「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

年末年始のお料理教室。今日最終日でした。

12月、1月と2ヶ月にわたってやってきた年末年始の講習。

本日最終日でした。


以前参加してくださった方が、お友達を連れてきてくださったりとか、新しい出会いがたくさんありました。

今回は計15回の講習日がありましたが、最終日の今日まで

”慣れる”

ということはありません。

毎回毎回、来ていただく方にとってははじめてのメニュー。昨日の方は美味しいと言ってくださったけれど今日はどうかな?

いつもそんな緊張感でいっぱいです。

お出ししたお料理を一口召し上がって


”おいしぃ~~~”

そういう言葉を聞くと、心臓がすぅ~~っと軽くなったような気がします。

そして、講習が終わった後の

”楽しかったです。”

とか

”おいしかった~~”

という言葉が、また次もがんばろう。!!というなによりの活力になります。

今回もご参加いただいた皆様有難うございました。

12月と1月はテーブルのセッティングも変更しました。

↓こちらが12月のテーブル。
f0036481_22483969.jpg


f0036481_22495334.jpg


毎年作るリース。今年はごくシンプルに作りました。アドベント週間にはヨーロッパの慣例に従ってクリスマスが近づくに連れてろうそくを増やしていきました。そんな習慣もご紹介しながら・・・・

そして↓こちらが1月のテーブル。
f0036481_2252467.jpg


お正月ということで、普段はあまり使わない、黒なんぞをテーブルのメインカラーにして、そこに赤と金のアクセントをつけました。

枝にお餅を丸めて新春の感じのアレンジにしました。
イメージ的には

”フランス人から見た日本のお正月のイメージ”
かな?

お正月なんだけど、どこかにフランスチックなエスプリを感じるセッティングにしてみたつもり。

もう一度お料理です。


アントレは3品

レンズマメのサラダと半乾燥トマトのブルスケッタは一緒に盛り付けました。
f0036481_22553816.jpg


器は百均で、フラワーベースとして売られていたもの。目先をかえるとちょっとオシャレに器使いが出来るかんじ。

スプーンは器に引っ掛けてみました。

それと

キノコのフラン袱紗味噌仕立て
f0036481_22575618.jpg


通常のフランは生クリームがたくさん入りますが、その代わり豆乳をつかいました。豆乳だけだと”まめくささ”が気になるので袱紗味噌でコクをだして、豆乳の独特のにおいを消すことに成功。
カロリーも4分の1に押さえられましたよ~~~。


メインは

グリエ ド コキーユサンジャック ソースビエルジュ オモニエール ド ピュレ ド ポムドテール アコンパニエ
です。

。。。。。。なんのこっちゃ。。。。。

はいはい、帆立貝のソースビエルジュです。付け合せにはパセリとらっきょでアクセントをつけたポテトのピュレです。それをパートブリックという生地で巾着仕立てにしましたっ!

というお料理。

あっという間にできるのですよ~~~。

f0036481_2331211.jpg


ソースビエルジュは、トマトとレモンの酸味が利いた軽いソース。最近のヌーベルキュージーヌ系のビストロでよく使われているソース。白身のお魚にもよくあいますよ。

パートブリックは今回はじめて見たという方が殆どでした。基本的には日本のスーパーマーケット行けば手に入る食材でのお料理を作りますが、ちょっとこんな新しい食材を覚えるのも、ちょこっと世界が広がっていいものでしょ。

でも、冷蔵庫や棚の奥のほうに追いやられて忘れてしまうことがないように、目新しい食材はそれを使った別のお料理なんぞもお話するようにしています。


デザートは。1月はやっぱりこれっ!

ガレット・デ・ロア
f0036481_2355013.jpg


今回は時間の都合もあり、パイは冷凍パイ生地を使いました。ベラミーズの冷凍パイ生地。おいしいですね。
中身はオーソドックスなフランジパン。簡単にレンジで出来る方法を”発明”(!!)いたしまして、そちらをご紹介しました。

パイに焼きあがり10分前くらいに粉砂糖をふりかけてもっとパリパリにすることも考えたのですが、今回はなるべく甘さを控えるべく、そのまま焼きました。

ガレット・デ・ロアの中から出てくるフェーブがあたった方は今日の王様。王冠をかぶって王様気分。
デザートの時間は毎回とても盛り上がりました。

こういう、行事のお菓子やお料理は、随時ご紹介して行きたいと思っています。来月は

クレープですね。

来月のお料理教室の状況です。

2月 3日(木) 1席空席あります。
   8日(火)  1席空席あります。
   10日(木) 1席空席あります。
   16日(水) 満席です。
   21日(月) 1席空席あります。
   23日(水) 満席です。
   24日(木) 満席です。
   28日(月) 2席空席あります。


満席の日は、キャンセル待ちにて、ご予約を受け付けさせていただきます。
内容は↓の記事よりご確認くださいね。

ご連絡は

salut.toi92100@ezweb.ne.jp

まで。

なお、3月は懐石料理です。テーブルでの簡単な懐石ですので、すこしフレンチのアクセントも効かせながらのお料理になります。

向付、椀物、焼き物の一汁一菜の他に焼き物、八寸、香の物、お菓子までの流れになります。

通常の和食とはまた違った流れで進んでいく懐石料理。ご興味のある方は是非是非。

ぜんぶ普段のおかずやおつまみになりますよ。

ちゃんとした京都のお料理の一番ダシの取り方から見ていただきますね。

レシピ作りにいま格闘中。焼き物はオッケイ。お菓子もあと一歩。八寸も1品は決定。後は色々作っては試作しています。がんばろう~~~。

決まりましたらまた報告しますね。







*2010年6月末より お料理教室開講しました。 詳しくはプレお料理教室(←クリックで飛びます。)をごらんくださいませ。

もう一つのお料理だけのブログ京都でフランスおばんざい(←クリックで飛びます。)もどうぞご覧下さいね。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村
↑ランキングにも参加中です。クリックしていただくとランキングが上がる仕組み。ポチッ!として頂くと嬉しい亥です。いつもありがとうございます。
[PR]
by parisatsuko | 2011-01-29 01:44 | お料理教室

誕生日でした。

1月14日は 

ウン十ウン年目(←全然わからん)

の誕生日。

いくつになってもやっぱり誕生日というのは特別な日。20代の頃からしたらもう

”めっちゃオバちゃんやん!!”(爆)

という年ではあるのですが、気持ちは20代の頃と何ら変わりないような気もします。(もっといえば18歳くらいからね・・・・って。それは言いすぎ?)

いくつになっても、”自分はもう○○才だから・・・”

なんて自分を制限せずに、楽しいことを追求していきたいと思っています。

で、ずっと、ミニスカート超ぴちぴちのスキニーとバレエシューズzadig & voltaireのシャツこの3つをを着こなせる女でいたいなぁ~~と思っています。すこし体鍛えないとダメですけれど・・・

誕生日はいつも旦那YASUSHI-KUNがディナーに連れてってくれます。

今年は京都祇園の"キメラ”さんへ。

祇園で晩御飯というのは矢張り何となくとても特別な感じ。それにここは以前からずっと行きたかったレストランの一つだったものでとても楽しみでした。


f0036481_22364992.jpg


前菜
f0036481_22375590.jpg

赤貝のかぶのピュレ添え。オリーブオイルとアンチョビで煮込んだかぶをピュレにして赤貝のカルパッチョに絡めていただきます。かぶの甘さが赤貝を包み込みながら舌の上でとろけて行きそうです。クレソンがいいアクセント。お料理の付け合せにはこういうアクセント的なもので味を引き締めるととてもオシャレなお味になりますね。それにしても、器が圧巻!!

これにあわせるワインはイタリアのソービニョンブラン。サンセールを思わすような優雅な香りのソービニョンブランでした。イタリアワインでは珍しい感じのお味でした。勿論前菜にぴったり。
f0036481_095091.jpg


二品目は

f0036481_22413493.jpg

オマール海老を濃厚なアメリケーヌソースで。菜の花のソテーと一緒に頂きます。

f0036481_22433338.jpg

フォアグラのソテーに黒トリフ。その取り合わせはまさに王道ですが、チーズをふりかけてスライスしたカリフアワーがとても斬新。

パスタが2種
f0036481_22452690.jpg

手打ちパスタはトマトソースで。トマトソースに九条ネギが利かせてあります。九条ネギかぁ~~~。
トマトの味とちょっとけんかしてしまう感じがしたのですが、パスタの上に乗っかっている牡蠣と共に頂くと不思議と3品が絡み合うのですね。こんな取り合わせの仕方もあるんだなぁ~~~と思ってしまいました。

f0036481_22494611.jpg

フンギポルチーニとジロルだけのタリアッテレ。頂く前にからすみをふりかけて・・・・
濃厚な白ワインが絶対にほしい!!というおあじ。キノコにクリーム系のソース。大好きな取り合わせ。

メインは
f0036481_22515992.jpg

かるがものソテー。

フランスのマグレ・ド・カナールも柔らかくって好きですが、これはもっと噛み応えのある野趣のあるお味でした。

ワインはモンテプルチアーノ。イタリアンを食べに行って迷ったらいつもこれを頼みます。柔らかくってまろやかで大好き。お値段も可愛い目のものが多いですしね。

f0036481_22533891.jpg


デザートは
マロングラッセのパイ包み、蜂蜜のジェラートお濃茶のスプマンテ添え。
f0036481_2255025.jpg


旦那さんが予約の時に誕生日ディナーです。と伝えてくれてたらしく、こんなサプライズをして下さいました。
勿論お味もとても美味しかったです。

全部とても美味しかったのですけれど、ただね。ワインが出てくるタイミングがおそすぎて・・・・
ワインを頼んでから先にお料理が出てきて、お料理が冷めた頃にしかワインをサーブしてくれない。というのはちょっとだめでしょ。ちゃんとソムリエさんもいらっしゃるのにね。

こういうとてもシックなお店のテーブルで、周りにもお客さんがいらっしゃるときにギャルソンに注文つけるのもあまり美しいものではないとおもうし、だからこそちゃんとそのタイミングは完璧に計ってほしいと思いました。
お料理が素晴らしかっただけにその点がかなり残念だったかな?

と、まぁ。そんなことも話しながら家に着くと、

子供達からのプレゼントがありました。

長男からは今はやりのシリコンスチーマーを。
f0036481_2361550.jpg


いつもがんばってお料理してくれてるけど、たまにはレンジでチンで作ったら?これも充分美味しいよ。
という長男のメッセージ入りね。

f0036481_2363820.jpg

いくつになってもピンクのラッピングはうれしいよ。

ありがとう。

明日からこれフル活用させてもらうよ。

長男は小さな頃から毎年欠かさず誕生日にはプレゼントをくれています。いちばん始めにくれたのは忘れもしません3歳の頃。

ドイツで幼稚園に行っていた頃。お迎えを待ってベンチに座っていた彼。その日に限ってお迎えに遅れてしまった私をベンチで一人でぽつんと残って担任のベアーテ先生と待っていた彼は私を見つけるなり、幼稚園の園庭で摘んだ小さな花を涙をいっぱいためながら私にくれました。

・・・もう14年も前のことです・・・・・

あのお花どうしたっけな?ずっと押し花にしていたのだけど・・・

次男からは

ミッキーの小銭いれ。

f0036481_2375311.jpg


ゲーセンでUFOキャッチャーでとってきたそうな。努力の賜物ですね。(笑)

彼もおにいちゃんに習って、いつもいつも手紙か絵をくれています。全部大切にしまってある私の宝物。

誕生日はやっぱりとても幸せな1年に1回の日。それとともに周りにあらためて感謝の念を抱く日。


*2010年6月末より お料理教室開講しました。 詳しくはプレお料理教室(←クリックで飛びます。)をごらんくださいませ。

もう一つのお料理だけのブログ京都でフランスおばんざい(←クリックで飛びます。)もどうぞご覧下さいね。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村
↑ランキングにも参加中です。クリックしていただくとランキングが上がる仕組み。ポチッ!として頂くと嬉しい亥です。いつもありがとうございます。
[PR]
by parisatsuko | 2011-01-18 22:18 | 暮らし

2011年 2月のお料理教室

年末年始の長いお休みからあけ、今日からまたお料理教室始まりました。

1月は12月と同じ出し物。年末年始のメニューで開講しています。

2月のメニューも休み中に試作をくり返し、やっと”これ”といったレシピが出来上がりました。
試作は通常は最低3回くらいですが、今回のメイン料理はなんと7回の試作を経て完成した渾身の作!!!

どうやったら皆さんに美味しいと感じていただけるか・・・

それは自分自身が

”ねぇ!ねぇ!これすごく美味しいんだよ~~~”

と100パーセントの自信をもって出すこと。

とは以前夏期講習で通ったパリのリッツエスコフィエの先生のお言葉。

だから自分が100点とつけるまではお教室のテーブルには出すまい!といつも思っています。これだけは私がお教室をするにあたっての一つの大きな自分に課した課題でもあります

・・・・・・あっ!また語ってしまいました。・・・・・

2月も

簡単フレンチ家庭料理

です。

前菜は
ミネストローネ
f0036481_22342660.jpg


ミネストローネは元々イタリア料理の一皿ですが、フランスでも冬になると町のビストロのメニューとして出てきます。

私のミネストローネはたくさんたくさんのお野菜を入れて、

とろ~~~ん

とした食感の食べるスープに仕上げています。

体を温めるお野菜をたくさん入れて冬の風邪を寄せ付けない!!

フランスやイタリアでは日本の”栗かぼちゃ”みたいなかぼちゃはなかなか手に入らないのですが、私のレシピにはこの”栗かぼちゃ”が入ります。これがスープに自然な甘さを加えてくれるのですね。・・・・そして、押し麦やパスタなども入れて、

このスープとパンさえあれば!!

というもの。たくさん作って次の日の朝にちょっとくたっとしたパスタをふうふう言いながら食べるのもまた美味しいのです。

メインは
ポークフィレの低温ロティ、バルサミコプラムソース
f0036481_22405578.jpg


ポークフィレは65度から68度で分水作用が始まります。つまり、水分などが抜け出してしまうのですね。ですので高い温度でお肉を焼くと水分が抜けてぱさぱさになるというわけ・・・・

じっくりと低い温度で火を通すと、驚くほど柔らかいナイフがすっと通るお肉に仕上がります。写真の色からもわかるかな?

今までの豚フィレ肉はなんだったんだろう~~~~

というお肉の焼き方をご紹介しま~~す。

付け合せは、バルサミコプラムソースに隠し味で入れるお醤油にも合うように、

ガーリックおにぎり



レンコンのガレット

この二つの付け合せ、それだけでもおつまみに最高なのです。

デザートは

クレープシュゼット
f0036481_2243472.jpg


キリスト教の暦でマルディグラという謝肉祭の最終日の日がありますが、(今年は3月8日です)その日にクレープを食べる習慣があるのですね。同じように2月2日の2月2日のChandeleur(主の奉献の日、聖母お清めの日)にもクレープを食べます。

2月のフランスはクレープ月間・・・・

そんなことで、子供達がフランスの幼稚園に行っている頃2月になると、子供達のクレープを焼きに学校にお手伝いに行ったりしてたのです。

そこで長男の担任のイザベルに教えてもらったレシピ

フランスの子供達はこれにバターとお砂糖をふりかけてシンプルに食べるのが一番好きみたいですが、今回はお教室なので、オレンジソースのクレープシュゼットにしました。

モチモチした食感のとっても美味しいクレープ。生地の混ぜ方と焼き方にコツがあります。そのあたりをご伝授しますね。

そうそう、イザベルは左手にコインを握りしめて、右手でフライパンを返して上手にクレープをひっくり返していました。上手くいくとその1年、幸運に恵まれるそう・・・・

床に落とす確率大!!

ですが、運試しにやってみましょうか?


さてさて開講日ですが、

3日(木)  満席です。
8日(火)  満席です。
16日(水) 満席です。
21日(月) 満席です。
24日(木) 残席1席となりました。
28日(月)

が個人様(1~2名様)でもご参加していただける日にちです。

3名様以上の場合は上記に加えてお好きな日程で開講いたしますので、ご希望日をお伝えください。

また、個人でのご参加希望の場合も上記以外でのグループ様での開講日にお入りいただけるように致しますので、ご連絡お待ちしています。

場所は 京都市伏見区、京阪本線、近鉄京都線の丹波橋駅から歩いて7分です。

時間は10時~2時半くらいを予定しております。

ご希望の方にはフランス自然派ワインをおだししております。今回は
DOMAINE GUIBERTEAU の SAUMUR
青臭さのないカベルネフランの細やかなタンニンが豚フィレ肉にぴったり。ワインはまた今回も
サンフォニーのTさんのオススメ。すごく美味しいです。

2月はまた季節とお料理に合わせたテーブルセッティングをご用意します。

皆様のご参加をお待ちしています。

ご連絡は携帯若しくは下のコメント欄より(鍵コメにしてメルアドなどを入れていただければ折り返しご連絡いたします。)

salut.toi92100@ezweb.ne.jp

これ以降の予定ですが、3月にはくづし懐石、4月にはクスクスを予定してます。只今試作も開始しています。お楽しみに・・・・


*2010年6月末より お料理教室開講しました。 詳しくはプレお料理教室(←クリックで飛びます。)をごらんくださいませ。

もう一つのお料理だけのブログ京都でフランスおばんざい(←クリックで飛びます。)もどうぞご覧下さいね。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村
↑ランキングにも参加中です。クリックしていただくとランキングが上がる仕組み。ポチッ!として頂くと嬉しい亥です。いつもありがとうございます。
[PR]
by parisatsuko | 2011-01-11 21:35 | お料理教室

スケルトンおせちで謹賀新年

あけましておめでとうございます。

あっという間に3ガ日も終わり、また生活を少しずつ日常に戻していかなければ!ですね。

みなさま楽しいお正月をお迎えでしたでしょうか?うちは旦那も私も京都出身なので、お正月と言っても故郷へ帰る・・・・ということもなく、もう二人共父は亡くなっているので、実家へ戻ることもなく、母達をうちにむかえることにしています。

フランスから戻って、初めてのお正月。

今年は何年ぶりかできちんとお正月のお祝いをしようと、お重も祝い椀も新調して、お正月を迎えました。

じっくりと手間をかけて、お料理を仕上ていくこと。ことことことことゆっくりと煮たきモノをしたり、かまぼこに細工をしたりしていると、ゆったりと心に余裕がうまれてきます。普段は電子レンジでチンして作るものも、今日は来る新しい年がいい年でありますように・・・・とゆっくりと手をかけてね。

さて、今年新調したお重は


スケルトンお重!!
あ!新調といってももともとうちに、お重の存在自体なかったもので・・・・ちょっと個性的なお重を探していてみつけたお重。

普段のおもてなしにも使えるかな?と思っています。お正月だけしか使わないものって言うのも、勿体ないですものね~~。

****

おせちの準備は30日の買出しから・・・

そして、腐りにくい煮炊きものから始めます。

まず京都のお節に欠かせない

いもぼう

棒だらと海老いもの焚いたん(←焚きものという意味です。)です。

カチカチに乾燥させた棒だらは12月に入ればお店に並んでいますが、それを買ってきて、10日~1週間毎日お水を代えて戻しました・・・・・といいたい所ですが、今年は30日に既に戻したものを買ってきてしまった。

ナンと言ってもあの大きな棒だらを戻す容器がないし・・・それにね、結構臭いのですよ。これ。

f0036481_1874317.jpg


夏に3日程はいた16歳のバスケットボール部の男の子のくつした臭

といいましょうか・・・・なかなか強烈なシロモノなんです。(たとえが強烈ですみません・・・)

戻したものを買ってきてもそのままは味付けできません。一度湯こぼししたあと、番茶で1時間ほど煮込み、さらにお湯で30分煮込み・・柔らかくして、臭みを全て抜いてからしか使えません。

味付けよりも寧ろこの下処理におそろしく時間のかかるもの。

どんだけくさいねん!!

と、突っ込みたくなる程の下処理が必要です。下処理を怠ると、どれだけ美味しく味付けをしたとしてももう

全然だ~~~め。

なものになってしまいます。おせち料理で一番難しいかもね。

はい!出来上がりました。海老芋は文字通り海老みたいな形をしているもの。お友達のAちゃんのお家の海老芋農家からたくさん送ってきてくれました。

できあがり!

f0036481_1882233.jpg


たくさん作って毎日いただきますが、2日か3日位に何度も焚きなおして行くうちにどんどん味が深まってきます。

すこしゆずを削って・・・

・・・・それにしても地味やね~~~。見た目。

さてさて。30日はあと、牛肉のタタキに下味をつけたり、海老に味をしみこませたり、つばすをつくったり。お煮しめを焚いたり。など。

31日は朝から、頭も体もフル回転で。

準備が出来たら全部テーブルにならべて、お重もよういして。

f0036481_18115772.jpg


1の重に入れるのはお正月の縁起物など。

紅白かまぼこ
f0036481_18125196.jpg

かまぼこは、すり身を買ってきて作るつもりでしたが、時間切れ。買ってきました。ピンクのかまぼこは飾り切りしています。

百合根団子と鶏味噌つくね
f0036481_1814383.jpg

百合根は沸騰してから2分で引きあげます。そのタイミングが一番甘く仕上ります。それを潰して、みりん、卵白と混ぜて漉して団子にしたもの。鶏味噌つくねは2度挽きした鶏にすこし軟骨を混ぜます。

海老の甘辛煮
f0036481_18163285.jpg

海老は生きているものを買ってきて、暫くお酒の中で泳いでもらって酔っ払っていただきます。

背わたをとり、曲がらないようjにくしを打って、酒、みりん、しょうゆ、ごま油で焚き、色が変わったら火を消してそのまま置いて味を含ませました。ごま油が加わることで全体の味に変化をつけられます。

黒豆
f0036481_18184286.jpg

義母は1年中黒豆を焚いています。これも義母からもらってきたもの。黒豆は、女性の健康にすごくいいのですね。

ごまめ
f0036481_18202798.jpg

すこし唐辛子を利かせて、ピリ辛にしています。電子レンジでやる方法もありますが、お正月だけはちゃんと1匹つづ、ゆっくりと返しながら作ります。甘辛だれと煮詰めた後、火を止めてからお酒をすこし・・・これでくっつかないごまめが出来ますよ。

からすみ
f0036481_18224156.jpg

年末にパリから遊びにきたお友達にリクエストして買ってきてもらいました。レバノン料理のお店ですごく安く、美味しいからすみが売っているのです。

あ!写真わすれましたが、後はやっぱり数の子ですね。

数の子は2度塩水で塩抜きして、出汁につけて2日。かいわれかつおぶしをかけていただきます。

第一のお重~~~~こんな感じです。

f0036481_18244163.jpg


第二のお重は酒の肴を中心に。

f0036481_18251911.jpg

ゆずり葉を敷いて・・・

酢れんこん
f0036481_18255771.jpg


牛肉のタタキ
f0036481_20382352.jpg

前日に塩をもみこんで、ゆかりとしょうがをすり込みました。雑誌を見て今年始めての味付け。後でタレに付け込まなくても充分味が付いていて、おいしかった~~~~。来年もこれで行こうと思いました。

鰆の西京づけ
f0036481_20405940.jpg

裏、表と焼いて表を焼くときにみりんを刷毛でひとぬり。これで綺麗なてかりが出ます。

柿なます
f0036481_20421666.jpg

前日からつくる柿なます。1日経つと柿がとろとろになっていい感じ。

変わり伊達巻
f0036481_20432981.jpg

薄く焼いた伊達巻風の生地に、きゅうりと蟹のほぐし身を巻き込みました。

生麩の焚いたん
f0036481_2050656.jpg

生麩は小麦粉を薄くつけて揚げ、熱いうちに甘辛のおダシにつけました。この食感が大好きです。

はい!第二段目のお重完成です。
f0036481_20503412.jpg


三段目はお煮しめ

f0036481_2055652.jpg

色よく仕上るために、全て下ゆでしておきまして、時間差でおダシで煮込んでいきます。
最初は薄味に・・・これも毎日火を入れていくので段々味がしみて、また味が変わって美味しくなっていきます。

真ん中にあるのはサツマイモの甘煮。

スケルトンのお重に綺麗に納まりました。

ウン!ウン!われながら良い出来です。♪

f0036481_214426.jpg


f0036481_215969.jpg

↑こんなふうに積んでみたりしてね・・・

f0036481_2185266.jpg

今年のセッティングはこんな感じ。

f0036481_2195323.jpg

赤*黒*金のセッティング。



お節料理はやっぱり酒の肴という感じですね。今年は↓このお酒が手に入りましたっ。
杜氏さんが代わったらしく、味は以前とはすこし違いますが矢張りおいしいです。♪

松の司(まつのつかさ)
f0036481_20593220.jpg


ずっと食べ続けるお正月。

お酒を飲んでうだうだして、また起きだして、起きたらまたおなかが減っているかな?

ちょっとご飯とかもほしい感じ。

鮭の酒づけ

f0036481_21122926.jpg

酒粕でつけた鮭を焼いたもの。

ミニ海鮮丼
f0036481_21153396.jpg


2日の日は義母の誕生日だったので、ケーキも焼きましたよ~~
f0036481_21165085.jpg

↑はい。80才。傘寿です。これからも元気でね。17歳と13歳の息子もちゃんと

♪ハッピ~~バ~~スデ~~~~♪

と恥ずかしそうに歌ってました。だいぶムリしてましたけどね。(笑)

たくさんの親戚や友人がたくさん集まってれる日本のお正月。お正月はやっぱり日本がいいなぁ~~~と思いました。

来客が来るまでに、家族でお雑煮でお祝いです。

昔からうちの家では1日は白味噌、2日はおすまし、3日は白味噌です。

祝い椀は男性が赤、女性が黒なのです。これも京都市内の習慣だとか・・・皆さんのところはいかがでしょうか?
f0036481_21244442.jpg

白味噌は前日に味噌床を作ります。

白味噌に酒粕、みりん、卵黄、すこしのときがらしを加えてお鍋にかけて練るんです。
f0036481_21225798.jpg


よく見えませんが白味噌雑煮にはかしら芋、祝い大根、にんじん、丸もち(色をつけません)が具となります。
f0036481_21241054.jpg

吸い口は菜の花の塩茹で、いただく前に、花カツオとからしをそえ、お芋に白味噌を絡めるようにして戴きます。

2日目のおすましは
f0036481_21262595.jpg

かつおだしと鶏肉の出汁、焼いた丸もち、海老、祝い大根、かまぼこ、花麩などが具材になります。


朝から晩まで台所に立ちづくめっぽいお正月でしたが、人が家に集まり、私の作ったお料理を囲んで食べたり飲んだり・・・私にとって、とてもいいお正月でした。

これからは多分ずっと日本でのお正月となると思いますが、子供達にもこんな風習をすこしづつ教えながら我が家のお正月の風景を続けていきたいとおもいます。

2011年もいままでとおり、のらりくらりの気ままなブログ更新となりますが、どうぞ皆様宜しくおねがいいたします。



*2010年6月末より お料理教室開講しました。 詳しくはプレお料理教室(←クリックで飛びます。)をごらんくださいませ。

もう一つのお料理だけのブログ京都でフランスおばんざい(←クリックで飛びます。)もどうぞご覧下さいね。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村
↑ランキングにも参加中です。クリックしていただくとランキングが上がる仕組み。ポチッ!として頂くと嬉しい亥です。いつもありがとうございます。
[PR]
by parisatsuko | 2011-01-04 17:30 | 暮らし


パリ生活10年にピリオド。京都で絵の教室と、お料理の活動をやっています。


by parisatsuko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
京都のこと
お料理
地図のないパリ散歩
私の作品 など
美味しいパリ
フランスで見つけたもの
暮らし
旅行記
お料理教室
日記・・・のようなもの
バトン
京都
ギャラリー Mon prefere
未分類

以前の記事

2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 05月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月

お気に入りブログ

フランス存在日記
パリときどきバブー  f...
*petit a pet...
パリでリラックス
My funny Val...
JOURNAL Le C...
ドイツでTea Time
だらっとブログ
まめころりやおき
Hillside Kit...
代官山だより♪
La Vita Tosc...
Sapin mon to...
mimi,jean,pe...
En fin de jour
色彩の力 杉並幸せ探しの...
エキサイトブログヘルプ
pour toujours
沖縄のお菓子教室、和食教...
パリ日記♪  着物でパリ
Chéris-1et3-話
エリオットゆかりの美味し...
着物でパリ
Ça m'est res...
ようこそ!
Kanaboの気まぐれM...
paris-atsuko...
パリでドルチェ・ビータ
京都でフランスおばんざい

ライフログ


DREAM PRICE 1000 南佳孝 モンロー・ウォーク


Modern Belly Dance from Egypt


ベスト・アンコール


KIHACHI四季のレシピ集 (4) 冬

検索

タグ

(49)
(30)
(15)
(14)
(12)
(9)
(8)
(5)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理・レシピ
レストラン・飲食店

画像一覧