タグ:暮らし ( 5 ) タグの人気記事

ワインパーティでした

今日はパリからの友人とともにワインパーティ。

みんながそれぞれお気に入りのワインを持ち寄ってあれやこれやとフランスでの話をしていたらまた


パリに帰りたい病

にかかってしまった感じの私。こういう時はエッフェル塔や夜のセーヌの写真を見るとなんだか泣けてくるぅ~~~


さてさて、今日のお料理です。

まずはアペリティフ。フランス風ホームパーティはまずはソファーに座ってゆっくりシャンパンや食前酒で乾杯。

f0036481_1205421.jpg


おつまみも、ホストに勧められるまでは手を出さないものよ!!と最初にホームパーティによんでいろいろ教えてくれたCちゃんが言っていた。

などどちょっと厄介だったりするのだけど、親しい友人の場合はいいでしょ。

おいしそう~~~~

といって手を伸ばしてもらったほうが嬉しいですね。

アペリティフのあては簡単なもの。

ミモレットとマスカットのピンチョス。イタリアのサラミ、コッタ、黒オリーブ

f0036481_123053.jpg


1時間半ほどしゃべったらやっとテーブルへ。(←これでも早いほうかも!)

まずは冷たいスープ。クレーム デュバリーです。
f0036481_1243236.jpg


カリフラワーのスープです。今日はカレーオイルでハートを描いてみた。サーブする間にちょっと形がくずれちゃったけど・・・(苦笑)


そして2日前から仕込んだ


パテ・ド・カンパーニュ

f0036481_1263289.jpg


これは豚肉のおいしさにかかっているお料理。今日はもも肉とばら肉、そして、鶏の肝をミンサーでつぶしました。
買ってきたひき肉ではできないお料理なので、必ず家で挽かなければいけない感じ。

私のパテ・ド・カンパーニュは先にマデラ酒、ポルト酒、ブランデー、ハーブ・ド・プロバンスで1日マリネした肉を挽きます。そこにマッシュルームのデュクセルを加えて、

低い温度で長時間、湯煎で火を入れていきます。

つなぎはなし、そのほうが肉のおいしさをダイレクトに感じることができる。

フランスのおやじさん好みの味。ワインが進みます。

10種類の野菜のテリーヌ
f0036481_1321012.jpg


先日行ったとあるレストランのお料理を再現。テリーヌを丸くするにはちょっとしたコツがいります。

ソースは九条ネギのジェノベーゼ

子羊のプロバンス風
f0036481_1335373.jpg

子羊のフィレ肉を見つけたのでそれを開いて、香草を巻き込んで焼き上げました。
ジャストなレアに仕上がり、満足。

ソースはバルサミコを煮詰めた甘めのソース。

付け合せはお野菜のデュクセル。

これ、ものすごくおいしかった~~~~。


白みそとしば漬けのパスタ
f0036481_1362481.jpg

以前お料理教室でもご紹介したこのパスタ。我が家の定番パスタでもあります。

少し甘めのこのパスタ。教室でもかなり評判がよかったのでした。

デザートは

マスカルポーネ風味のバニラアイス。いちじくとブルーベリーソース
f0036481_1384250.jpg


バニラアイスにアツアツのフルーツソースという取り合わせが好きっ!!

今日はイチジクとブルーベリーをポルト酒、はちみつ、バルサミコでコンポートにして、かけています。

まったりさっぱり・・・そんなデザートでした。


明日はみんなお休み。気の置けない友人とテーブルを囲んでゆっくりとワインを傾ける。とても特別な大切な時間です。

はっと気がついたらかなり空いていました。

私も結構いただいたのだけど、なんだか寝れなくてブログアップしています。今日はパリの夢を見れそうです。

f0036481_1434762.jpg


もう一つのお料理だけのブログ京都でフランスおばんざい(←クリックで飛びます。)もどうぞご覧下さいね。(めちゃめちゃゆっくりの更新ですけど・・・・)

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村
↑ランキングにも参加中です。クリックしていただくとランキングが上がる仕組み。ポチッ!として頂くと嬉しいです。



今日もご訪問ありがとうございます。
[PR]
by parisatsuko | 2012-09-23 01:44 | お料理

なぜパリがこいしいのだろう。

パリ旅行の記事もアップがなかなかできなくって、もうすっかり、記憶が薄らいできている感があるのですけれど・・・・・(泣)


食べたかったものをいろいろ食べたり、買い物したり、毎日忙しく過ごしていたのですが、最後の1日は全く何もせず、息子とも離れて、一人で静かにパリの町を散歩しました。

借りたアパルトマンが最初のころに住んでいた

モンパルナス

という地域だったため、周りには、懐かしいものがたくさんたくさんあるのでした。

ムーラン・ド・ラ・ヴィエルジュ
f0036481_20254551.jpg


毎日子供を学校に迎えに行く道すがら、ここのパン屋さんで必ずプチパンショコラを3個買って子供と一緒に食べながら家に帰りました。

パン屋さんの中に以前はなかったイート・インなどもできてはいましたが、お店のお姉さんも、売っているパンもその味も全然変わらず。お店のにおいも10年前と変わらず。

パリに

”帰ってきた”

と思うのは、きっと変化のサイクルが日本に比べて格段に遅いこともあるのかもしれません。

Edger-quinet(エドガーキネ)の朝市
f0036481_2031233.jpg


f0036481_2291558.jpg

パリはお花の種類が本当にたくさんあって、その売り方もおしゃれ。全部のお花がこっちを向いて

”私を連れて帰って!!”

とウインクしてきますね。

たまにこんなコに出会ってびっくりしますが・・・


f0036481_20353377.jpg

↑気持ちよさそうに眠っている感じがちょっと救いだったりする。

パン・オ・ルヴァン
f0036481_20361819.jpg

絶品バゲットのお店。ここのバゲットは特別おいしい。いろいろおいしいといわれるバゲットを食べましたが、いまだここを超えるバゲットに私は会ってません。

パピーユ
f0036481_204148.jpg

パリの中でもとてもいい自然派ワインのお店。見ているとあれもこれもほしくなりますが、・・・

日本には持って帰れないなぁ~~~残念。

昔によく来た店を冷かして、14区の裏道をゆっくり散歩。

パリに初めて来た頃、まだフランス語も全く分からず、生まれての3か月の次男と、毎日言葉の通じない幼稚園に行くのを嫌がった長男。

知り合いもいなくって、前任者もいなくって、ひたすら孤独だった毎日。それでも、子供を守るために必死で頑張っていたあの頃。

そんな私たちを見守っていてくれたのがこの町。

エッフェル塔や凱旋門ではなく、普通の人が住む普通の街角。

それが私にとってのパリなんです。

f0036481_20493124.jpg


高すぎる空に飛行機が見えると

”あれに乗って日本に帰りたいなぁ~~~~”

ばかり考えてたっけ。

f0036481_20503010.jpg


この日の空は、あの日よりは高くはなかったけれど・・・でも同じようにいまここに里帰りしてきた私を、静かに包んでくれていました。

子供たちをいつも遊ばせていた

ジャルダンアトランティック
f0036481_20521392.jpg


今も小さな子供たちの声が空に響くその公園で、しばし静かに物思いにふけっていました。

この公園でよくころんではいつまでも泣きやまなかった次男。

夏はこの公園の噴水にパンツ一丁ではいってた長男。

・・・・・・パリの懐かしい景色は子供たちのそんな小さなころの思い出をたくさんよみがえらせてくれます。

なんだかあのころのまだちいさかった子供たちがふっとそのあたりから顔を出していそうな錯覚に陥ります。

そして、必死でがんばっていたあの頃の私もこの町に来るととてもいとおしく思えるのです。


子供を育てた街、というのはやっぱり特別な場所なのですね。

f0036481_2112176.jpg




パリは私にとってそんな街。

また日本に帰って頑張って、そして、また

ふっ

、とこの街に包まれに戻ってこようと思いました。


バタバタと過ごしたパリ滞在でしたが、最後の1日にこんなゆっくりと自分の心に向き合える日をもてて本当に良かった。


f0036481_2171567.jpg


パリは私の心の宝石箱・・・・・


もう一つのお料理だけのブログ京都でフランスおばんざい(←クリックで飛びます。)もどうぞご覧下さいね。(めちゃめちゃゆっくりの更新ですけど・・・・)

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村
↑ランキングにも参加中です。クリックしていただくとランキングが上がる仕組み。ポチッ!として頂くと嬉しいです。



今日もご訪問ありがとうございます。
[PR]
by parisatsuko | 2012-04-13 21:08 | 日記・・・のようなもの

あけましておめでとうございます

みなさまあけましておめでとうございます。

2012年 お正月いかがお過ごしですか?

我が家では12月31日、元旦と親戚、家族が集まり、私は”おさんどん”にあけくれていましたが、

今日、2日、普段出来ないお家の整理整頓、断シャリに明け暮れ、相変わらず、じっとできない性格爆発で朝から晩までバタバタしている私。

今年はもう少し落ち着いた生活を心掛けようとはおもっておりますが、さてさて、どうなることか・・・・


年末29日から毎年のようにお節の買出し、準備に明け暮れておりました。これはでも私の大好きな1年の行事。来年もよい1年になるように気持ちをこめてお節作りをしました。

毎年つくるもの、今年初めてつくってみるもの、いろいろ取り揃えて作った2012年のお節、ちょっとアップしますね。

今年はお屠蘇も登場。
f0036481_16293938.jpg


まずは、京都の白味噌雑煮。

おいわいやすぅ~~~~
f0036481_16283070.jpg


お水は、近くの梨の木神社で汲んできました。超軟水のこのお水は利尻昆布でおだしをとる京料理にもっとも合うお水です。

白味噌は勿論 山利さん。お正月などちょっとがんばりたいときは白粒味噌を買ってきて漉します。

中身は頭芋丸もち祝い大根京にんじん。みずからしとたくさんの鰹節をのせていただきます。

おせち料理は昨年買ったスケルトンお重(←昨年の記事はこちら)に盛り込みました。

1の重は。オーソドックスなお節の内容で。

f0036481_16443494.jpg


ごまめ、紅白かまぼこ、テリーヌのチーズ巻き、かずのこ、海老の甘辛煮ゴマ味。伊達巻です。

今年はかまぼこは買ってきました。いつもはいず萬さんのすり身を買ってきてつくるのですが、時間がなくって・・・手作りでかまぼこを作ると本当に美味しいのですけれど・・・・残念でした。

お節があきやすいのは、同じだし醤油味が続くから。だから海老は最後にごま油をおだしに足して、それに漬け込むんです。海老はある程度火をきちんと通さないと、冷めた時色が悪くなります。かといって火を通しすぎると、ぱさぱさに・・・・見極めが難しい所。今年は成功しましたよ。
f0036481_1737160.jpg

テリーヌのチーズ巻きは、初挑戦。なかなか美味しかったです。

2の重は酒の肴を中心に。
f0036481_16504081.jpg


酢レンコン、生麩のたいたん、大根の奉書巻き揚げ(かに入り)、鶏の松風、鯛の味噌粕漬け焼き、ローストビーフ、銀杏

です。

松風は鶏ミンチを使いますが、半分はもう一度すり鉢ですって、半分はそのままにして、合体させます。そうすると硬くなく、またぼそぼそもせずに口当たりのとてもいい松風が出来るのです。今年は大成功でした。

大根の奉書巻きは今年始めてのお料理。大根を桂剥きして、蟹を巻いて、かんぴょうで括って・・そこまでは普通の奉書巻きなのですが、それを油でじっくりと揚げました。茶懐石の1月の定番お料理。

ローストビーフは昨年まではジップロックに入れてゆっくりと火を通す方法で作っていましたが、今年はオーブンで。矢張りその方がおいしいわぁ~~~。と思いました。来年からもこの方法で行こう!という感じ。

銀杏は水と同じく梨の木神社で拾ってきたもの。じっくりじっくり炒って、皮をむきましたよ。・・・といってもこれは几帳面な長男のお仕事。(笑)とても綺麗にむいてくれました。

3の重はお煮しめです。

f0036481_16584818.jpg


お店で買うと、お煮しめってかなり塩辛いのですが、家庭で作るときは優しい薄味で。
全ての材料は一度柔らかくなるまで火を通し、その後、おだし、みりん、お砂糖、醤油(2種類)で煮込んでいきます。煮込むときは先におだしとお砂糖とみりんだけで・・・しっかり甘みをつけてからお醤油を。
10分ほど煮たら、後は火を消してそのまま味を煮含ませます。

下ゆで後、こうやって味を含ませることで薄味なんだけど、深い、お味に仕上がりますよ。

たかが煮物、されど煮物ですね。

お重に入りきらなかったのは、大きなスクエアの1段重に。普段はおすしの入れ物にしているのですが、これも使えます!!
f0036481_1761846.jpg

スケルトンのお重に入りきらなかった黒豆や慈姑チップスなどもこちらに盛り込みました。

そして、

いもぼう
f0036481_175892.jpg


家族はあまり好きではないのですが、(高い割りにね・・・)”げん”のものは作らなくっちゃ。と残るの覚悟でいつも作ります。

これは、もう恐ろしく手間がかかって大変なのですけれど。

小鯛すし
f0036481_1791371.jpg


買った小鯛の笹づけを使いますが、今年買ってきたのはどういうわけか身がとても立派過ぎて、なかなかすし飯に上手く張り付きませんでした・・・・見栄えが悪くなってしまった。

これは、菊花かぶらを添えて。

そして、だ~~いすきな

かぶら蒸し
f0036481_17112996.jpg


聖護院かぶらを優しく優しくあぶくがたつくらいにゆっくりとおろして行きます。なるべく細かい目のおろしがねで。そこにまたまた優しく卵白といわたけ、塩を混ぜ、ひと塩した白身魚、銀杏、ゆりねにのせて中火で蒸していきます。

おだしは1番だしに葛をひいて・・・・おろしわさびは必須です。

かぶら蒸しは勿論甘みのある美味しいかぶらが必要。そして、おろし方、蒸し方・・・百合根の甘みの出し方、色んな和食の技法があいまって、できるお料理。

これ、私の大得意料理なんです。これがいただけるのは2月まで。かぶらの美味しい季節にうんと今年もいただこう!と思いました。

そうそう、以前に飲んで、夢にまで見た日本酒もまた見つけました。おせち料理の買出しに錦市場
に行った時、いつもいくお酒やさんにたまたま残っていました。

f0036481_1722527.jpg

奈良県、梅の宿酒造、斗瓶囲い。5年ほど前に飲んでもの凄く美味しく、再会を望んでいたお酒でした。

なんておいしいお酒なんだろう~~~。楽しんでゆっくりゆっくり頂きます。

おうちでお節を作ると、あまり味が濃くならず最後まで飽きずにいただけるのですが、それでもやっぱり

洋風味
が恋しくなりますね。

晩御飯は一切お醤油を使わないこんなお料理を。

f0036481_17172636.jpg

年末に買ったパエリア鍋を使ってパエリアを。

イカ墨のペンネもね。
f0036481_1718659.jpg

見た目。びみょ~~~ですね。(爆!!)

お料理は殆ど元旦で全部なくなりましたっ!

さすがの私もちょっと力を使い果たした感じ。今日はだんなYASUSHIくんのお鍋です。なにかな?いま横でつくったはりますけど・・・・


皆さま、今年ものろのろの更新ですが、どうぞ宜しくお願いします。

皆様にとってよい1年になりますように。

もう一つのお料理だけのブログ京都でフランスおばんざい(←クリックで飛びます。)もどうぞご覧下さいね。(めちゃめちゃゆっくりの更新ですけど・・・・)

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村
↑ランキングにも参加中です。クリックしていただくとランキングが上がる仕組み。ポチッ!として頂くと嬉しいです。



今日もご訪問ありがとうございます。
[PR]
by parisatsuko | 2012-01-02 15:37 | 暮らし

誕生日でした。

1月14日は 

ウン十ウン年目(←全然わからん)

の誕生日。

いくつになってもやっぱり誕生日というのは特別な日。20代の頃からしたらもう

”めっちゃオバちゃんやん!!”(爆)

という年ではあるのですが、気持ちは20代の頃と何ら変わりないような気もします。(もっといえば18歳くらいからね・・・・って。それは言いすぎ?)

いくつになっても、”自分はもう○○才だから・・・”

なんて自分を制限せずに、楽しいことを追求していきたいと思っています。

で、ずっと、ミニスカート超ぴちぴちのスキニーとバレエシューズzadig & voltaireのシャツこの3つをを着こなせる女でいたいなぁ~~と思っています。すこし体鍛えないとダメですけれど・・・

誕生日はいつも旦那YASUSHI-KUNがディナーに連れてってくれます。

今年は京都祇園の"キメラ”さんへ。

祇園で晩御飯というのは矢張り何となくとても特別な感じ。それにここは以前からずっと行きたかったレストランの一つだったものでとても楽しみでした。


f0036481_22364992.jpg


前菜
f0036481_22375590.jpg

赤貝のかぶのピュレ添え。オリーブオイルとアンチョビで煮込んだかぶをピュレにして赤貝のカルパッチョに絡めていただきます。かぶの甘さが赤貝を包み込みながら舌の上でとろけて行きそうです。クレソンがいいアクセント。お料理の付け合せにはこういうアクセント的なもので味を引き締めるととてもオシャレなお味になりますね。それにしても、器が圧巻!!

これにあわせるワインはイタリアのソービニョンブラン。サンセールを思わすような優雅な香りのソービニョンブランでした。イタリアワインでは珍しい感じのお味でした。勿論前菜にぴったり。
f0036481_095091.jpg


二品目は

f0036481_22413493.jpg

オマール海老を濃厚なアメリケーヌソースで。菜の花のソテーと一緒に頂きます。

f0036481_22433338.jpg

フォアグラのソテーに黒トリフ。その取り合わせはまさに王道ですが、チーズをふりかけてスライスしたカリフアワーがとても斬新。

パスタが2種
f0036481_22452690.jpg

手打ちパスタはトマトソースで。トマトソースに九条ネギが利かせてあります。九条ネギかぁ~~~。
トマトの味とちょっとけんかしてしまう感じがしたのですが、パスタの上に乗っかっている牡蠣と共に頂くと不思議と3品が絡み合うのですね。こんな取り合わせの仕方もあるんだなぁ~~~と思ってしまいました。

f0036481_22494611.jpg

フンギポルチーニとジロルだけのタリアッテレ。頂く前にからすみをふりかけて・・・・
濃厚な白ワインが絶対にほしい!!というおあじ。キノコにクリーム系のソース。大好きな取り合わせ。

メインは
f0036481_22515992.jpg

かるがものソテー。

フランスのマグレ・ド・カナールも柔らかくって好きですが、これはもっと噛み応えのある野趣のあるお味でした。

ワインはモンテプルチアーノ。イタリアンを食べに行って迷ったらいつもこれを頼みます。柔らかくってまろやかで大好き。お値段も可愛い目のものが多いですしね。

f0036481_22533891.jpg


デザートは
マロングラッセのパイ包み、蜂蜜のジェラートお濃茶のスプマンテ添え。
f0036481_2255025.jpg


旦那さんが予約の時に誕生日ディナーです。と伝えてくれてたらしく、こんなサプライズをして下さいました。
勿論お味もとても美味しかったです。

全部とても美味しかったのですけれど、ただね。ワインが出てくるタイミングがおそすぎて・・・・
ワインを頼んでから先にお料理が出てきて、お料理が冷めた頃にしかワインをサーブしてくれない。というのはちょっとだめでしょ。ちゃんとソムリエさんもいらっしゃるのにね。

こういうとてもシックなお店のテーブルで、周りにもお客さんがいらっしゃるときにギャルソンに注文つけるのもあまり美しいものではないとおもうし、だからこそちゃんとそのタイミングは完璧に計ってほしいと思いました。
お料理が素晴らしかっただけにその点がかなり残念だったかな?

と、まぁ。そんなことも話しながら家に着くと、

子供達からのプレゼントがありました。

長男からは今はやりのシリコンスチーマーを。
f0036481_2361550.jpg


いつもがんばってお料理してくれてるけど、たまにはレンジでチンで作ったら?これも充分美味しいよ。
という長男のメッセージ入りね。

f0036481_2363820.jpg

いくつになってもピンクのラッピングはうれしいよ。

ありがとう。

明日からこれフル活用させてもらうよ。

長男は小さな頃から毎年欠かさず誕生日にはプレゼントをくれています。いちばん始めにくれたのは忘れもしません3歳の頃。

ドイツで幼稚園に行っていた頃。お迎えを待ってベンチに座っていた彼。その日に限ってお迎えに遅れてしまった私をベンチで一人でぽつんと残って担任のベアーテ先生と待っていた彼は私を見つけるなり、幼稚園の園庭で摘んだ小さな花を涙をいっぱいためながら私にくれました。

・・・もう14年も前のことです・・・・・

あのお花どうしたっけな?ずっと押し花にしていたのだけど・・・

次男からは

ミッキーの小銭いれ。

f0036481_2375311.jpg


ゲーセンでUFOキャッチャーでとってきたそうな。努力の賜物ですね。(笑)

彼もおにいちゃんに習って、いつもいつも手紙か絵をくれています。全部大切にしまってある私の宝物。

誕生日はやっぱりとても幸せな1年に1回の日。それとともに周りにあらためて感謝の念を抱く日。


*2010年6月末より お料理教室開講しました。 詳しくはプレお料理教室(←クリックで飛びます。)をごらんくださいませ。

もう一つのお料理だけのブログ京都でフランスおばんざい(←クリックで飛びます。)もどうぞご覧下さいね。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村
↑ランキングにも参加中です。クリックしていただくとランキングが上がる仕組み。ポチッ!として頂くと嬉しい亥です。いつもありがとうございます。
[PR]
by parisatsuko | 2011-01-18 22:18 | 暮らし

京都リビング新聞にのせていただきました。

本日(9月10日)の京都リビング新聞に

”京都の輝いている女性”

ということで、記事に載せていただきました。

京都リビング新聞は、京都市、その近郊の家庭、オフィスに1週間に1度ポスティングされるリビング情報誌。
京都の”いま”、”旬”、”お役立ち情報”満載の


”京都人やったら読まなあきまへんえ~~~”

という情報新聞です。

京都リビング新聞(←こちらからクリックで記事に飛びます~~)

はずかし・・うれし・・はずかし・・うれし・・・

という感じです。

自分で言うのもなんですが・・・写真、とても綺麗に撮っていただいていて、宝物にしよう!!と思っています。

”女性を撮るならこの人!!”というカメラマンを連れて行きますからね・・・”

と編集のSさんが仰ったように、5割増しにはなっています。(笑笑)

”新聞見たよ!!”

これからもがんばってね~~~

とたくさんの方からメールや電話を頂きました。

とっても嬉しい1日でした。ありがとう~~~~

まだまだ手探りですが、たくさんの人と知り合って、すこしづつ前に進んでいきたいと思っています。

これからもどうぞ宜しくおねがいしますね~~。

f0036481_2218292.jpg


*2010年6月末より お料理教室開講しました。 詳しくはプレお料理教室(←クリックで飛びます。)をごらんくださいませ。

もう一つのお料理だけのブログ京都でフランスおばんざい(←クリックで飛びます。)もどうぞご覧下さいね。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村
↑ランキングにも参加中です。クリックしていただくとランキングが上がる仕組み。ポチッ!として頂くと嬉しい亥です。いつもありがとうございます。
[PR]
by parisatsuko | 2010-09-10 21:55 | 暮らし


パリ生活10年にピリオド。京都で絵の教室と、お料理の活動をやっています。


by parisatsuko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
京都のこと
お料理
地図のないパリ散歩
私の作品 など
美味しいパリ
フランスで見つけたもの
暮らし
旅行記
お料理教室
日記・・・のようなもの
バトン
京都
ギャラリー Mon prefere
未分類

以前の記事

2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 05月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月

お気に入りブログ

フランス存在日記
パリときどきバブー  f...
*petit a pet...
パリでリラックス
My funny Val...
JOURNAL Le C...
ドイツでTea Time
だらっとブログ
まめころりやおき
Hillside Kit...
代官山だより♪
La Vita Tosc...
Sapin mon to...
mimi,jean,pe...
En fin de jour
色彩の力 杉並幸せ探しの...
エキサイトブログヘルプ
pour toujours
沖縄のお菓子教室、和食教...
パリ日記♪  着物でパリ
Chéris-1et3-話
エリオットゆかりの美味し...
着物でパリ
Ça m'est res...
ようこそ!
Kanaboの気まぐれM...
paris-atsuko...
パリでドルチェ・ビータ
京都でフランスおばんざい

ライフログ


DREAM PRICE 1000 南佳孝 モンロー・ウォーク


Modern Belly Dance from Egypt


ベスト・アンコール


KIHACHI四季のレシピ集 (4) 冬

検索

タグ

(49)
(30)
(15)
(14)
(12)
(9)
(8)
(5)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理・レシピ
レストラン・飲食店

画像一覧