

さてさて宵山の今日。ラテンな気分でお祭りへ繰り出しま~~~す!!


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村
[PR]
by parisatsuko | 2010-07-16 14:13 | 京都

プレお料理教室

パリにいる頃からずっと少しづつ温めてきた計画。

お料理教室

今日そのテスト教室という形で、プレお料理教室を開催いたしました。

中学時代からのお友達、Sちゃん、従姉妹のKちゃんとそのお友達。5人にきて頂き、実際にお料理講習会を始めるにあたって、忌憚のないご意見を戴こうというもの。

お料理だけでなく、テーブルセッティング、音楽などもすべて合わせていくのが

フランス風ガストロノミー。

そんな講習をしたいな。とずっと考えていました。

今日のメニューは夏のお野菜を中心にした、

くずし(フレンチ+イタリアン)÷2

でメニューを組み立てましたので、セッティングにはテーブルセンターなしでカジュアルにして、すこし、アジアンテイストにしてみました。
f0036481_23424178.jpg


お料理教室のやり方は、デモンストレーション中心ですが、珍しいお野菜の切り方、あくの抜き方、美味しく仕上がる茹で方など、要所要所は参加してくださる方にやっていただきます。

特に、

"京都の野菜っちゅうもんは、ちゃんとその野菜におおたお料理の仕方っちゅうもんがあるのんえ~~”

というのは、私の京料理の師匠(??)、おばあちゃんからのお教え。

扱いはきっちりとしないと味が出てこないものなので、いため方や切り方は実際にやっていただいて説明をします。

プチトマトを半分に切ったりとか、ルッコラを洗っておいたりとか・・・そんな特にコツの要らない作業は私のほうで前もって準備。
f0036481_23475749.jpg


パンはSチャンからの差し入れ。
京都町屋の小さなパン屋さんcoco kirariさんのもの。

くるみ入り、プレーン、ゴマ入り、3種のパン。
f0036481_23561710.jpg


京都のパンは"北にあり!!”と思っていたのですが、こんな美味しいパン、近所にあったんですね。是非また買いに行きたいと思います。

で、前菜は

おくらのビネグレットスープ。

f0036481_23565756.jpg

見た目はカクテルですが、食べてみると和風という少しギャップのあるスープです。2層になるのが綺麗なので是非こんな背の高いグラスでど~~ぞ。

メインの前にパスタ

今日は夏の京野菜のパスタ
f0036481_030079.jpg


味の濃い京野菜は火を通さないとほんとうの美味しさは出てこないもの。様々なお野菜をいためる時にはその順番も大切。

今日はみなさん”からいもの”がお好きということで、エスプレットピーマンの唐辛子もふりかけました。

パスタも、太さ、仕上のタイプによってゆで湯の量、塩の量というのは変わってきます。

通常家庭のフライパンでソースと絡める時は最大2人分まででないと、パスタがぱさつきます。
じゃ、一挙に5人分とか6人分作るときはどうする??
はい!解決法はあります。こんなご説明もしますね。

そんなレシピに書ききれないことを説明していくのがお料理講習会というものだと思っています。お野菜の処理などは実際におうちでやる時には、少々面倒なことがあるかもしれません、だから絶対いつもこれでなくってはいけない!!と堅苦しく考えなくってもいいのですよね。でも知っておくことはとてもいいことだと私は思うのですね。

・・・・・あっ。すいません、また語ってしまいました。

でもお料理って結構科学ですものね。本を読んで"こうしたほうが美味しい”ということを見つけたら、私は即実行してみます。そして、

"あ!!ほんとだ!!”

と思ったことをご説明するようにしています。

前菜は

チキンのソーミュール、モデナ風
f0036481_0125838.jpg


チキンはソーミュール液につけて引きあげて2日冷蔵庫でしめます。こうするとお肉の中まで薄い塩味が沁みてくれるのですね。これはパリでずっとお世話になっていたIシェフからいただいて我が家の定番になったレシピです。付け時間などはお肉の状態によっていろいろと変えています。

デザートは
レモンムース
f0036481_0145878.jpg

今日はビスキュイ・キュイエール(フィンガービスケット)を薄く焼いて、”ふた”のようにしてみました。
レモンムースはバターの状態を利用して固めるすごく簡単なものですが、結構自信作です。
以前グルメのお友達が、

”とにかく、作ったボールごと持って来て!!”

とムースの入ったボールごと抱えて食べてくれたという嬉しい想い出のあるレシピでもあります。


お料理講習会は2ヶ月くらいのクールでメニューを変えていきます。基本的に2人様~5名様のグループでお申し込みいただき、そのときにデモ中心にするのか作業もされたいのかご希望をおうかがいしております。

少人数でゆっくりと、自分も楽しみながら講習をやって行きたいと思っています。

まだまだ試行錯誤の段階ですので、参加していただくかたのご希望にあわせる形で行っていきます。ご興味のある方はどうぞお問い合わせくださいね。7月8月は今のところ上のメニューでやっています。

勿論カラーレシピもご用意していますよぉ~~~。お待ちしています。
f0036481_0394663.jpg

[PR]
by parisatsuko | 2010-07-07 23:37 | お料理

第2回 体験講習会 あすからです。

6月よりなんとか開講に漕ぎ着けた、アトリエロゼット。

何ヶ月かは

"手ぶらで来ていただいて、作品をお持ちかえりいただく”

という1日体験講習の期間にしております。

6月の講習は、フロマージュブランを使ったカゼイン絵の具を使ってイタリアルネサンス風のプレートを作っていただきました。

5年間再開を待っていたわよ~~~

ときてくださったたくさんの生徒さんたち。本当にありがたくって、嬉しかったです。

フランスで勉強して自分なりに消化してきたものをこれからもお伝えして、楽しく時間を共有できれば・・とこれからも講習を続けていきたいと思っております。どうぞ皆様宜しくお願いします。

1回目の講習、初めて参加される方も、5年間筆を握ってなかった、という方も皆様素敵な作品を作っていただけました。同じモチーフでやってもそこには矢張り、

個性

が出るのが不思議です。
f0036481_2283070.jpg


f0036481_2285918.jpg


f0036481_229269.jpg

全て丸筆でぼかしを入れていきますが、あまり綺麗にぼかしすぎてもダメなのです、というのはカゼインで絵の具を作っていたルネサンス初期の絵というのは、ぼかしは"ハッチング”によって行っていたので・・・

・・などという話も織り交ぜながら・・・

そして、明日から第2回目の講習が始まります。

第2回目のお題は

オランダ、ヒンダルーペン地方のモチーフを水彩風に描きます。その昔、中国や日本との交易もあったこのヒンダルーペンという港町で描かれているモチーフは何処となく東洋を思わせる柄で、日本のおうちにもなんだかしっくりとマッチするのですね。

この絵は今でも、その小さなオランダの田舎町、ヒンダールーペンで代々継承されながら描かれている絵。私はパリ市主催の絵画教室に通っている時にはじめて出会い、筆さばきの心地よさに暫くこればかり描いていた時期がありました。

作品はこちら。↓
f0036481_2215942.jpg


1色描で描くこのモチーフ、他にもピンク、グリン、などを使っても良く、お好きな色を選んでいただけるよう、講習の前日、ギリギリですが、見本の下絵を3つ用意しました。

f0036481_22193929.jpg


三つ並べて飾っても素敵じゃない??と自分で勝手に思ってます。

こちらも初心者の方にも無理なく描いていただける内容にしておりますよ~~。どうぞ安心してご参加くださいね~~。

講習は

7月6日、8日、11日、16日、19日、24日、28日

です。

お待ちしていまぁす~~~


もう一つのブログ(お料理のブログです。)
京都でフランスおばんざい(←”ポチッ”で飛びます。)

もどうぞご覧下さいね。
[PR]
by parisatsuko | 2010-07-05 22:17 | 私の作品 など


パリ生活10年にピリオド。京都で絵の教室と、お料理の活動をやっています。


by parisatsuko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
京都のこと
お料理
地図のないパリ散歩
私の作品 など
美味しいパリ
フランスで見つけたもの
暮らし
旅行記
お料理教室
日記・・・のようなもの
バトン
京都
ギャラリー Mon prefere
未分類

以前の記事

2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 05月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月

お気に入りブログ

フランス存在日記
パリときどきバブー  f...
*petit a pet...
パリでリラックス
My funny Val...
JOURNAL Le C...
ドイツでTea Time
だらっとブログ
まめころりやおき
Hillside Kit...
代官山だより♪
La Vita Tosc...
Sapin mon to...
mimi,jean,pe...
En fin de jour
色彩の力 杉並幸せ探しの...
エキサイトブログヘルプ
pour toujours
沖縄のお菓子教室、和食教...
パリ日記♪  着物でパリ
Chéris-1et3-話
エリオットゆかりの美味し...
着物でパリ
Ça m'est res...
ようこそ!
Kanaboの気まぐれM...
paris-atsuko...
パリでドルチェ・ビータ
京都でフランスおばんざい

ライフログ


DREAM PRICE 1000 南佳孝 モンロー・ウォーク


Modern Belly Dance from Egypt


ベスト・アンコール


KIHACHI四季のレシピ集 (4) 冬

検索

タグ

(49)
(30)
(15)
(14)
(12)
(9)
(8)
(5)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理・レシピ
レストラン・飲食店

画像一覧