最北の地へ・・・

引越しの荷造り準備を一段落させ、週末を利用して、ヨーロッパ生活最後の旅行に出かけてきました。

ヨーロッパ最北の地へ・・・行き先は

アイスランド

この寒い時期になんで、またそんな寒いところ??とはごもっっとも。でも、どうしてもいきたかった地ではあります。

アイスランドといえば オーロラ、ブルーラグーン、ゴールデンサークル。とにかくこの3つは押さえておかなくっちゃ!!
ということで3泊4日で、出かけました。駆け足でアップします。

アイスランドはパリから直行便が出てまして、乗れば3時間で着きます。

着いた翌日から観光開始~~~っ。

先ずはブルーラグーンです。
f0036481_7421152.jpg

首都レイキャビクからここ行きのバスがたくさん出ていて、それに乗ること50分。ブルーに輝く

"温泉”

に到着。マイナス2度の空気の中、温泉のお湯で水面はけむりが立ち込めています。

f0036481_7394615.jpg

"温泉”、ヨーロッパ滞在中にも何度かこの日本人心をときめかす場所に出かけたりしたのですが・・・大概は

ぬる~~~い。

お湯。でも、ここは勿論ぬるい所もありますが、43度くらいの熱いお湯にもちゃんと浸かれます。

だって、この温泉、

”みずうみ??”

と思う位広くって・・・・すご~~く熱いお湯の所もあれば、生ぬるい所もあり、好きなお湯の温度のところでのんびりできるのです。つまり温泉好きの日本人にもちゃんと満足できる温泉なのでした。

ヨーロッパの人にしてみれば、43度のお湯なんて熱湯風呂じゃないのぉ~~~

と思うらしく、大概すいている所は熱いお湯の場所。だから静かにゆったりとお湯につかれるのです。
f0036481_7403678.jpg

↑こんな広い温泉を独り占め気分です。

半分海水、半分真水のこの温泉。仰向けになるとぷかぷか浮かびます。
f0036481_7413914.jpg

足元には白い"クレイ(泥)”が沈殿していて、それをすくって顔に塗るとお顔はすべすべ。

畔には、本格的なミストサウナもあり、超高温サウナもあり・・

”あつ~~あつ~~~”

とサウナから飛び出ると外はマイナス2度。そして、また温泉に飛び込みます。
f0036481_74385.jpg


そんな感じで約5時間、じっくり温泉に浸かりながら、の~~んびりの~~んびりしました。
温泉内にはレストランやかんたんなバーもありますから、

食っちゃ~~お風呂、食っちゃ~~お風呂

なんてこともしながらね。

ラテンの国とは違い、こういう公共施設がとても清潔なのも北欧のいい所。ロッカールームも常にお掃除されていて、とっても清潔なのも凄くいいのですね。

マイナス2度の中、でも体は心からホカホカ、おはだすべすべになって、帰りのバス待ちも全然寒くない。本当に気持ちよかったぁ~~。

3日目は、ゴールデンサークルを回りました。

首都のレイキャビクを少し出ると、もう、そこにはすぐに大きな大きな大自然が待ち構えています。

氷河が大地を多い、活火山が顔を覗かせ・・


そして、アイスランドは、ユーラシアプレートと北アメリカプレートがここより始まり、東西に分離している場所でもあります。その為毎年2センチづつ国の幅が広くなっているらしく・・・

そして、この二つのプレートが再度出会うのは、なんと

日本

なのですって。なんだかとても感慨深いものがありました。

そんな"生きている地球”体感できるのがこのゴールデンサークルと呼ばれる場所なのです。

ギャゥと呼ばれる大地の裂け目が行く筋もはしり、その裂け目には黒い岩盤がそびえたち、その間を、氷河から流れ出した水がうねりを上げながら流れる・・・・
f0036481_751951.jpg


f0036481_753656.jpg

地球の上に立っているんだ。

そんな感を呼び起こす場所。

そして、そんな感をさらに強めるのが”ゲイシール”(間欠泉)大地に開いた2メートルくらいの穴から、徐々に温水が盛り上がり、空をめがけて、吹き上がる。まるで地球の呼吸を見ているようでした。
f0036481_7552563.jpg


f0036481_7561569.jpg

↑間欠泉が噴出すタイミングはとても不定期。シャッターチャンスを逃しましたので、ポスターで失礼しま~~す。

街に生活していると、地球の生きている姿など、まったく、意識の中にはないのですが、ここに来ると強烈に活動している地球、生きている地球を感じ、心の底からなにか湧き上がるものを感じます。

ヨーロッパ滞在中、様々な旅行をして来ましたが、ここはそのどの旅でも感ずることのなかった、ダイナミックな感動を覚えました。

マイナス2度の中の"地球に触れる旅。こんなマスクがないと顔も動かなくなるくらい凍ります。
f0036481_803697.jpg

・・・冷静に見ると、ちょっとこわい・・

あ?オーロラはどうした??って??そうそう、それなんですけどね、あまり雨に見舞われない我が家なのですけれど、今回ばかりはちょいと天気も悪く、滞在中は、オーロラツアー全てツアーキャンセルでした。旅行社のお姉さんに言わせると・・・冬が勿論ベストシーズンなのですが、オーロラはよほど晴れた、凍りそうな寒い日でないと見れないらしいのです。私の周りのお友達で実際にアイスランドでオーロラをみた!という人は皆無です。

こんなオーロラ↓この目で見てみたいなぁ~~
f0036481_82485.jpg


どなたかアイスランドでオーロラをみた!!という方がいらっしゃいましたら是非是非、感想をおきかせくださいませませ。


最後にやっぱり、美味しいものはいただいてきましたどす。ということでアイスランドのお料理アップ。

正直な所、食事はあまり期待してはいなかったのです。1日目に行ったレストランも北欧の例にもれずかなりしょっぱかったし・・・

これではいかん!!とホテルのおばさんのお話や、お店から漂うオーラなどを(←これをかぎ分けるの私けっこう得意なんです)総合して、

”ここ”というレストランをみつけました。あ!結構有名なレストランらしいのですけどね。

レイキャビクのダウンタウンにある、外見もとても可愛い、レストラン。


アイスランドは日本と同じ島国ですから、

やっぱり、魚かな??

f0036481_8261513.jpg
ということで、シーフードが飛び切り美味しいというレストランです。

次男takumiくん。12歳ももう一丁前に"前菜"、"主菜”、"デザート”のコース。軽くいけるようになりましたので、3人とも違うコースを頼みました。

前菜

ラングスティーヌ(手長エビ)のクリームスープ。
f0036481_892323.jpg

ラングスティーヌは私の一番好きなエビ。そのエビのクリーミーなほどの濃厚な香りにノックアウトされました。

魚介類のサラダ。
f0036481_810240.jpg

ムール貝がトロけそうでした。

”通ごのみ”の前菜プレート。
f0036481_8103444.jpg

馬の肉のタルタル。サメの頬肉のテリーヌ。ラングスティーヌのスープ。これもワインのためのお料理ってかんじです。

メインは

ラングスティーヌの取り合わせ。
f0036481_811649.jpg

ラングスティーヌのバターガーリックソテー、クリームパイ仕立て、てんぷら仕立て。これでもか!というくらいのラングスティーヌのオンパレード。お店のお兄さんに合わせてもらった、すっきりしたsauvignon blanc
といただくと、ワインも、エビもいくらでもいけそうです。まさに

ボン・マリアージュ

ミンク鯨の赤ワインソース。
f0036481_8114549.jpg

私は鯨は苦手なのですけれど・・・(小学校の頃、給食で”くじらカツ”が出る日には学校をどうやってサボろうかと真剣に考えてました。)だんなYASUSHIくんは大好物。此の頃日本ではあまり食べれないので、ここぞとばかりに注文し、懐かしさと美味しさで涙ぐんでいました・・・(??)たしかに珍しい食材ですよね。いまとなっては・・・・

ハドック(タラ系の白身魚)のラングスティーヌソース。
f0036481_8123692.jpg

本当は甲殻類苦手な次男ですが、感動しながら完食。そうとう美味しかったらしく。寝言で

”えび・・

と言ってました。(笑)

デザートもとても綺麗でしょ。
f0036481_8131332.jpg


f0036481_8134050.jpg


f0036481_81449.jpg


アイスランドのお水は全て地下からくみ出した"ミネラルウォーター”。水道水をひねるとつめた~~いミネラルウォーターが出てくるのです。だからここのビールはとても美味しい。特にこの

"バイキングビール”
f0036481_8173486.jpg

喉越しすっきり。後味くっきり。美味しいです。

あ!因みに、お湯の栓をひねると、少し硫黄の混じった温泉のお湯が出てきます。そんなところも日本人には嬉しい旅行先ですよね。

北欧は何でも物価が高い!というイメージがあるのですが、アイスランドはまぁパリと同じか、少しやすいくらいかな??と思いました。食事もお店を選ぶと、とても珍しくって、美味しいものがたくさんいただけますよ。

アイスランドといえばバイキングの国。そんなバイキング達が食していた豪快なお料理のお店なんかもたくさんあります。食も楽しい国でした。

自分の覚書にしておきたくってなんだか駆け足の旅行記でした・・・


f0036481_8274186.jpg

↑、アイスランド伝説の森に住む妖精。悪さをする子供を追いかけてくるらしい。
・・・妖精??・・子供の頃私が御用達していた、”駄菓子屋 たむら”の爺さんにソックリなんですけど・・・
そういえばたむら爺さんもよく子供をおこってたなぁ~~。なんてどうでもいいことをまたぼ~~と思い出したりしてました。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
↑今日は旅行ブログでランキング参加中。応援クリックよろしくおねがいしま~す。
[PR]
by parisatsuko | 2010-03-09 07:35 | 旅行記


パリ生活10年にピリオド。京都で絵の教室と、お料理の活動をやっています。


by parisatsuko

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
京都のこと
お料理
地図のないパリ散歩
私の作品 など
美味しいパリ
フランスで見つけたもの
暮らし
旅行記
お料理教室
日記・・・のようなもの
バトン
京都
ギャラリー Mon prefere
未分類

以前の記事

2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 05月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月

お気に入りブログ

フランス存在日記
パリときどきバブー  f...
*petit a pet...
パリでリラックス
My funny Val...
JOURNAL Le C...
ドイツでTea Time
だらっとブログ
まめころりやおき
Hillside Kit...
代官山だより♪
La Vita Tosc...
Sapin mon to...
mimi,jean,pe...
En fin de jour
色彩の力 杉並幸せ探しの...
エキサイトブログヘルプ
pour toujours
沖縄のお菓子教室、和食教...
パリ日記♪  着物でパリ
Chéris-1et3-話
エリオットゆかりの美味し...
着物でパリ
Ça m'est res...
ようこそ!
Kanaboの気まぐれM...
paris-atsuko...
パリでドルチェ・ビータ
京都でフランスおばんざい

ライフログ


DREAM PRICE 1000 南佳孝 モンロー・ウォーク


Modern Belly Dance from Egypt


ベスト・アンコール


KIHACHI四季のレシピ集 (4) 冬

検索

タグ

(49)
(30)
(15)
(14)
(12)
(9)
(8)
(5)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理・レシピ
レストラン・飲食店

画像一覧